読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

来年のカレンダーどうする?実用的なポスターとしてのカレンダー2015

デザイン・建築 家のものを買う

 

来年のカレンダーが売りに出され始めましたね。

我が家ではどうしようかな?

検討しがてら記事にしてみました。

 

検討ポイント

  • ポスターとしてもいける
  • ただし毎日の予定を書き込める実用性はある
  • ただの絵みたいなポスター、一年を一枚にしたポスターは除く

 

第一候補「ミサワホーム偉人の生涯と筆跡カレンダー」(1890円)

画家や文筆家などの偉人が遺した筆跡を組み合わせたカレンダーです。今までの偉人は、夏目漱石、宮沢賢治、レオナルドダヴィンチ、フィンセントファンゴッホ、パウルクレー、竹久夢二。紙色も柔らかい白で、人の筆跡によるフォント(?)なので比較的インテリアに馴染みやすい。


偉人の生涯と筆跡カレンダー|ミサワホーム

 

こんな感じだよ。様々な手紙やメモを組み合わせて精巧に作っているみたい。ただの数字(+あれば絵をちょっと)なのに、品よく存在感もあるよ。

f:id:glasstruct:20140922162748p:plain

↑フィンセントファンゴッホ

f:id:glasstruct:20140922162750p:plain

↑レオナルドダヴィンチ

f:id:glasstruct:20140922162752p:plain

↑夏目漱石(たまたま英語のページ)絵は本人による落書きらしい。

今年のはあんまり興味なかったから買わなかったけど、来年の偉人によっては買いたいな。おそらくミサワホームの関係会社に配るのがメインみたいで、あんまり販売情報が出ないんだよね~。通販はおそらくなくて、ハンズ、大型の本屋さんなどに少量置いています。今年も丸善とハンズに電話しよ。

 

第二候補「dbros Peignot」(1296円)

面白いプロダクトを発表しているdbros(日本)のカレンダー。このパターンは、フォントとレイアウトだけのシンプルなバージョン。今年は"peignot"というフォントで勝負しているようです。

青いのが部屋に合うかちょっと気になるけど、まあいいかなあ。う~ん。

f:id:glasstruct:20140922165934j:plain

f:id:glasstruct:20140922165902j:plain

 

ちなみにdbrosの他のカレンダーは、

 

めくり上げることもデザインの一つになる「ROLL12' 15」(3996円)

コンセプトが面白い。うちは風が強いので難しそう。 

ROLL12 カレンダー2015 D-BROS

ROLL12 カレンダー2015 D-BROS

 

毎月動物の顔が貼れる「Who am I?」(3240円)


D-BROS カレンダー 2015 Who am I? - KAUNIS

今年のカレンダーは、このシリーズの動物カレンダーでした。可愛いけど捨てるのがもったいない!

 

毎日のイベントにオリジナルのシールが貼れる「joy by day by toy」(2916円)


D-BROS カレンダー 2015 joy by day by toy - KAUNIS

 

があります。ここの商品はアマゾンにも他のネットショップにもあるだろうし、お近くのデザイン系小物を置いているショップなどにも売っていそう。売り切れを覚悟して、年明けに安くなるのを待ってもいいかも!?ちなみに私は昨年正規料金で(しかも2つも)買った後に、お安くなったのを見て泣いた方の人間です(T_T)

 

第三候補「vertical calendar」($10.99)

細長いカレンダー。サイズ感がちょうどイイ~。でも個人輸入しないといけません。3千円~くらいかな。問い合わせしたけどまだ自動返信メールしか返ってこず。

f:id:glasstruct:20140922165124j:plain

f:id:glasstruct:20130106100722j:plain

Vertical — MAKE Collaboration

  

第四候補「Stendig Calendar」(7560円)

これ、好きだったんだけど…なんでこんなに高くなってるん?(T_T)円安?ちょっとびっくりした。日本の販売代理店は、今のところ下記リンクのみみたいですよ。

f:id:glasstruct:20140922170110j:plain

f:id:glasstruct:20080806100226j:plain

f:id:glasstruct:20140922170113p:plain

Generate Design: 2014 Stendig Calendar (2014 ステンディグカレンダー) : Massimo Vignelli :

122cm x 91.5cmもあり、極太フォントで強くレイアウトがされているのでかなりデカく感じられると思います。紙色も真っ白。他にも壁に色々飾っている人、大きいアルファベットやロゴみたいなものをインテリアにしている人などにはドはまりしそう。ナチュラル系、和系の部屋だと浮きまくり。

 

第五候補「2015 Typography Calendar」($29、$47)

こちらもフォント系。こちらはアマゾンUS経由で買えそう。小さい方で31cm x 46cm、大きい方で58.5cm x 84cm。小さい方でまあ普通サイズ、大きい方だとインテリアのメインになるくらいの存在感ですね。しかし、あまり好きではないフォントの月は見るたびにドンヨリするという危険性も…あります…フォントというコンセプトに惹かれたけど、サムネイル見る限りちょっと微妙かもなあ

f:id:glasstruct:20140922164132j:plain

f:id:glasstruct:20140922164134j:plain

Amazon.com : 2015 Typography Calendar (2 sizes available) : Office Products

 

 

カレンダーasポスターbut実用的って意外とない

以上、2015年検討中のカレンダー。12か月365日壁を飾ってくれるポスターだとも考えれば、少々投資しても良いかもしれませんね。それにしても、私はフォントが好きなんだな~。自分で気に入ったフォントで作っていた時期もありましたが、結局レイアウトのきれいさや紙、綴じ方などを考えていると買った方が何倍も良いと分かってやめました^^;

また、非売品のカレンダーが気になります。付き合いのある会社さんにしか配らないモノ。意外と良いものが出回っているんだろうか。デザイン会社が作っているオリジナルカレンダーとか、ぜひ見てみたい!ちなみに、うちの会社のカレンダーはちょっとびっくりするほどダサいです。なんで?!

 

ちなみに…2014年のカレンダー

今使っているカレンダーはこれ。昔記事を書いていたので…↓


画ミンゴ点睛 - poco blog

 

Dbrosのwho is watching you?にしました。フォントではなく絵が中心です。毎月違う動物に目を入れていく可愛いポスターです。娘もお気に入り。ただ、あまり頑丈ではなく風にあおられてぐしゃっとなってしまう。今度これを買う場合は、補強が必要ですな。インテリア的には、見た目が好みであれば良いポイントになる感じです。