読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

フォトブック「Photoback」と「フジフィルム」を使ってみた感想

 

以前はスマホで撮った写真を、簡易なスマホアプリでフォトブックにできるものでしか紙として残していなかったのですが、 

カメラも買ったことだしもうちょっと写真としてキレイに残したいな~と思い、より高画質で印刷してくれるフォトブックに挑戦しました。2歳になる娘の誕生日記念に、両祖父母にプレゼントする予定です。

 

選んだポイント:

・贈り物なので装丁がしっかりしているもの

・A5~くらい

・操作性、カスタムのしやすさなど

・「フォトブック」検索で上からざざっとお試ししてみて、photobackとフジフィルムの2社に絞りました。(正直なところフジフィルムよりも気になったフォトブックサービスはあったものの、画質が良さそうなイメージがあり、撮っているカメラがフジフィルムX100ということもあり、ちょっとお試ししてみたかったのだった(*^o^*))

 

Photoback、フジフィルムの2社お試しした結果

100ページ~など、ページ数が多い場合はphotobackが売り物みたいにデザイン性が高くておススメですが、24ページ程度だったら紙が硬くて画質がキレイなフジフィルムの方が良いです。

・A5~くらい、24ページで3千円程度

・写真は最大で70枚くらい配置可能、ただ全然違う写真をいくつも並べると見づらいので、1ページに数枚レイアウトする場合は同じシチュエーションのパターン違いが良い。基本的には1ページ1枚の方がキレイに仕上がる

・好みもあると思うけど画質は断然フジフィルムが上

・紙質はPhotobackは雑誌のようでザラザラ柔らか目(書籍用紙)、フジフィルムは硬質でツヤあり(マットラミネート)

・Photobackは無線綴じくるみ製本、フジフィルムは無線綴じ並製本

・デザイン、カスタムのしやすさで言えばPhotoback、お手軽さはフジフィルム

 

***

 

Photobackを使ってみた感想

操作は簡単でした。

Webアプリに写真をアップロードして、配置して、文字を入れて…というnohanaやTOLOTと同じような感じですが、仕上がりはとてもきれいです。微妙にレイアウトを調整したりはできないのですが、デフォルトの通りにつくっていくと全体のレイアウトがそろってプロっぽく見えるので、まあいいかな。個人的に、表紙の自由度はもう少し欲しかったです。フォントも少なすぎる。 

f:id:glasstruct:20150429121519j:plain

f:id:glasstruct:20150429121508j:plain

売り物みたいになった!帯も付きます 笑 帯がある理由は謎だけど、届いてみると「本屋に売っていそう感」がこの帯一つでかなりかもし出されている気がしました。ここにコメントを入れられるのだけど、「待望のファースト写真集!」みたいなコメント入れたくなる^^;

f:id:glasstruct:20150429121601j:plain

f:id:glasstruct:20150429121615j:plain

f:id:glasstruct:20150429121639j:plain

 

総じて「簡単にプロっぽくできる」感じで、アバターやアプリに慣れ親しんでいる世代が使いやすい感がある。

 

***

 

フジフィルムを使ってみた感想

簡単派とこだわり派が選べて、簡単派はphotobackをさらに簡単にしたような感じ、こだわり派は編集ソフトのインストールから始まって全て微調整までできるかなり自由度の高い感じです。

 

「簡単派」を使いました。

自由度がないけど、本当に写真をアップロードするくらいしか手間がない。5分くらいでできてしまいました。うまいこと同じときに撮ったものを同じページにレイアウトしてくれるので、そこそこいい感じになる。よく考えられているなあ。一方で、デザインは個人的にはあまり好きではなかったです。このあたりは好みだと思う。特にフォントはホントにヒドイと思った…。種類が少ないのはいいとしても、選べるもののフォントがヒドイ。

f:id:glasstruct:20150429121708j:plain

f:id:glasstruct:20150429121737j:plain

Photobackよりも「売っていそう感」はないんだけど、紙が硬くてしっかりしているので、個人的にはフジフィルムの方が好きでした。退色もしなさそうな感じ。綴じの中央の方は、綴じ方のせいかほとんど見えなくて残念。

f:id:glasstruct:20150429121827j:plain

f:id:glasstruct:20150429121755j:plain

f:id:glasstruct:20150429122558j:plain

 

 

***

 

画像のきれいさ比較

f:id:glasstruct:20150429122230j:plain

上がフジフィルム、下がphotoback。

同じ写真だと、photobackの方が彩度が落ちて感じられます。フジフィルムの方が赤みも出ていて、色の表現性が高い気がする。ぼかしをかけていて分かりませんが、目の輝きの細部など、輪郭線のクリアさもフジフィルムの方が上です。まあ、こうして比べて見ないと分からないほどには、どちらもキレイですよ。

 

本としての完成度

f:id:glasstruct:20150429121354j:plain

↑右フジフィルム、左photoback

f:id:glasstruct:20150429122303j:plain

↑右photoback、左フジフィルム

f:id:glasstruct:20150429122345j:plain

↑右photoback、左フジフィルム

パッと見はPhotobackの方が好きです。フジフィルムの方が手作り感があります。ただ今回はページ数が少なかったので、しっかり目の仕上がりになるフジフィルムの方に軍配が上がりました※。60ページ~120ページくらいになると、表紙しっかり・中はめくりやすいPhotobackのほうが良いと思います。

(※ただ、フジフィルムのサービスではページ数が増える時専用の「厚本仕上げ」というのもあるらしい。紙質が違うのかしら。詳細不詳。)

 

まとめ

どちらもそれなりに良さがありました。フジフィルムは今回は「簡単派」でしたが、「こだわり派」であれば、編集ソフトをダウンロードしてこだわって作れるようです。やってみたい!

違うサービスも試してみたいですね。他にも、自由度が高いのフォトブックとして「mybook」というのも興味があります。これもフジフィルムと同じく編集ソフトをダウンロードして作るタイプです。作品例が面白いです!手作りの絵本をつくったりするのにいいかも。

 

***

 

手作りはどうなのか

自分で作るとなると、イラストレーターか何かでレイアウトしてA4出力してキンコーズで製本、端をカットしてもらって…ということになろうかと思います。紙にもよりますが紙代1000円+インク?円+綴じカット代500円程度でしょうか。ただ、手間がかなりかかるので、それをどう見るかですね。3000円程度なら、フォトブックのサービスを使った方がいいかなあという気がします。

はてなブロガーさんのイラストで絵本を作った時の記事: