読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

仕事大好きだった私が定時に帰れるようになった理由

Aてぃが生まれる前までは、仕事でほとんど毎日21時帰り、

徹夜作業も多かった私ですが

 

なんと今やほとんど定時帰り。

なぜか?

 

そもそも、今の上司(まもなく離れます)が、「早く帰れよ!」と言ってくれる方だというのが一番の理由だとは思います。

仕事量全体もだいぶ押さえて頂いてます。

 

ただ、ワーママ前よりも仕事をさっさと終わらせるようになったのも事実で、

具体的に変わった行動も、数え上げると意外とたくさんありました。

 

【ワーママ前】

・午前中はスケジュール確認、ニュース閲覧、電話など決まった使い方があった

・簡単なタスクから済ませていた

・打ち合わせ中の談笑を楽しんでおり、長い打ち合わせにも付き合っていた

・移動中は本読んだりスマホ見たりしていた

・納得行くまで時間を使って考えていた

・アイディア出しは「騒がしいカフェでイヤホンつけて」、企画書書きは「自分のデスクで」「人が少なくなって電話が減って」等、「お気に入りの仕事スペース」を作り上げていた

・資料を集めまくって、きれいに保存していた

・飲み会や長いランチ、お茶の時間はもちろん付き合っていた

 

【ワーママ後】

・出社した瞬間から仕事スタート。打合せも入れる

・タスクリストの中でも、時間がかかりそうなもの、頭を使うものから終わらせる

・打合せ用の資料を開始前に送っておき、読んでいる前提で進める(意外と普通に進む)

・打合せがあまりに脱線していると、年次を気にせずに仕切る

・長くなりがちな打合せは、次の打合せを入れておいて早めに切り上げて頂く

・社用PCを借りて、出張移動中や外作業中も企画書が書くようになった

・外出先から帰らず、外で仕事する

・自分で煮詰まらず、すぐ後輩やアイディアマンに頼る

・嫌な奴に見えても、集中したいときはイヤホンつけて電話取らず、話しかけられないようにする

・資料を自分でもたず、後輩ちゃんに任せた。必要そうなのはdropboxかただの写真で持ち歩く

・飲み会やランチ、お茶の時間は時計が気になる…

 

まとめると、なんか感じ悪い奴になってますね…

でも、相当効率は良くなったと思います。

特に仕事の質が落ちたわけではない(と思いたい)し。

 

仕事が好きなので、以前は自己実現も楽しいことも仕事or仕事仲間で完結していたのが

「早くおうち帰りた~~~~~い Aてぃプニプニした~~~~~~~い(TOT)」になっちゃったので、

仕事上の無駄な(でも楽しい)時間をどんどん短縮していったのです。

 

今後、部署異動でかなり忙しくなりそうですが

 

さて、これからも定時近く帰りが続けられるでしょうか?

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村