読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

2016年のマイベスト映画

今年はほとんど劇場に観に行けてないんですよね…。まだ観たいやつ、たくさんあります。時間が無い!

 

見た映画

今年も「これは素晴らしい!」という映画がたくさんありました。なんとなく公開順。

  1. ブリッジ・オブ・スパイ
  2. サウルの息子
  3. ザ・ウォーク
  4. オデッセイ
  5. キャロル
  6. 火の山のマリア
  7. 不屈の男 アンブロークン
  8. スティーブ・ジョブズ
  9. マネー・ショート 華麗なる大逆転
  10. ロブスター
  11. アーロと少年
  12. マジカル・ガール
  13. リリーのすべて
  14. ルーム
  15. ボーダーライン
  16. ちはやふる 下の句
  17. スポットライト 世紀のスクープ
  18. レヴェナント:蘇りし者
  19. アイアムアヒーロー
  20. マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
  21. エンド・オブ・キングダム
  22. ズートピア
  23. カルテル・ランド
  24. ヒメアノ~ル
  25. エクス・マキナ
  26. ブルックリン
  27. ファインディング・ドリー
  28. シン・ゴジラ
  29. 君の名は。
  30. この世界の片隅に

 

この中でマイベストは、何と言っても

この世界の片隅に

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

ですね。観たのが最近だったっていうのもあるんだけど。キャラクターの魅力的な内面世界が作品全体にいきわたっている、新しいタイプの戦争映画だと思いました。誰にでもおすすめしたい。 

 

その次は

リリーのすべて

リリーのすべて (字幕版)

かなー。世界で初めて性転換手術をした男性と、彼を支えた妻の話。アリシア・ヴィキャンデルの魅力に出会った作品でした。マイケル・ファスベンダーと付き合ってるらしいよ(*´∀`)キャー 

でも

ルーム

ルーム(吹替版)

も同じくらい感動的な作品でしたね。七年も監禁されていた女性と息子の、社会適応の話。こちらも主演のブリー・ラーソンが素晴らしかったなー。

感動と言えばこの2作品かもしれません。どちらも後半は涙が止まらなかったです( ;∀;)読後感がよく、割と誰にでもおすすめしたい映画かも。

 

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

も最高でした。

後日、これを観た友達(かわいい)と話していると「ゴジラがかわいそうだった」という感想で、えっそっちいくんだ!と。色んな見方があるので面白い。 


強烈な印象だったのは

マジカル・ガール

マジカル・ガール(字幕版)

ですね…。これは一生尾を引きそう。この割り切れない気持ちをどうしてくれよう!という感じの読後感でしたが、魅力がたくさんでした。 

一見、弱者にみえる女性が一筋縄ではいかない話つながりなら、

エクス・マキナ

エクス・マキナ (字幕版)

と、 

ブルックリン

ブルックリン 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

も面白かったですね。ファム・ファタールものというんでしょうか。「ブルックリン」はそこまでの意図はなかったにせよ、けっこう強烈な女主人公だと思いました。 

 

「特に周りにお勧めしないけど、無性に好き」なのは

火の山のマリア

火の山のマリア(字幕版)

でした。搾取されている原住民の話で、ある種可哀そうな映画と言えるんだけど、画がパワフルで生命力に満ち溢れている不思議な映画でした。お母さんとの入浴シーン、冒頭の花嫁の死んだ目など忘れられないシーンがたくさんあります。とても好きな映画だったなー。純水な「好き度」で言うと一番かもしれません。

 

ドキュメンタリーなのに予想外の展開が次々と起こる 

カルテル・ランド

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB カルテル・ランド 光沢プリント

も凄かったですね。メキシコの麻薬紛争関連映画では、フィクションなんかより抜群に面白いと思いました。 



一番楽しみにしていた「レヴェナント」がそれほど響かなくて、ノーマークだった邦画がいくつもお気に入りになりました。今年は自分の好きなタイプの邦画が豊作だったー!

 

みそびれ・みのがし映画

DVD待ち&見そびれ映画。いつも、なんか忘れてる気がする(・-・)

  • ヤクザと憲法
  • ドッグレッグス
  • ディストラクション・ベイビーズ
  • 神様メール
  • リップヴァンウィンクルの花嫁
  • デッド・プール
  • FAKE
  • 葛城事件
  • A2(A1もまだみれてない)
  • 日本で一番悪い奴ら
  • AMY
  • ハイ・ライズ
  • ジャニス:リトル・ガール・ブルー
  • 聲の形
  • 怒り
  • ハドソン川の奇跡
  • SCOOP!
  • 何者
  • エボリューション
  • マダム・フローレンス!夢見る二人
  • アイ・イン・ザ・スカイ
  • これが私の人生設計
  • ノーマ、世界を変える料理
  • エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に
  • ホドロフスキーの虹泥棒
  • グッバイ、サマー

「興味はあるけど、見ないことにしてる映画」もこの倍くらいあります。人生いくつあっても足りぬ。

 

ぜったいみる2017年以降公開作品

2017年は何と言っても、グザヴィエ・ドランの「たかが世界の終り」を見ないと!あと、「セッション」が素晴らしかったデミアン・チャゼルの「ラ・ラ・ランド」も見たい。マーティン・スコセッシの「沈黙―サイレンス―」もみなきゃ。エル・ファニングがモデルのドロドロ世界を演じる(らしい)「ネオン・デーモン」も衣装など気になるし、ラドクリフ君が死体を演じる(!?)「スイス・アーミーマン」は日本公開いつになるのかなー?「ヒックとドラゴン」は2018年に延期されたそうです…。来年の生きる希望が一つ、失われた(´・c_・`)ただ悲しい。