読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

料理も見た目が9割…かも?

料理 考え事

このエントリーが気になったので…

料理の先人たちのコメントがタメになりすぎる… - レールを外れてもまだ生きる - 派遣OLブログ

 

料理好き・素人の自分が、

自分が美味しいと思うご飯づくりについてまとめると:

 

  • 余裕があれば、同じレシピをいくつかのサイトで比べてみる
  • 結果、「自分ち分量」ができれば良いと思う
  • 料理も見た目が大事
  • プロのレシピ本には、仕上がりキレイに作るコツがたくさん載っている
  • シンプルな料理であろうと、丁寧につくったキレイなものは美味しい

 

確かにクックパッドは手軽でよく使うけど、

人気あるのにこの味?!ってなことに、時折なる。

 

でも、料理に慣れてくると、

「こうは書いてあるけど、たぶんこの調味料はいらんね。」とか、

「この手順は省略できるって書いてあるけど、やったほうが美味しいんよね。」みたいなことが分かってきて、

自分なりに工夫して、クックパッドをうまく使えるようになってきた。

 

そして、やっぱりプロは信頼できる。

 

ということで、きょうの料理、Eレシピなんかも見る。

例えば「親子丼」を作るにあたっても、

クックパッドの人気レシピ、きょうの料理など上位のレシピをいくつかを見て、

「なんとなくこの分量がうちでは良さげ。」と調整する。

 

 

それでも、旦那氏と私とは味覚が違って、

「薄い」「甘さが足りぬ」などと言われます^^;

 

結局、味付けって完全に個人的なものだし、

育った環境、器や見た目、一緒に食べるもの・飲むもの、体調なんかで全然違って感じられるんだよね。

 

母校の展覧会で見た作品、未だに忘れられないのがあるんだけど

ヘッドホンで工事現場の音を聞きながら、

粗末な椅子に座って、ラベルの無いペットボトルに入った薄茶色の液体を飲まされた。

 

その時の「え、飲むの…甘!マズ!」という経験と、

次のブースに入って、紅茶花伝のラベルがついたペットボトルを飲んだ時の経験。

環境でこれだけ違う味がするんだ!

 

そういう意味では、料理もプレゼンと同じ、見た目が9割とかあるのかもな。

 

 

最近は、本屋に寄ってはレシピ本を買ってしまう。

 

ネットでいくらでもレシピを見られる時代、

買ってもいいなと思う料理本は、

料理の見せ方が上手なもの。

 

料理本の写真は、さりげなく高い器を使っていたり

花やカトラリーをうまく見せていたりして

料理そのもの以外も含めて「美味しそう」!

たぶん、料理を見た瞬間から、

頭の中で美味しく感じる準備が出来上がってると思う。

 

料理本を読みながら、作りたい料理に付箋を貼っていくんだけど、

最近たくさん付箋が付いたのは、行正り香さんの本。

だれか来る日の和食メニュー

シンプルな材料や工程で、美味しそうだったりおもてなしに見える料理を作るのがうまいな~、と思った。

なぜか(和食なのに)いろんな料理にナンプラーが入ってるのは不思議だったけど^^;

美味しいのかな。買ってみよ、ナンプラー

 

長尾智子さんの料理本もよかった。

長尾智子の毎日を変える料理: 作って楽しい・食べてうれしい・長尾式料理教室

シンプル過ぎってくらいシンプルなのに、 

本当に美味しそうで衝撃を受けた。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村