読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

【最近気になった住宅】窓が面白い家

最近気になった住宅 デザイン・建築

窓は外界を画に変えるモニター 

窓のメーカーとして知られているYKKAPの好きな広告コピーで、「窓は寒さを景色にする。(うろ覚え)」というものがあります。子猫が室内から雪景色を眺めているビジュアルで、この猫がまた可愛いんですよ~^p^(何)そして、確かにガラス窓ってスゴイ発明だよな~と思いました。雨風を凌ぎながら、外の様子も見られる。基本的にはシェルターとして外界からシャットアウトするものだった「建物」を、全く別のものに進化させた装置なんだと思います。

 

最近の窓に関する考察では、森山高至さんのツイートまとめを面白く読ませていただきました。


ここでは、マンガでの窓サッシの描かれ方によって、登場人物の心情や「外界と室内」の設定上の関係性について考察されていました。窓が景色にするのは、寒さだけではなく外界そのものであり、室内=自分のテリトリーから見る様々な物事が景色になってしまう、パソコンの画面のようになってしまう力があるんだと思います。

そんな「窓」の扱いが面白い住宅を3軒紹介します。

 

 

窓を開けてもまた壁がある家

物件名:屏風ヶ浦の家 敷地:横浜 延床面積:90平米 設計:保坂猛

窓を閉めていると、一見普通の3階建てのファサードに見えますが、なんと窓を開けても壁が出現します。実際には壁は斜めに入っていて、隙間から光が室内に入るという仕組み。プライバシーのため、下の階にいくほど壁の立ち上がりが急になっています。

f:id:glasstruct:20141031174035j:plain

下階に行くほど、「開けてもなお窓」感が強い。

f:id:glasstruct:20141031174038j:plain

f:id:glasstruct:20141031174040j:plain

ファサード側の様子。光は上から斜めに差し込むので、隙間から入り込む光は室内を十分に照らしています。一方で、外からの目線は全く合わないので、かなりプライベートな感覚です。

f:id:glasstruct:20141031174043j:plain

よじ登りたくなりますね…。

f:id:glasstruct:20141031174046j:plain

裏側です。こちらも同じように斜めにぬめっとした壁が。

f:id:glasstruct:20141031174049j:plain

f:id:glasstruct:20141031174053j:plain

f:id:glasstruct:20141031174055j:plain

お皿が3枚重なったような断面です。お皿とお皿の間ってこんなに良い空間やったんや!(違)

f:id:glasstruct:20141031174058j:plain

VIA:保坂猛 建築都市設計事務所 / 作品集

 

 

会話する穴としての窓

物件名:ROOM ROOM 敷地:板橋 面積:72平米 設計:保坂猛

これも保坂猛さんによる住宅です。窓は全て20cm²程度と小さく、壁だけではなく床や天井にも開いています。プライバシーを守りながらも優しい光が入ってきます。20cm²と言えば、顔くらいの大きさ。床に開いている窓を通じて、聴覚障害のあるご夫婦とお子さんがコミュニケーションを取ることもあるそうです。

f:id:glasstruct:20141031174925j:plain

一つ一つの窓は小さいのですが、まとめると結構な採光面ですね。

f:id:glasstruct:20141031174927j:plain

 

f:id:glasstruct:20141031174221j:plain

f:id:glasstruct:20141031174157j:plain

f:id:glasstruct:20141031174202j:plain

f:id:glasstruct:20141031174204j:plainf:id:glasstruct:20141031174924j:plain

f:id:glasstruct:20141031174930p:plain

VIA:保坂猛 建築都市設計事務所 / 作品集

 

 

要塞に穿たれた穴

物件名:The Wall of Nishihara 敷地:渋谷 建築面積:40平米 設計:Sabaoarch

一人住まいのための住宅in渋谷。立地が立地なので、要塞のように街から身を守る佇まいです。たくさん開口が穿たれているので光は入ってきますが、外界の景色を見る、いわゆる窓とは全く違う役割のように見えます。

f:id:glasstruct:20141031175035j:plain

万里の長城みたい?テーパーはかかっていませんが、パラパラと不規則な、ロンシャンみたいな開き方です。

f:id:glasstruct:20141031175036j:plain

f:id:glasstruct:20141031175038j:plain

f:id:glasstruct:20141031175043j:plain

f:id:glasstruct:20141031175047j:plain

f:id:glasstruct:20141031175135j:plain

VIA:The Wall of Nishihara

 

 

以上、窓が面白い住宅。要はガラスをどうやってはめるかという話なので、自由度が高く、コンセプトの中心にもなる題材でした。

 

その他の住宅については、下記からどうぞ~