読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

視力を失うかも…?「緑内障」の恐怖※加筆あり

 

先日コンタクトの更新のために眼科に行ったら、「もしかしたら緑内障かもしれない」と言われて精密検査を受けてきました。結果的には様子見だったのですが、ここ数日「視力を失うかもしれない」と怖かったです。

 

緑内障で欠けてしまった視野はもとに戻らない

緑内障とは眼球に河川のように広がっている視神経の繊維が減っていく病気で、進行はするけれど治りはしないというもの。症状は最初はほとんどありませんが、進行していくと視野が欠けていきます。かかった眼科医さんによると「中心から点々と減っていくことが多い」とのことで、確かに視野の真ん中が少し欠けても「今日はぼやけているかな?」くらいで気づきづらいかもしれません。中心の繊維が無いと中心の視野が欠ける、ということらしいです。

 

緑内障にかかりやすい人

1.眼圧が高い(眼科で検査)

2.40歳以上(20人に1人は緑内障)

3.血縁者に緑内障の人がいる

4.強度近視・遠視

の条件を満たしていると、かかる確率が高い、とのこと。生活習慣とか目の酷使とかの、努力で避けられそうな理由がありません。3に関しては20人に1人が緑内障とのことなので、親戚を探せば一人くらいいそう…などと思ってしまいましたね。

緑内障は日本人の失明の原因の1位にあたるそうです。40歳を過ぎたら年1で検査した方が良いかもしれません。

 

気になったら検査してみよう!

自覚症状があまりなく、進行が速いとあっという間に失明することがあるようです。早期発見が何より大事で、そこから進行を抑える治療が始まるようです。

検査する病院は、最初にかかったお医者さんによると「眼科医は設備がとにかく重要なので、最新の設備を導入している所に行った方が良い」と言われました。その中でも総合病院は時間がかかるので、おすすめのクリニックを教えてもらいました。検査自体は15分ほどで終わります。目に風を当てたり光をあてたり、聴覚検査にも似た視野の検査をしたりで痛いこともありません。費用は5千円ほどでした。

主な検査:眼底検査 眼圧の測定 視野の検査 裸眼視力 その他目に光を当てながら覗かれたり…など。

 

眼底検査や眼圧の測定などは人間ドックに入っていることも多いのですが、わたしの場合はそこでは引っ掛かりませんでした。視神経乳頭は白いけど眼圧は低いからスルーされたのかな。。。

 

まだ人生で見てみたいもの、見続けておきたいものがたくさんあるので、この病気のことはずっと気にしておこうと思いました。

 

※ここに書かれていることは、眼科でもらった「緑内障」のパンフレットと、担当した眼科医から聞いた内容です。ご自分の状況については自分で医師にかかって確かめて、医師の指示に従ってください。

 

※加筆:「30代から増えている、眼圧が低くても緑内障という例がある」とブコメで書かれている方がいました。実際のところは分からないので、気になる方はとにかく受診してみる方がいいかもしれません。

 

 

緑内障の最新治療

緑内障の最新治療