読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【最近気になった住宅】日本の真っ白の家

デザイン・建築 最近気になった住宅

真っ白の家はコンセプトを鮮やかに伝える装置

「最近気になった住宅」シリーズは、最近竣工した物件の中から、個人的に気になった住宅を三軒ずつ紹介しています。今回は真っ白の家。

 

建築家の家と言えば、私はまず真っ白の家をイメージします。もちろん全部ではないけれど…。でもこれは日本に限定されたことみたい。真っ白の家に注目して集めてみたら、日本の家ばかりになってしまいました。

真っ白だと情報量がぐっと減って、空間のコンセプトが際立ちます。光の落ち方、映り方にも注目してみてください。

 

 

Atelier Bisque Doll

敷地:大阪 延床面積:151平米 設計:UID Architects

白い長方形の枠をいくつも被せて、壁を構成している家。

視線の抜け方がとても面白いと思いました。こういう見え方は、何に近いんだろう?寺社などの大屋根の下から見る、庭の様子などでしょうか。角に柱がないので、壁が浮いているような不思議な感覚がすると思います。

f:id:glasstruct:20140801191027j:plain

グレーに見える白、真っ白に見える白。

f:id:glasstruct:20140801191044j:plain

空が青く映り込んでいます。

f:id:glasstruct:20140801191102j:plain

夜になれば、建物は姿がなくなり、内側から漏れる光が主役です。

f:id:glasstruct:20140801191120j:plain

3つの長方形で構成されています。

f:id:glasstruct:20140801191135g:plainf:id:glasstruct:20140801191141j:plain

この方は、この真っ白の長方形をモチーフにした住宅を他にも建てています。長方形のズレが生むイレギュラーな隙間が魅力的です。

 

VIA:Floating fence wraps house and doll-making studio by UID Architects

 

 

ORANGE HOUSE

内容不詳 設計:前田紀貞

子どもが遊べるような、巨大な彫刻を飲み込んだような白い家。

f:id:glasstruct:20140801191705j:plainf:id:glasstruct:20140801191709j:plain

このような曲線で構成されると、先ほどのように色のコントラストはあまり生まれません。代わりに、光が全体に回り込んでいるような均一性が。

f:id:glasstruct:20140801191712j:plainf:id:glasstruct:20140801191716j:plain

夜もまんべんなく明るくなります。

f:id:glasstruct:20140801191720j:plain

計画案時点で、子どもが楽しく遊べるシーンを描いていたようです。

f:id:glasstruct:20130121133336j:plain

実際の様子。うちの子を混ぜたい笑

f:id:glasstruct:20140801191721j:plainf:id:glasstruct:20140801191723j:plainf:id:glasstruct:20140801191726j:plain

自然地形みたいで楽しそうです。ただ、かなーり汚しそう(・ε・`*)それもまた良しですかね。

 

VIA:norisada maeda creates engaging space for kids with orange house

 

 

Florist Studio

敷地:三重 建築面積:139平米 設計:小川晋一

森の中の、スタジオ兼住宅だそうです。小川晋一さんは、ミニマル中のミニマル、白とガラスと直角だけで構成された建築が多いのです。

f:id:glasstruct:20140814125952j:plain

このガラスの大きさと、マリオン(ガラスの支柱)のなさ…。最近学んだのですが、ガラスは柔らかいので、このような面積でマリオンがないとブヨンブヨンと動くそうです。構造的には問題はないそうですが、風が強いと「お、おう…」という感じになるかもしれません。合わせガラスにすればだいぶマシらしいけど、このサイズだとコスト大変そう。まあこのような住宅だとコスト<<<美観なのかも。

f:id:glasstruct:20140814125956j:plain

それにしても、本当に美しいですね。このガラスを前にした廊下を日がなゴロゴロしたいです。あっちの端から、こっちの端まで。(流木かい)ポイントに天窓が一ヵ所あるみたい。時間によって光の角度が変わるのでしょうね。下にオブジェみたいなものもあるし、日時計かな?

f:id:glasstruct:20140814125958j:plain

f:id:glasstruct:20140814130000j:plain

白すぎて怖い階段(何で怖く感じるんだろ?)

f:id:glasstruct:20140814130003j:plain

VIA:Glass-fronted gallery and house for a florist by Shinichi Ogawa

 

 

以上、「白い家 」でした。

個人的にミニマル好きなので、真っ白の家も好きです。汚れやすいなどの欠点も多いのですが、時間や季節によって移ろう光の色がよく分かり、魅力的な色ではないかと思います。光がぬめっと回り込んだり、シャープに白黒ついたりするコントラストも楽しめますね。

また、そういう意味で透明なので、形に目がいきます。彫刻のような形、イレギュラーな形、そして綺麗な均衡な形。