読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

カルテル・ランド(2015年、アメリカ)

ポスター/スチール写真 A4 パターンB カルテル・ランド 光沢プリント

ひどすぎる現実

麻薬カルテルに支配されるメキシコの現実を描いたドキュメンタリー映画。これはドキュメンタリーなのにネタバレ厳禁で見たほうが良いです。あまりにひどすぎるので「またまたー、ドキュメンタリー風フィクションなんじゃないの」と言いたくなってしまうのですが、これが現実なのだそうです…。というか実際、夫に「この人たち絶対役者だー、うそだー」などと言ってましたからね私…。

見てる最中に善悪があやふやになっていく感じ、どこに立てばいいのか分からなくなっていく感じはドキュメンタリーとしてはかなり斬新でした。その後「麻薬カルテル」で検索して、あまりに最悪な検索結果に後悔しました…。こんなことが同じ地球上で起こっているなんて。

何より、映画監督の方が無事に帰ってきて本当に良かった。これ、いつ死んでもおかしくない撮影だったと思います。

 

同じ題材の映画「ボーダーライン」も楽しみにしています。というか、上映はとっくに終わっているのでレンタルなんですが。「プラダを着た悪魔」でアン・ハサウェイの先輩役をしていたエミリー・ブラントが、麻薬捜査官としてベニチオ・デル・トロと戦うようです。