読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

入園と新入社員、新しいスタート

4月から新しい保育園に行っています。

今まで慣れ親しんでいた小規模保育園と違い、準備するものがたくさんあるしすべてに名入れが必要なので大変。布にアイロンでつけられる名札やタグが大活躍しました。必要なものはなんでも娘に選ばせて、とにかく気持ちを盛り上げる方向に。真新しいお気に入りのものたちにぜんぶ自分の名前を書いて、娘はとても楽しそうでした。

初日は不安なく玄関まで行けて、そのまま先生に手をつながれて教室に行けた…ようだったのですが、大泣きしながら即戻ってきましたー。やっぱダメか。私は小さいころ引っ越し族だったから、新しい学校に入っていく不安はすごくよく分かります。可哀そうでたまらず、気もそぞろに園を後にしました。

しばらくは試練のときになりそうですが、そのうち新しい保育園でも楽しく過ごせるようになってくれればいいなと思います。

 

会社にも新人がたくさん入ってきました。新しい環境に飛び込んでいく人たちの気持ちの密度感…不安とか希望とか、処理しきれない色んなことをひしひしと感じます。彼らは研修だから数か月接することがほぼないんだけど、こういうピンとした空気感って最初の数か月だけなんですよね。早く慣れて欲しいとも思うけど、感覚が全部開いてあちこちに向いているような最初だけの過敏さも、それはそれで愛おしいなと思ったり。新入社員のスピーチは、毎年「よくできているなー」と感心するんだけど、やはりどこかヒヤヒヤする部分もあり。数年経った社員の、空気を読みまくった上で笑いもキッチリ回収する安心感のあるスピーチと比較して、「社会人としての成長」とはなんなのかと思ったりもしました。

 

5月には、みんな落ち着いて新しい環境を楽しめるようになっているといいなと思いました。私もがんばんなきゃ~。