読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

出張で2泊した、すごくどうでもいい話

先日は出張で初めて2泊子どもと離れました。娘は出発の時グズっただけで、留守中電話しても「おみやげはえほんかってきてね」など、アッサリしたものでしたー。なんだかショックだわ。まあでも、良いことだということにしておこう。

 

私は子どもと半日離れただけでずいぶん気持ちが変わるのですが、2日も離れると「本当に私に子どもがいたのだろうか」とまで思いました。帰ってきたらすぐに子ども中心モードに変わりましたが…。

 

出張では某帽子が特徴的な社長のいるホテルに泊まりました。特にAP○ファンだというわけでもないのですが、高級ホテルに泊まれるわけでもない身からすると、見知らぬ土地で地元の古いホテルに泊まるのはなんとなく恐い。お化けが出そうだし、「外れ」を引いてしまった時のショックが大きい。その点ここなら築浅だし銭湯ついてるし、最悪なことにはならないだろうと思ったのです。

 

結果はその通りになりました。部屋に入ったとたん、あまりのきゅうくつさに「ここに2泊か…」とツラくなり、夫に「早く帰りたひ」などとメールしたりしましたが、銭湯はほっとしたし、狭いなりにベッドは新しく、朝食はできたてでおいしかった。

 

部屋には最近中国で問題となっていた歴史系の本と、グループ創生からのあれこれをつづったマンガ本があります。某帽子社長がアイドルみたいに美化されているのはともかくとして(?)、徹底したコスト管理の話や、2つの経済危機を経営才覚と運で乗り切った話などけっこう面白かったなー。

確かに、コスト削減は身に染みて感じられましたよ。ギリギリ導線を確保した部屋の狭さもですが、空調も「室内に客がいる間だけ」なのでむちゃくちゃ寒い…。銭湯も激混みです。建設会社を自前で持っているから、ここまで徹底したコスト削減建築がつくれるんですね。A○Aがこのまま進化を続けると、「共有設備が豪華なカプセルホテル」に行きつきそうです。

 

そんなこんなで色々ありましたが、次に慣れない土地で仕事の宿泊があれば、またここを検討しちゃうんだろうなーと思いました。

 

家族が近くにいない状況になると、不思議と酒量が増え、夜更かしになり、酒席以外ではほとんど食べないという独身時代の生活に戻りました。そうそう、忘れていたけど、私は本来食に興味がない人間なのでした。わずか2日でこうなので、今でも家族がいない生活だったら、今の数倍老けて不健康になっていただろうと思います。私にとっては、「子どものいる生活」は健康のためには良かったみたい。

 

子どもへのお土産は、リクエスト通り絵本にしました。アノニマスタジオの仕掛け絵本です。一見普通の絵本なんだけど、ルーペみたいな形の赤いシートを通してみると別の話が見えてくる、という。デザインのいい、面白い絵本です。「このルーペ、すぐに壊れそう」と思ったのですが、娘は毎回慎重に本に挟み込んでいて「えらいなあ」と思った次第です。そういえば、他の仕掛け絵本も何ともなっていないしなー。

ルージュベックのだいぼうけん

おしまい。