読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

離乳食後期:作り置きと不足しがちな栄養について

子どものお世話 ミルク・母乳・離乳食

Aてぃも10か月になり、栄養は離乳食からメインに採り、

ミルクや母乳は完全にサブになったので

いよいよ献立に気をつけないといけない感じになっています。

 

今の所、下記のものを3日おきくらいに作って

冷凍庫で保存し、毎食あげてます:

 

1.ご飯

炊いたご飯から軟飯をつくり、90gずつパックして冷凍

 

2.野菜

色々な野菜をルクルーゼで蒸すor無水調理し、40gずつパックして冷凍

一度に色んな野菜に火を通して、小分けにする時に種類を分けてます。

 

上記に、タンパク質として豆腐やきなこ、納豆、お肉や魚を刻んだもの、ヨーグルトなどを混ぜたり、

新鮮なビタミンとして、切ったバナナやイチゴを足したりして、とりあえず完成。

 

例えば:

納豆ごはん・人参と茹で鶏・きなこバナナ とか

ごはん・ほうれん草白和え・イチゴヨーグルト みたいな感じです。

 

ただ、これだと、与えているタンパク質の量のムラが気になってきました。。

時間がないと、ご飯・大根とジャガイモ とかになっちゃってるT_T

 

タンパク質は、必要量が少ないんですが…

今週からは

  • ゆでた肉、魚に餡を絡ませたもの
  • いり卵やゆで卵

なども作り置きに加えようと思います。

作り置くと、絶対食べさせるようになるし。

 

そして、ミルクや母乳が減ってくるこの頃、

不足しがちなのが鉄分とカルシウム。

よく、離乳食でも「FECAL入り」と謳っているものがありますね。

 

特に、鉄分は慢性的に不足すると

発達に悪影響が出るそうです。

 

というわけで、鉄分補給メニュー!

f:id:glasstruct:20140310154238p:plain

  1. 豚レバーがダントツで含有量が多い。ペーストにして、色んな物に混ぜたりするメニューがありますね。手間はかかるけど、作り置きしとくか。
  2. 青海苔も多い。これはラク!ご飯に混ぜよう。でも、消化できないかも?お粥を作るときに、一緒に入れてゆるめておいた方が良いかもしれません。
  3. 取り入れやすい食品:卵黄、納豆、ひじき。これはいつもあげているやつだ!良かった^p^特にひじきはカルシウムも多い、高機能食品ですねー。

  

他のお母さん方のちゃんとしたご膳になっている離乳食を見るにつけ、

時間がなく、単調な離乳食になってしまい

Aてぃには申し訳なく思っていますT_T

 

とりあえずほぼ完食してくれるAてぃに感謝。

 

おやつには、最近は掴み食べしやすい小さいパンやクラッカー、クッキーなどの市販品をあげてます。

FECAL入りのものがあるので、便利。 

前は手作りしていたけど、最近はちょっとお休み^ー^;

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村