読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

クリード チャンプを継ぐ者(2015年アメリカ)

映画の感想文

クリード/チャンプを継ぐ男 (字幕版)

言わずと知れた「ロッキー」シリーズの意欲的な続編作だそうです。ロッキーは絶対見たことあるはずなんだけど、なんかあんまり覚えてないや…くらいのダメダメな視聴者なんですが、クリードは映画評論家の町山さんが絶賛していたので見なきゃと思いまして。

 

普通によかったです!(←たぶんダメな感想)

あんまり洗練されていない感じの映画でして、うーん…と思いながら見ましたが、誠実で熱い思いがひしひしと伝わってくるので読後感がとてもよいです。老ロッキーの姿が愛にあふれていてしみじみといい気持ちになりました。恋人も、主人公も、継母もみんな魅力的でしたしね。そうそう、試合シーンの映像はすごくよかった。夫は早々と飽きて寝てしまったのですが、一人で試合シーンを見ながら「いけー!」「立ち上がれー!」とこぶしを振り上げてしまいました。

 

なんだか必死にいい風に書いてる感じのぎこちない文章になってしまいましたが、無理しているわけではなく普通にいい映画だったのです。好きな映画かというと、違うんですが(違うんかい)続編が出ても見ないとは思いますが…(見ないんかい)やはり格闘技系は合わないのでやめておこう、という何度目かわからない後悔はありました^^;