読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ブルックリン(2015年、アイルランド・イギリス・カナダ)

映画の感想文

ブルックリン 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

「ぬ、ぬぅ…(|| ゜Д゜)」(←映画を観た感想)

なぜラオウ風のコメントを発しているかというと、一筋縄ではいかない主人公でなかなか興味深かったからです!笑 「カワイイ顔してなかなかやるわね!」という感じでして(何)いや、面白かったです。

1950年代のアメリカを描いた映像も美しく、女性のファッションも良かったですね。ちょうど「キャロル」と同じ頃で、似た雰囲気があるのですが、「キャロル」よりも年齢が若くて凝った衣装が色々と見られます。

以下ネタバレとバリバリの主観なので観る予定の方は読まない方がいいかも。

 

***

 

主人公はシアーシャ・ローナン、「つぐない」「ラブリー・ボーン」の驚くべき子役であり「ブダペスト・ホテル」でも感じの良い少女を演じていました。一言でいうと「むちゃくちゃ良い子っぽい」という感じ。いま20歳くらいだと思うのですが、年齢より幼く見えます。


「ブルックリン」ではアイルランドの片田舎に住む素朴な少女を演じていて、閉鎖的な町でいじわるな職場の上司、病気で気難しい母、美しくて優しい姉、自分よりモテる友人(笑)などに囲まれて住んでいます。この時はあか抜けない雰囲気で、いつも「2番目以降の子」。町で人気のあるラグビーチームの男の子たちに見向きもされないという設定です。単身ニューヨークに移住することになってから、ぐいぐいっと話が動き出すんですね~。

 

ニューヨーク・ブルックリンには厳しいけど優しい下宿の寮母さん、個性的な下宿人の女の子たち(ファッションがかわいい!)などがいて、その女の世界も面白かったですね。

下宿人たちや会社の先輩には「地味な子が来たわね」という扱いですが、シアーシャちゃんはまじめで優秀なので年上に好かれます。神父さんの計らいで大学に行けることになり、寮母に好かれて一人部屋ももらえて、「アイルランドの女の子が好き」というイケメンイタリア人彼氏もできて…という感じで驚くほど人生がうまくいってしまうシアーシャちゃん。周りに愛され高速であか抜けて行きます。

こんな感じで周りに持ち上げられても「さもありなん」としか思えないのが、まさにシアーシャ・ローナンだと思いました。まさにラブリーにボーンなんですよね(*´∀`)(それはボーン違い)

 

ただ、「アレ?」と思ったシーンもあって。変わり者の新人女子が寮に入ってきて、女の子たちはそのお世話を押し付け合うんですが、シアーシャちゃんはいい子なので当然引き受けます。ですが、外出先でまだ恋人になっていない時のイタリア人彼に出会い、新人を「あの子サイアクなの( ・ε・)」と言ってさりげなくまきます。けっこうスゴイことするな!と思ったのが一つと、「このシアーシャちゃんは意外とちゃっかり者?」と思ったのがもう一つ。そこから流されるように結婚→姉の死→浮気(?)→母を置いて帰国 となるので、個人的には「まあ、実はちゃっかり者だからね(;´∀`)」と納得の流れなのでした。笑

 

すっかり「あか抜けた女性」に変身した後の帰国は気持ち良かっただろうし、以前より魅力的な自分の居場所があると感じた経緯も分からなくはない。ラグビーチームの一員でお金持ち、両親は今から引っ越すというむちゃくちゃ都合のいい新恋人の設定にはちょっと笑えました。それを演じているのがドーナル・グリーソンというのも頷け過ぎる!このいい人そうだけど退屈で残念な役は彼しかいないだろうと(そこ失礼)。

置いて行った母についてはいくらなんでもヒドイなと思いました。狭い町なので、町のお金持ちに嘘をついてさっさと出国した娘の母なんて、ものすごく肩身が狭くなりそうです。なんとか次女をおびき寄せようとする孤独で老いた母、あまりにリアルでしんどい設定。原作未読ですが、NYに呼び寄せるか何かフォローがあるんだろうなと思います。

 

