読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

絵本が泣かせに来る

 

年をとったせいか、さいきん涙腺が弱くてこまります。

娘に絵本を読んでいても、泣ける系の絵本だともうダメ。でも泣きながら読み聞かせは不気味だろうと思うので、必死でこらえながら読んでいることがあります。

 

これとかさ… 

おおきな木

おおきな木

  • 作者: シェル・シルヴァスタイン,Shel Silverstein,村上春樹
  • 出版社/メーカー: あすなろ書房
  • 発売日: 2010/09/02
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 11人 クリック: 84回
  • この商品を含むブログ (54件) を見る
 

いやいい絵本だと思うんだけど、最後の数ページはもう読めない。

献身的な愛とか本当にやめてほしい

 

あとこれは不意打ちだった

おばけのケーキ屋さん (絵本)

おばけのケーキ屋さん (絵本)

 

本屋さんで娘が持ってきて、ポップな絵柄だったので 軽い気持ちで読んでいたら号泣ですよ…。

もちろん買いませんでした

 

小さいころ読んでいた絵本も、今読むとなかなかキツイですね

これとか 

I'll Always Love You

I'll Always Love You

 

見るからに泣かせに来てる。今だったら表紙で警戒して読まないパターン(何)

 

あとこれね!この絵本大好きなんだけれども!最後の数ページ(never ever everのところ)が反則過ぎて、息が詰まりながら読んでる必死さよ

Annie Bananie

Annie Bananie

 

今読むとけっこうエグイことが書かれていて、子供ってこういうのに惹かれがちよね~とも思ったり。ちょっと意地悪な顔とか本当に大好き。色使いもキレイ。

 

あとこれ

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

もうさあ…なんなの(TOT)

 

保育園の先生も泣ける系に弱いらしく、読み聞かせながら普通に涙がたらーっと出てるらしいのでちょっと安心しました。夫はぜんぜん泣かない系なので、簡単に泣いているとバカにされます。ただ夫のすすめてくる感動話にはピンと来ないことも多いので、何かポイントがお互いずれてるんでしょうね。

 

以上、涙腺弱めの方にはおすすめできない読み聞かせ絵本の話でした(T_T)