MENU

2017年公開映画振り返り

2017年公開映画の備忘録です。

 

見たやつ(好き順)

  1. 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(字幕版)

「わたしはこういう映画が見たかった」2017年賞受賞(なんだそれ)。抑えた冒頭の雰囲気と謎の交流、破壊、車のメモ、全部良かった。大したことが起こらない、妙にエグい設定がないのに面白いのが素晴らしい。英題は「破壊」だそう。どっちも良い題。

  1. たかが世界の終わり

【映画パンフレット】  たかが世界の終わり 監督 グザヴィエ・ドラン キャスト ギャスパー・ウリエル、ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール

グザヴィエ・ドランが好きなので。独特の映像美と、いつもの変な登場人物たち。音楽と映像の一見ミスマッチな感じ。おばあちゃん家感と演歌感。全部よい。サントラも最高。ただ、「わたしはロランス」「トムアットザファーム」などは越えなかったなー。

  1. ネオン・デーモン

ネオン・デーモン(字幕版)

分かりづらくグロテスクで人気ないだろうけど、誰が何と言おうと私の好きな映画だった。

  1. 太陽の下で 真実の北朝鮮

太陽の下で -真実の北朝鮮- [DVD]

ドキュメンタリー。メインに喜び組の少女を持ってきてるのずるすぎる。芝居がかった日々を送る北朝鮮の人々が空恐ろしい。

  1. ムーンライト

ムーンライト スタンダード・エディション [DVD]

絶対にNOと言えない題材、スノッブな映像、希望のあるラストで「これが嫌いな人っているのだろうか」という映画。オシャレ社会派映画という新ジャンル。かつラブストーリー。っょぃ。

  1. ラビング 愛という名前のふたり

ラビング 愛という名前のふたり [DVD]

静かだがしみじみとした味わいのある映画。ゆるぎない夫婦愛。ルース・ネッガが非常におしゃれ。

  1. ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ(字幕版)

映画の面白さが詰まっている作品。監督メルギブソンはすごい。ただ、「実際の映像」は蛇足だと思う。

  1. LION/ライオン~25年目のただいま~

LION /ライオン 25年目のただいま(字幕版)

「スラムドッグミリオネア」のデイヴパテルが大きくなって、少し似た映画に出ているというだけで満点。すっかりイケメンマッチョになりやがって…( ^ω^)いやいや、デイヴがいなくても普通にむちゃくちゃいい映画。そういえば、これも「実際の映像」が蛇足なパターンだった。

  1. ダンケルク

ダンケルク(字幕版)

ドキュメンタリーのように一人一人に憑依しながら進むような形が非常に好みで、新しいタイプの戦争映画だと思った。ただ、BGMが残念。うるさすぎると思う。

  1. SING/シング

SING/シング【通常版】(吹替版)

主婦バーレスクで泣いた。豚さんに泣かされた。

  1. モアナと伝説の海

モアナと伝説の海 (吹替版)

一人でちびっこに混ざって号泣しながら見た記憶が。王道なよい話。

  1. ショコラ 君がいて、僕がいる

ポスター/スチール 写真 A4 パターン2 ショコラ 君がいて、僕がいる (写真に白枠あり)光沢プリント

あまり救われないストーリーだけど好きな映画だった。これに関しては「実際の映像」が重要な役割を持っているように感じる。主役二人の関係性が端的に伝わる。身体表現ってすごい。

  1. マンチェスター・バイ・ザ・シー

マンチェスター・バイ・ザ・シー (字幕版)

これはかなり好きな方の映画なんだけど、どうしても主人公のリーが許せなくて、好きになれなくて微妙な順位に。娘がいる身としてはなんとも恐ろしい映画であったー。

  1. お嬢さん

お嬢さん(字幕版)

搾取されていた少女の解放シーンが一生忘れないくらい良かった。ただ設定は引くくらいエグい。

  1. 哭声/コクソン

哭声/コクソン(字幕版)

ホラー苦手なのに見ちゃった。でもこれ、すごく面白い。韓国の宗教観って面白そう。

  1. ベイビー・ドライバー

ベイビー・ドライバー (字幕版)

後半無理やりいろいろ起こったりいい話になったりするのが個人的には蛇足だった。ケヴィンステイシー、嘘くさすぎる。音楽と車のシーンはとてもよかった。せっかくなので車で爆走しながら死ぬラストがよかった(絶対無理なオーダー)

  1. 人魚姫

人魚姫(字幕版)

ベタなんだけど最高。

  1. ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 Blu-ray

佳作だが、共感しづらい上に地味でけっこう眠かった。ブラックスワンのような死にそうな演技が終始続くのでつらい。

  1. 沈黙―サイレンス―

沈黙-サイレンス- [DVD]

超大作。ただ、演出が鬱陶しく感じてしまい本の方がいいやと思った。踏み絵後のフライイング土下座はないだろー。

  1. キングコング:髑髏島の巨神

キングコング:髑髏島の巨神(吹替版)

若いのに超優秀な監督だった。監督のオタクぶりもよかった。個人的に興味がないジャンルなのに割と楽しめた。

  1. スノーデン

スノーデン(字幕版)

好き嫌いは関係ない映画だけど、難しい話を適度にエンタメにしていて面白く見られた。

  1. ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド(字幕版)

何がいいのかわからんと思ってたけど、時間が経ってみるとライトなミュージカル映画ってあんまりないし楽しいじゃんと思ったりもした(小並感)

  1. ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴースト・イン・ザ・シェル (吹替版)

ゲイシャ殺人ロボとか街並みに変なイリュージョンが浮かんでるのとか超楽しい。ビジュアルがいちいち最高。

  1. 猿の惑星:聖戦記

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (字幕版)

ごめん、シーザーの生真面目顔&正義感がだんだん鬱陶しくなってきてしまった…。いや、よくできてるなーと思いつつもですが…。

  1. 愚行録

愚行録

設定がえぐすぎた。映像や役者さんはめっちゃいい。冒頭シーンは白眉。

  1. 三度目の殺人

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

いちいち思わせぶりすぎて好みじゃなかった。役所さんの演技が個人的には濃すぎる。もっと朴訥な変人がよかった。時折ドローンを使った素晴らしいシーンが入る。広瀬すずちゃんが死ぬほどかわいい。

  1. ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(吹替版)

ゾンビ好きなのでチェックしたが、ゾンビは出てこず痛恨のミス。呪われたアマネットがかわいかったような気がする。キングスマンに出ていたソフィア・ブテラ。かわいい。瞳孔が2重になるのもいい。トムクルーズがかっこいい役なのはもういいかなーと思った(小並感)

 

見たいけど見そびれたやつ

  1. なりゆきな魂
  2. ディストピア
  3. 汚れたミルク あるセールスマンの告発
  4. サラエヴォの銃声
  5. T2
  6. メッセージ
  7. ライフ
  8. パターソン
  9. オラファー・エリアソン 視覚と知覚
  10. ドリーム
  11. 散歩する侵略者
  12. スイス・アーミーマン
  13. 禅と骨
  14. 彼女がその名を知らない鳥たち
  15. 女神の見えざる手
  16. ソニータ
  17. ノクターナル・アニマルズ
  18. パーソナルショッパー
  19. 全員死刑
  20. ゲット・アウト

 

今年もうまいこと時間を作れず見そびれた映画多数。家の鑑賞環境を整えるしかない。