読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

私と偏頭痛との闘い

何でもないこと 母の成長(?)

頭が痛すぎて記憶がなくなった日

あの日は展覧会の準備で、朝からバタバタしてました。展覧会は楽しいんだけど、時間がない中不休で準備するのでそれなりに疲れます。夕方には頭も体もすっかり疲れ、「なんかちょっと頭痛がするな」と思い始めていました。

とはいえ忙しいので、市販の頭痛薬を飲んでコンビニのおでんをつまみながら作業に没頭。だんだんひどくなる頭痛に「あ、コレヤバいやつだ」と気付いたのは夜遅くなってからでした。

頭が割れるように痛くなり、どうにも我慢できず唸りながら床を転び回り、吐き戻しました_| ̄|○エキソシスト的な!(古?)

これはイカン、誰か暇なヤツに付き添ってもらおうということで、たまたま六本木で遊んでいたまこっちゃん(仮名)が呼び出され、救急病院に行くことに。まこっちゃん、まさに天国から地獄へ…!今考えると可哀想過ぎる。

 

(そこからしばらく私の記憶が飛んでいます)

 

…気がついたときには、頭から無数の針をブランブランさせた私は、まこっちゃんに向かってハイテンションで「よくなったよ!よくなったよ!」とアピールしていました\(^o^)/

 

どうやら

頭痛酷い⇒頭に血が上る⇒いきなり痛みだけなくなる⇒テンションmaxのまま覚醒

ということでこうなったらしい。

あと、無数の針は、何故か当直の救急病院が鍼灸で有名なところで、まさかの鍼治療により劇的に治ったらしい。

確かに、頭痛が引いた後って「さっきのは何だったんだろう…パァァァ…(キラキラ)」というほどの爽快感があります。

まあまこっちゃん(仮)ドン引きしてたけどね…。

 

そんなわけで今でもまこっちゃんには頭が上がらないのです。ありがたや(^人^)暇なヤツ呼ばわりしてごめんね!

 

たまに悪化する偏頭痛

とまあ、酷くなるとかように酷い偏頭痛なのですが、こういう痛くてのたうちまわるレベルの時はだいたい「疲れているときに少し頭が痛いのに、さらに無理しちゃった時」なのかなーと分かってきました。

今回体調を壊したのですが、ちょっと良くなりかけたときに出社してしまい、てきめんに偏頭痛に襲われました。

夫が私の偏頭痛を知っていたので、今回は首と肩を揉んで湯タンポで肩周辺を温めるという方法で改善しました。

今まで偏頭痛が始まると薬以外なす術がなかったので、家で緩和できるんだと思って目から鱗です。

私は「首が細長く、パソコンなどで目をよく使う仕事で、目・首・肩にかけて疲労がたまり血流が悪くなりやすいタイプ」とのことです。女性はなりやすいという話も聞きます。

もちろん、冷やした方が良い場合、その他の治療方がある場合もあると思うので、偏頭痛仲間の皆さまには是非合った方法を見つけて頂ければ幸いでございますm(__)m

 

偏頭痛持ちはあなたの隣にもいる

偏頭痛持ちの方には「わかるー」というエントリだったと思います\(^o^)/あと、「結局解決した訳じゃないじゃん」という…。こうすればオッケーみたいなのがないので、何でも試してみるしかないですね。

自分の身近にも、「息子と二人で遊園地に行ったけど、酷い偏頭痛になり早々に車を置いてタクシーで帰った」という方や、「仕事で高速に乗っていた時に偏頭痛に襲われ、耳にゴミ袋をかけてゲーゲー吐きながら泣きながら運転した」という方がいました。こういう人はそれだけでものすごい親近感が…!そして案外多いな~という印象です。こんなにきついのに、なりやすい人は慣れてしまっているからかあまり「治療法云々」という話を聞かないのも特徴かな。

最近、身近で群発性頭痛(自殺頭痛)の方に会い、もっと辛い方がいるんだな…としみじみ思いました。あとやはり肩が凝りやすい方、仕事を頑張りすぎる方は頭痛がひどくなる傾向がある気がします。

健康が何より大事ですね。ほんと。

 

 

久しぶりにブログランキングに参加しました。

記事が面白かったら、下の写真をクリックしていってください。励みになります~ 

ブログランキング・にほんブログ村へ