読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【最近気になった住宅】トリッキー&ニヒルな家

 

私事ですが、毎日、世界中で建築家が発表している建築作品をチェックするのが好きです。その中で、最近個人的にいいなと思った住宅プロジェクトを3つ紹介します。

 

あまり人気の無い記事シリーズですが、個人的に書いてて一番楽しいので続けます^p^

関連記事:

【最近気になった住宅】ファスト風土建築家の生まれ出づる国 - poco blog

最近気になった住宅 - poco blog

特殊な敷地に建つ家(日本) - poco blog

洋服をディスプレイする家 - poco blog

子どもが大喜びしそう!滑り台だらけの家 - poco blog

 

 

んじゃさっそくいってみよーう。

 

 

Sharifi-ha House

敷地:イラン 敷地面積:1400平米(広っ)

 

この一枚目の写真に驚いて保存してしまったプロジェクト。

こういう可動系はいいものがないし、これからもできないだろうと思ってました。なぜなら、可動にする事へのデメリットが、メリットを上回ることはほぼないからです。

しかし、これはなかなか良い気がする!良かったのは「可動をデザイン的に見せたこと」かと思います。ファサード(建物の前面)にズドンと可動部分を取り入れているので、気分によって見え方・使い方が変えられることを、より肯定的にとらえられるのだと思います。

f:id:glasstruct:20140708185357j:plain

f:id:glasstruct:20140708185404j:plain

f:id:glasstruct:20140708185404p:plain

それにしても公民館みたいに広い家ですね(´ω`)

f:id:glasstruct:20140708185424j:plain

f:id:glasstruct:20140708185511j:plain

Sharifi-ha House / nextoffice | ArchDaily

 

 

Elephant House

敷地:京都 敷地面積:217平米

 

3重の入れ子構造(マトリョーシカみたいにサイズの違う箱が中に入っている状態)の家です。

良いと思ったのは、半地下に埋まっていることと入れ子構造の影響で、家に入ってからの空間が想像と違うこと。入れ子のせいで、家の内部に入るほどわからなくなっていくと思います。窓の空け方もトリッキーだなー。

f:id:glasstruct:20140708185521j:plain

ん?おもったより広い?

f:id:glasstruct:20140708185527j:plain

f:id:glasstruct:20140708185532j:plain

あれ?ここどこ?

f:id:glasstruct:20140708185541j:plain

f:id:glasstruct:20140708185546j:plain

???(となるはず)

f:id:glasstruct:20140708185551j:plain

hiromu nakanishi organizes elephant house around internal courtyard

 

 

Casa OchoQuebradas

敷地:チリ 敷地面積:289平米

 

個人的に今回いちおし(*^o^*)

3つの岩を立て掛けたような、パッと見、中身があるとはとても想像できないような家です。

遺跡か洞穴にでも住んでいるような感じ。立地も含めて、非常に原初的な感じがします。

f:id:glasstruct:20140708185557j:plain

f:id:glasstruct:20140708185603j:plain

f:id:glasstruct:20140708185607j:plain

f:id:glasstruct:20140708185612j:plain

写真の構図、人物の配置がすごく意図的です。白黒なのも、時代も国も判らないような感じにしていることが、余計にコンテクストを排除して形の原初性を際だたてせています。クールですね!

f:id:glasstruct:20140708185618j:plain

銃とシャンパンと美女と、荒縄と肉が弛んだ全裸の男。プライベート飛行機から見た家。何て思わせ振りな、ストーリー感のある写真なんでしょうか。設計した人を、「コノコノー(・ε・`*)」とつっつきたいです。

f:id:glasstruct:20140708185625j:plain

f:id:glasstruct:20140708185635j:plain

ELEMENTAL’s OchoQuebradas: “The Spirit of the Primitive” | ArchDaily

 

 

設計者のニヒルさが感じられるような、ちょっとトリッキーな三軒でした。