そこからまた新天地に向かうシアーシャちゃんの、冒頭船シーンの再現などは痛快でした。

移民の街での新しい暮らしは苦難の選択だろうと思いますが、20歳で、優秀で、活き活きとした彼女にはぴったりの非常に爽やかなラストでしたね。ホームレスの配膳ボランティアで出会ったような、祖国ともアメリカとも断絶された移民の暮らしではなく、力強く自分たちの居場所をつくっていく未來が見えました。ロングアイランドに新居なんて、その後の不動産価値の上昇を見ると完全に「勝ち」の選択ですしねヽ(・∀・)ノ(ゲス顔)

 


素敵な映画なのにここまでゲスい話に見てしまう自分にガッカリです 笑

この世界の片隅に(2016年、日本)

映画の感想文

「この世界の片隅に」公式アートブック

思い出しながらまた泣く…

戦争に向かう日本の中で、当たり前の日常を送ろうとしていた主婦の話。「どうやら傑作らしい」という前評判だけ聞いて、他に何も耳に入れずに見ました。結果、めちゃくちゃ良かった。娘が小学校高学年くらいになったら、一緒に見ようと思いました。興味ある方は、先入観なしで行った方が良いと思います。まあ、日本の第2次世界大戦の話だし、ネタバレも何もないんですが、それでも。

 

色々と「初めての経験」がありまして、、

  • エンドロールでほとんど誰も立ち上がらない。明るくなるまで動きなし(会場は8割入りくらい)
  • 会場のあちこちでけっこうな泣き声(まあこれは他の作品でもあるけど、両隣が盛大にすすり泣いていたのは初めてだった)。
  • 油断すると映画のことを思い出してまた泣く。どんだけー!

とにかく泣き映画でした。泣きすぎて頭痛くなった。


「戦争+庶民の生活=泣き映画」と言えば、「火垂るの墓」。ですが、本作は戦争と直接関係ない要素の描きこみ、世界観が豊かで、ファンが多いのも頷けました。単純に、主人公と彼女を取り巻く世界を愛してしまいます。

最初は要素が多く、テンポが速く、異物感が強くて「なんだこの映画?」と思っていたのですが、どんどん物語との距離感がゼロに近づいて行きました。平凡な主婦のリアルな恋の話、登場人物の良い面ばかり映すところ、悲惨な状況を笑って過ごそうとすること、それから主人公の「かいぶつたちのすむところ」のような脳内ファンタジー世界、など…夢とヒリヒリするリアルが混ざり合って、心にスルスル入ってくるんですよね。そこからの、8月6日、8月15日への容赦ない突入。やめてー!もう、やめたげてー!って、会場の誰もが思っていたと思います(T△T)


個人的に、一番印象に残ったシーン――いや、一番って言うと他にもいっぱいあるから、一番印象に残ったシーンの一つ――は、B29が来て爆撃が始まるとき、すずが爆撃を様々な色合いの花火のように想像して、「ここに絵筆があったら」とつぶやくところ。私事ですが、うちの家は有名な花火大会の打ち上げ地点のすぐ近くなんです。だから花火が打ちあがるとき、家の中でも胃腸に響くほどの音がするんですが、それを近所のおばあさんが「空襲みたいねえ」と言っているのを聞いたことがあって。それ以来なんとなく「空襲=花火」というイメージのオーバーラップがありました。もう一つは、「キングスマン」の悪名高い脳みそポポポポーンのシーン。「世界の片隅」とちょうど似たような色鮮やかな爆発で表現されていています。

B29による空襲というと、その先の惨劇は予想されているわけで、戦争映画だと始めから悲劇として描かれることが多い。でもこの映画だとまずは主人公のドリーミーな世界に取り込まれているところが、案外実際の庶民の感覚に近いのではと思いました。

片淵監督のインタビューで、実際の当事者の感想に「B29は綺麗だった」ということが多かったのでそういう描き方をしたとあり、こういうのは緻密な調査がないと分かりえないことだなあ、と。

 

他にも忘れないであろうシーンがたくさんあり、何度も見てみたい映画でした。

 

