MENU

ヴァイキング ~海の覇者たち~(2013年~、アメリカ、ドラマ)

f:id:glasstruct:20160707170948p:plain

まーたドラマにハマってしまいました。プライムビデオで観られる「ヴァイキング~海の覇者たち~」シーズン1-4です。

最近のアメリカドラマって、制作費もかかってるし映画監督が撮ってるしで、もはや今までのドラマとは別物ですね(ホントいまさらですが!)。特に最近は映画の監督や役者の起用が目立ちます。

 

中世ヨーロッパの荒くれ者たち

映画でも本でもいいのですが、コンテンツにハマったり好きになる理由に「登場人物を好きになる」というのがあると思うんです。映画は長くても3時間程度のお付き合いなので、10時間も20時間も付き合いのできるドラマって、そりゃハマるよね~と思いました。

このドラマも登場人物が魅力的なのですが、強烈な人ばかりなのでただ圧倒されます。舞台設定が中世スカンジナビアで、主人公はヴァイキングという荒くれ者たちであり、倫理観が今とは全く違うのです。ちょうど「ヒックとドラゴン」がモデルとしている人物たちと同じだと思います。背が高く筋肉質で、髭を長く生やして髪を編み込んだ独特の風貌。お風呂は入っていなさそうな感じ。金髪で色素が薄く、目がアイスブルーの人も多くいます。宗教観が八百万の神を信仰していた頃の日本に近かったり、女性の権利がきちんとあるなど、親近感を感じる部分もあります。

 

独特の宗教観は「マッドマックス」みたい

似ている作品としては「マッドマックス・フューリーロード」。襲撃のシーンなどまさに!という感じです。作物がうまく育たない地で死亡率も高く、むしろ死後の世界を夢見ている所があります。誇り高く死ぬことができれば神々の元に行けると、そればかり気にしてむしろ死にたがる人たちが多く、戦いでは「狂戦士」状態になるあたりがsuch a lovely dayな感じです(どんな感じだ)。「死を恐れない巨人たち」って、周辺国にとってはとんでもない脅威だったろうな。神々の存在はとても大切なようで、年に一度は9人の生贄をささげるために夜通し危ないお薬を飲んで騒ぐという奇祭も…。働き盛りの男を毎年9人犠牲にし、しかもいつも略奪のための戦いでごっそり人が減っているわけなので、むしろ口減らしの目的もあったのかもしれません。

 

ストーリーは神話と伝承に基づく

ヴァイキングの歴史は神話と密接に結びついており、主人公のラグナル・ロズブローグも2番目の妻のアスラーグも神の子孫や子とされています。アメリカのウィキを見るとドラマの登場人物たちは実在していたりしていなかったり、エピソードが前後していたりそもそも違っていたりするようです。しかしラグナルの子供たち――剛者のビョルン、ウバ、蛇目のシグルド、骨なしアイヴァーなどはまさかの実在の人物らしい!息子たちがみんなキャッチ―過ぎる。

骨の奇形のあるアイヴァーや、目に蛇模様が入ったシグルドはCGで再現されています。骨なしアイヴァーは障害児ということで一度ラグナルに殺されかけるのですが、もし史実の通りだと今後息子たちの中で最も剛の者として育つはずなので超楽しみです。

 

人物たちが魅力的

主人公ラグナルはヴァイキングらしい強くて勇敢で巨大な男なのですが、ヴァイキングの中では知的な人物として描かれており謀略も楽しめます。妻の尻に敷かれており、怒られては「シューン」となっている姿が何とも可愛らしい。

また、最初の配偶者の女戦士ラゲルサがたまらなくカッコいいです。公平で強く、誇り高い女性で、ちょうどマッドマックスのフュリオサのようなキャラクターです。

2番目の配偶者は神の子で、巫女的な役回り。あのキャッチ―な息子たちをポコポコ生みます。

また、イギリスから奴隷として連れてこられた宣教師がおりちょうど現代人の目になって物語を追ってくれます。

 

なかなか凄惨なシーンが多いので、某ウォーキングドラマ(?)が平気な方なら大丈夫だろうけど、苦手な方にはからっきしダメかもしません。しかし、北欧の大自然が美しく、本能のままに生きる男女が清々しく感じられるドラマです。

 

7月13日追記:第3シーズンが始まりましたね!さっそく寝不足で見ております^^;まさかあの人が死ぬとは!個人的にはやはりアイヴァーのいく末が気になります。

 

8月9日追記:早くも第4シーズンが!!しかも全20話のロングバージョンでわくわくが止まりません。今のところ骨なしアイヴァーくんが少年に成長して、何かを起こしそうな雰囲気を漂わせているのが楽しみなところ。他にラグナルの子どもたちで目立っているのはウバだけで蛇目シグルドなどは「いるの?」という感じですが…。ラグナルは個人的には魅力ダウンで興味を失いつつあるところ。

 

8月12日追記:シーズン4は10話までしか公開されていなかったのでいったん感想。

・中国人娘の謎。史実ではなかろうし、ストーリー上必要あったのか非常に疑問でした。ただでさえ落ち目のラグナルがアヘン中毒に。目も当てられない…。

・蛇目のシグルドはCGもったいなかったのか(?)もはや蛇目でもなんでもなくなっていますが、「人の秘密をつい発見してしまう」という役割になっておりイイゾイイゾーと思いながら観ていました。ウバともう一人の兄ちゃん(名前失念)はしっかり者に成長していましたね。

