読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

六甲山のアートで遊ぶ(六甲ミーツ・アート)

 

今日も旅の記録。

六甲山に登ったよ。「六甲ミーツ・アート」というアートイベントが開催中だったのです(もう終わりました)。友人が出展していたので、見て来ました。

 

this is オガワさん。もうちょっと左に移動して欲しい写真ですね。

f:id:glasstruct:20141126184029j:plain

ほっこり系建築アーティスト、それが小川泰輝さんなのです。普段めったに会えないのに、たま~に会っても久しぶりな気がしない、不思議なオーラのある方です。

 

とりあえず六甲山を上ります。ケーブルカーで。

f:id:glasstruct:20141126184029j:plain←この人も一緒に行くよヾ(・∀・*)

ごとんごとん…

f:id:glasstruct:20141124144854j:plain

ここでも紅葉が!山の紅葉も、きれいでした。

f:id:glasstruct:20141124145202j:plain

 

到着!

バスに乗って、まずは三分一博志さん設計の「六甲枝垂れ」に着きました。これは、冬に氷雪がくっつく意図があるらしい。前に来た時は霧で、ボンヤリ浮かぶドームが面白かった。今回は曇りだったので、写真もきれいに撮れなかったのでちょっと残念。

f:id:glasstruct:20141124114111j:plain

 

もこもこもこ!

ん?よく見ると右端に何かある…

f:id:glasstruct:20141124113831j:plain

 

「憧れ」…?

f:id:glasstruct:20141124113835j:plain

 

「劣等感」!?

f:id:glasstruct:20141124113922j:plain

 

あら、あきらめちゃったよ。

f:id:glasstruct:20141124114039j:plain

これも作品だったようです。

 

枝垂れの中は、光が落ちる井戸のようになっています。

f:id:glasstruct:20141126222918j:plain

内部の丸い廊下をぐるぐるぐるぐる、楽しそうに走り回るAてぃでした。

 

さて、次はロープウェーへGO。

f:id:glasstruct:20141124120211j:plain

結構スリリング。Aてぃは固まっていました。

 

次の作品は…

石…?

f:id:glasstruct:20141124120815j:plain

Aてぃと夫の足が見えています。

 

石の中には空洞があって、

穴があって、

覗けます。

f:id:glasstruct:20141124120740j:plain

外から見ると、ちっちゃい穴。Aてぃの指先がかろうじて出るくらいです。

f:id:glasstruct:20141124120757j:plain

石の中は暖かかったです。

 

さてさて、やっとオガワさんの作品についたよ。

 

木の叉を通り抜ける、橋。

f:id:glasstruct:20141124131509j:plain

 

登れます。登ろう。

f:id:glasstruct:20141124131317j:plain

 

うおっ、めっちゃ揺れる!コエェ!

f:id:glasstruct:20141124131402j:plain

それはもうバインバイン揺れました。

 

行けないところに行ける橋。

不思議な体験でした。

 

遠くから見た橋。(さすがに遠すぎやん)

f:id:glasstruct:20141124134957j:plain

 

楽しかったです。

 

他にも、子供向けの草スキーや巨大トランポリン、透明な巨大ボールの中に入って暴れまわれる装置とかがあって、子供が4歳くらいになったら遊び狂えそうな場所です。 子供連れ旅行は、こういうまったりできるところが良いですね~。

またどこか、計画しよ。

 

おしまい。

 

ブログランキングに参加しました。

記事が面白かったら、下の写真をクリックしていってください。励みになります~ 

ブログランキング・にほんブログ村へ