余談ですが、要素の多さ、テンポの速さ、それを裏打ちする徹底的な考証・リアリティというのは、最近の大ヒット映画の特徴なのかなーと思いました。マッド・マックス=フューリーロードとか、シンゴジラとか。今は日常的に動画を撮ったり、見たりする世代であるし、海外ドラマのテンポの良さ、視聴者の理解力にゆだねて説明せずに展開することに慣れているだろうし。「世界の片隅」でも、説明しない意味深なシーンがいくつもあって、その理由を調べていくともっとハマれそうです。

ビッグ・アイズ(2014年、アメリカ)

映画の感想文

ビッグ・アイズ [DVD]

 

実在した画家とその夫の伝記映画。興味あるな~と漠然と思っていたら、アマゾンのプライムビデオに入っていたので喜んで見ました。プライムビデオでは、最近また良い映画が増えてますね~!新しい方の「スティーブ・ジョブス」もいいし、「サイレント・ヒル」もナイス悪夢という感じの映画でしたね。「私の男」は後味最悪ですが二階堂ふみちゃんの色んな面が見られて良かったし、ゾンビ好きとしては「ワールドウォーZ」もクセになったなー。走り、とびかかるゾンビ!アリのように積み上がり壁を超えるゾンビ!フーフー!余談でした。

「ビッグ・アイズ」の方は、ティム・バートンぽさみたいなものがほとんどない、王道な伝記モノ映画でした。話としては面白かったんだけど、基本的にマーガレットの方を正とした描き方になっていたので微妙に腑に落ちない感じでした。だって、夫なしのマーガレットはあんな財産を築けたのか、夫はあんなにひどかったのか、実際分かんないから。(アトリエの鍵穴からマッチを落としていく話がシャイニングみたいでめちゃくちゃ怖かったけど、本当のエピソードなんだろうか…。)マーガレットの離反を決定的にした、「夫の絵は別の人が描いていた」というエピソードも、長年気づかなかったのがちょっと信じられない。多くの人をつかんだ「ストーリー」と、それを最も効果的に広げる「タイミング」は夫の方が作り上げていたんだろうし。今はマーガレットのみご存命で、夫の方は身を持ち崩して無一文で亡くなったそう。なんだかな…。

漫画家や作家と編集者、アーティストと画商、歌手とプロデューサー・マネージャーなど似たような関係性の人たちはたくさんいると思います。伝記映画は結局当人たちの話からしか実際に起こっていたことを想像できないので公平に描くのは難しいと思うのですが、そもそもこのテーマ自体が複雑な関係を取りあげざるを得ないんでしょうね。だからこそ、「どっちとも取れる」という余地をもう少し残してほしかったな、というのが勝手な所感でございました。

子供にセルフ「スピードラーニング」やってみるかなー

子どものお世話

 

身の回りでは子供に英語を習わせてる人が多く、子供たちの中には英語をちょこちょこ喋る子が出てきた。3歳くらいだと言葉が話せる子がほとんどになってくるので、0歳から英語を教えていると、ちょうど今くらいに発語が増えてくるんだと思う。

 

我が家でも0歳から英語の読み聞かせと英語の流し聞きをしてきたけど、教室には通わせていない。いくつかの色や動物の名前は覚えたものの、日常で発語はない。これが自宅学習の限界か…と思っていると、最近おもむろに”This is a pen!”と言い始めた。――カンの良い方はもうお分かりと思うが、これは某PPAPの影響であって英語学習の効果ではない。喜んだのもつかの間、YouTubeを見せられて脱力。3年間の読み聞かせは、芸人さんの軽快なダンスに負けた。

 

とはいえ、これはこれで学ぶところがあった。英語を淡々と聞かせるのではなく、動き+現物という組み合わせが単語を定着させるのに役立ちそうだ。ということは、生活の中で動作と現物がある状態で英語を聞かせるのが一番良いだろう。

同時に、最近某スピードラーニングの長尺CMを見る機会があり、「短い英語+日本語」の効果が高いと言っていた。これは正直、毎日読み聞かせの時にやっているテクニックなので気づきはなかったんだけど、単純に先ほどの「動き+現物」と組み合わせて、「+日本語+英語」をやればよかろうということ。具体的には、「靴選んで~。Pick your shoes.」などになりそうだ。

 