・アイヴァー頭角を現し始める。目を見開いて笑うところがちょっとヤバそうな子役が当てられているのですが、幼児にして逆切れ殺人!その後も姪のシギーの死を「どうでもいいじゃん」と笑ったり、サイコパス的なキャラクターにされつつあるようです。こういう人、実は今までマーシア女王くらいしかませんでしたね。史実的には大物になる予定のアイヴァーではありますが、こういう系なのかあ。話がすさむからやめてほしい

・ビョルンの娘シギーの扱い…。ものすごい美少女で記憶に残っていたんだけど、実は失踪したポルン(ビョルンの恋人でシギーの母)がアウスラグ(ラグナルの妻でアイヴァーの母)に面倒を頼んでいたんですよね。アウスラグはそれをす っ か り 忘 れ て お り ま し て ・ ・ ・ 。 前のシギーと同じく人知れず水死してしまいます。名づけって大事。しかしまあ、アウスラグは悪者にされていく流れみたいですね。個人的には「浮気女に制裁を!」みたいな感じでちょっとイヤかな。何でこの人だけ厳しくされているんだろう。ラグナルに関わると不幸になりますね…。

・なんだか幸せそうなロロ。ラゲルサもラグナルも不幸になっていっているようなので、唯一の癒しがロロと妻のラブラブぶりです。フランス王はわざと「愛人にしてもいいか」と尋ねて部下の策略に気づいたりとなかなか智恵者なところを見せてくれるし、ヴァイキングの話なのにパリ側に気持ちが傾いてきました。

・美髪王。この人何かありそうな感じで登場したのに、なんだか印象薄いなー。史実ではラグナルの時代ではありませんが、いずれノルマンディーを統一する人、らしいのですが。

 

2017年2月20日追記:

気づいたらシーズン4の後半が公開されている!アマゾントップでも一切触れられていないのですが、そんなに人気ないの?(;;)後半もめちゃくちゃ楽しめちゃいましたけど!

 

【アイヴァーとラグナル、父子二人三脚の旅】

・アイヴァー躍進、オトンとの2人3脚旅行は図らずもホロリとしてしまいました。なんだかんだで両親に一番愛されてるな!

・ラグナル父ちゃん、破れかぶれからの仲間虐殺→エグバート王と「俺とお前と大五郎」状態→拷問死。蛇穴は史実と同じ死に方らしい。今まで頑丈すぎて、なんだか死んだ気がしなかった~(オイ)

・ラグナルとエグバート、「俺の方がアセルスたんが好きだった!」「いや俺が!」みたいなこっぱずかしいやり取りをしていて謎だった。アセルスタンってそんなに魅力的なのか。

・さらに関係ないけど、アセルスタンの息子が大事にされており、長男の方は2の次っぽいのも謎だった。

・ていうか、マーシア王女がラグナルの息子と主張していた忘れ形見くん、アッサリ否定され追い出され、まあこのドラマにありがちなんだが子供に容赦なさすぎ。

 

【ビョルンの大冒険】

・地中海を目指すビョルン一派、ロロとまさかの共同作戦。ロロ「盛り上がってきました!」ロロ妻ギスラ「ぜったいに赦さん」この女の人怖いんだよなあ

・ギスラ王女、ロロが帰ってきたら本当に子供と一緒に死んでたらどうしようと思ったけど、「きーっ」ってなってるだけだったからむしろほっとした

 

【元嫁ラゲルサの長年の恨み爆発】

・相変わらず微妙なポジションの美髪王兄弟。今回は好きだった相手に裏切られるというエピソードがあったが、コレ必要なのか。ラゲルサに謀反がバレてピンチのままシーズン終了。はてさて。実際はノルウェーを統一する人物らしいので、消えるわけはないのだが。

・アスラウグ女王、ラゲルサの謀反を知ってあっさりと降伏。あっさりと殺される。ラゲルサはそういう人よね…。でも、これでアウスラグの息子に殺されることが運命づけられたみたい。受け入れるラゲルサ(まだ生きてるけど)あとなぜか同性愛に目覚めていた。

 

【伝説の男、ラグナルを悼む大戦争勃発】

・エグバート王、老いて判断力も低下。アイヴァーを見くびって逃がしてしまう。今まで父に利用され続けてきたエセルウルフ王子もこれにはさすがにカンカン。だが王位を渡されちょっとホッコリ。

・復讐にきたヴァイキングたちにやられてしまい、部下たちに「命を大切にしろ!」と言いながらエセルウルフ敗走。このシーズンのエセルウルフ、判断がいちいち正しくて健気で、なんか好きだったな~。

・そしてエグバート(元)王、王位を渡したことを黙ってビョルンたちをだまし、まんまと「血の鷲」を逃れお風呂でのんびり死ぬ。最後まで策士でしたな。

・ヘルガを亡くしたフロキは生きる希望を無くし旅立つ。ラグナルと「愛してる」と言いあうシーンなど微妙にBLキャラであった。

 

【ラグナルの息子たちの時代、ゴタゴタのスタート】

・名前忘れたけど、アウスラグの息子たちの愛人が長男のウベと結婚。だが結婚後も「共有する?」みたいな話になっており、悪い予感しかしない。

・息子たちがようやく区別できるようになってきた。(顔はラグナルに似てるけど)兄さんぶろうとするがどこか抜けているウベ、悲観的で攻撃的なシグルド、お人よしのヴィトセルク、鬱屈した切れ者アイヴァーという具合らしい。

・アイヴァーは軍師っぷりを発揮し、その後そりの合わなかったシグルドをはずみで殺してしまう!どうなってしまうのか。死ぬ時に「蛇目設定」が思い出したように表現されていた。そういえば蛇目シグルドでしたね。

 

シーズン5が楽しみでしょうがないんですが、人気がないようで打ち切りが心配です。