本来的には、英語のみ環境で「動き+現物」を繰り返しやればいいだけなんだろうけど、既に日本語ができている状況なら日本語で説明した方が早道だと思う。

しばらくやってみま~す。

ファインディング・ドリー(2016年、アメリカ)

映画の感想文

ファインディング・ドリー (吹替版)

 

ようやくDVDで見ましたー。

普段プロジェクターでクレ○ん映画ばかり見ている娘ですが、たまーにピクサーものを見せると、絵が美しいからか「お~~いーねぇ」とまじまじ見ています。話の内容もシンプルだし怖い映像も少な目だったので、ちびっ子には最適かと思います。(ちなみにうちの娘はアンパンマンのホラーマンも怖がるレベル。)

ボーナス映像の「ひな鳥の冒険」がまた最高でして、、、。リアルさのある可愛さの表現がスゴイ!アニメというより、本物のドキュメンタリーのようでした。しかもひな鳥なんて絶対可愛いので、それをCGで好き放題動かして…って絶対萌えるヤツやん。子猫のCGアニメとかあったら鑑賞者全員萌え死にすること間違いなしでしょうね。

 

さて本編の方ですが、ドリーの人生が可哀そう過ぎて衝撃的でしたね…。前回の3倍増しくらい派手なアクションシーンや、万能でいいやつのタコキャラの活躍などが目立つんですけれど、ドリーの話が重すぎるのでこれくらいがいいバランスなのかもとすら思いました。ニモを見ていた時は、なんとなく魚だし記憶力悪いくらいの設定なのかな?と思ったのですが、徐々に「ずっと水槽に住んでいたので病んでしまった魚たち」とか出てくるじゃないですか。そこはやはりピクサーもので、ドリーの記憶障害も、人間の心の闇とか、生きづらさを描く上で必要な設定だったんですねー。

ファインディング・ドリーではドリーの両親が出てくるのですが、彼らは記憶障害が無いわけです。小さい頃のドリーと両親のシーンを見ると、明らかに「障害児をなんとか育てようとしている両親の姿」なんかが描かれていたりして、あ、こんなに重いテーマだったんだ!と驚きました。

「色々やったけどダメだった」という時のシーン、ただの絶望じゃなくて、記憶、自分に構ってくれる人たち、自分を構成するものが、自分の手のひらからバラバラと落ちていくようなとんでもない真っ黒な絶望が描かれていました。そこからの巻き返し、貝殻のシークエンス、こんなん絶対泣くやろー。改めて、「ドリーってあの真っ黒な中を彷徨ってきた人生だったんだ」と思うと胸が苦しくなりましたね…。それだけに、最後の深淵を覗き込んで「もうだいじょうぶ」と言っているドリーに、ただのハッピーエンドではない受け取り方をしてしまったのでした。

 

もう一つ印象的だったのが、制作陣は水族館を否定しているんだろうなというなんとなくのメッセージ。生き物を素手で触れるコーナーとか、生き物側から見たら怖いのは分かるんだけど。また、水族館に戻りたがるタコを再三止めるドリーの姿など。自分としては、「その生き方もいいんじゃないの?」と思ったのですが。まあでも、「子供が生き物を触るコーナーで少し優しくなる」くらいの効果があるならいいのかも。

 

再会後の、ニモ達を取り戻すためのド派手なアクションシーンは自分的には蛇足だったかな~。涙が引っ込みました。笑

 

「アーロと少年」はイマイチ合わなくて、「ファインディング・ドリー」はなんとなく劇場公開をスルーしてしまいましたが、これは感動して映画館で立ち直れないくらい泣くパターンのやつでしたね。みときゃよかった~~~~!次のピクサーは劇場で観よう。

ヒートテックの2.25倍温かい?ウルトラウォーム(超極暖)ヒートテック登場

何でもないこと 家のものを買う

 

PRTIMESを見ていたら「ユニクロ史上最も暖かいヒートテック登場」という気になるニュースがあったので。

 

私は数年前ヒートテックを愛用していたのですが、類似商品や廉価品、高機能商品が他社から出ていて一時期遠ざかっていました。個人的には襟ぐり、背中がつまりすぎるのがネックでした。あと、それほど暖かくないというのも…。普通の長袖下着の範囲を出ないイメージ。

今年はたまたま「極暖ヒートテック」なる商品をセールで買ってみて、その肌触りの良さと暖かさに改めてユニクロのヒートテックを見直しました。これを着てると本当に温かい!しかも生地が厚いので、いらないところを切っちゃっても大丈夫でした(今のところ)。これ、去年の商品だったんですね。

今年はコレでいくかと思っていたところの、「超極暖」登場。「超・極暖」て!ウルトラスーパーエキストリーム的な日本語崩壊感がタマラン。頼もしすぎる。

 

記事によると極暖の1.5倍暖かいらしく、通常のヒートテックの1.5倍が極暖なら、超極暖は1.5×1.5=2.25倍??うーん、あんまりピンとこない…。着てみないと分かりませんね。でも極暖より暖かいなら、期待大です。

利用者イメージに「氷点下に近い場所で長時間作業する人など」と書いてありますが、寒がりなんで普通の外出に着たいと思います。そこまで行くならもっと高機能の山登り用の下着でも買えば良さそうですが、ヒートテックって安いんですよね。この「超極暖」も、1990円らしいのです。安。

19日発売だそうです。楽しみ! 

prtimes.jp

30代のライフステージとか未婚率とか

仕事 何でもないこと 考え事

 

先日、入社以来連絡を取り合っている同期グループの子に子供が生まれた。男女交えた30代前後8人グループで、既婚者は4人、うち全員1~3歳の子供がいることになる。

この年になるとライフステージがはっきり別れてくる。大学に戻った子もいれば、専業主婦になった子もいる。既婚の4人は最初に会ったときからなんとなく雰囲気が似ていたのは、たまたまなんだろうか。未婚の4人は、独特の夢があったり、恋多き人だったり、なんとなく謎めいていたり。20代の入社当時はただの個性や性格だったものが、30代になると生き方そのものになっている。

子供いる/いない、結婚している/していないが生き方そのものというのも乱暴な話だが、実際に24時間の使い方が全然違うだろうし、話題がガラッと変わってくる。「最近昔の友達と話が合わないと感じることが多くなってきた」と夫とよく話す。だから会わないというわけでもなく、今はそういう時なんだと思って細く長く関係を続けている。30代はライフステージの変化で生活が大きく変わりがちだ。子どもが巣立ったり、仕事をやめたりすればまた変わるかもしれない。

これからも、家を買う/買わない、転職する/しない、子供を受験させる/させない など、何度か転機が訪れるだろうけれど、結婚と子供ほどのインパクトが無いように思う。

 

なんとなく興味を持って、2015年の国勢調査から同年代の未婚率・子供有無を調べてみた。

アラサー世代の男性未婚率は46.5%。冒頭のグループではちょうど半数が既婚者なので、大体合っている。女性はと言うと、33.7%。グループの女性は半数よりちょっと多いくらいが結婚しているので、これまた合っている。感覚的には、男女含めて昔からの友達の半分くらいは話が合わなくなる時期だということになるだろうか。

 

ちなみに、アラサーの未婚率は2000年から比較して徐々に上がっているそうだ*1。そういえば、2015年の国勢調査で女性の労働力率が初めて8割を越したこともニュースになっていた。巷で言われている通り、雇用環境の変化や女性の社会進出が影響しているんだろう。

結婚している子の結婚した理由はだいたい同じような漠然としたものなのに対して、結婚していない子のしない理由はたくさんあって具体的だ。今は結婚する理由より、しない理由を見つける方がよほど簡単だと思う。女性側も仕事に忙しく、都心暮らしを楽しんでいたらなおさらだろう。

女性の晩婚というと、「子供を持つ期限」という話になる。だが、子供がいない時から子供のことを想定して動ける女性が多いとは思えない。「来月の営業成績」など、確定的な未来のことは想定しやすいが、できるか分からない子供のことなんてピンとこないと思う。

 

なんとなくみんな結婚していた時代と、未来を自分で想定しながら自律的に動くことが期待される時代。生きるのに力がいるのは、今の方だとわたしは思う。どうですかね?