MENU

映画の感想文

映画 プリキュアミラクルユニバース(2019年、日本)

娘とみてきました。プリキュア映画は、私は初見。 うーむけっこうつまらなかった!そういうものを期待して見に行くもんでもないのだろうけど。 娘はプリキュア的世界観に魅了されているのだけど、映画としてつまんないことは彼女自身も指摘していて、そのう…

サバイバルファミリー(2018年、日本)

ポスターの雰囲気で勝手に面白くなさそうと思っていたのですが(失礼)、「思ったより面白い!」と言っている方が多かったので見てみました。確かに、思っていたよりずいぶんとディープな作品でした。終始コミカルなのにちゃんと重みのある映画で、家族で見…

彼女がその名を知らない鳥たち(2018年、日本)

最初は蒼井優さんの粗雑で嫌な女感がすさまじく、阿部サダヲさんが気持ち悪すぎて、「これは見たくない映画だ」と思ってしまいました。こういう露悪的な映画って、現実を単純化しすぎている感じがして嫌だな。リアリティもないし。…なんてネガティブな気持ち…

女は二度決断する(2017年、ドイツ)

すごく楽しみにしていたし、すごく好きなタイプの映画だったのだけど、ラストがイマイチ納得いかなくてずっと感想をかけなかった映画。 監督は欠かさずチェックしているファティ・アキン監督。愛や正しさの意味を問うような作風で、とにかく熱い映画が多いん…

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年、アメリカ)

思ってたのと全然違ったけど、けっこう面白かったです。インディ・ジョーンズのモデルとなった実在の探検家の話で、位の低い貴族だった青年時代から死ぬまでを描いた壮大なストーリーでした。 想像していたのは、探検に取りつかれたろくでもない人の話だった…

タクシー運転手~約束は海を越えて~(韓国、2017年)

「グエムル」でひどい目に合う貧乏で陽気な父親を演じていたソン・ガンホが、ひどい目に合う貧乏で陽気な父親を演じる話(間違い探しか)。最初は目が三日月のような笑顔なのに、途中からは泣きながら走っているあたりも似ていますが、こちらは実話をベース…

タンジェリン(2015年、アメリカ)

「フロリダ・プロジェクト」が素晴らしすぎたので、同じ監督の過去作品を見てみた。こちらは全篇アイフォンで撮影しているらしい。 まず最初に言っておきたいが、「ショボいカメラで撮っている」という感じは、全くない。なんだ、アイフォンでよかったんじゃ…

寝ても覚めても(2018年、日本)

うーん…? 夫氏が誰かの絶賛を聞いてお勧めしてくれたんだけど、うーんなんだか合わなかった。主題が恋愛だからかも。なんだか苦手なんですよね、恋愛映画。 濱口監督は「ハッピーアワー」をものすごく見たかった(そして未見)のですが、少なくともこちらは…

エンドレス・ポエトリー(2016年、ロシア)

見るの遅くない? ホドロフスキー好きーとか言っておきながら、劇場も逃し、DVDになってからもしばらく見るのを忘れていた情弱(情弱?)はわたしです。 「エンドレス・ポエトリー」は「リアリティのダンス」という前作の続編で、ホドロフスキーのマジ自伝的…

ドラえもんのび太の月面探査記(2019年、日本)

娘と会社帰りに見に行きました。 世は春休みなので、子ども向け映画は「ダンボ」、「コナン」、「スパイダーマン」、「レゴ」、「プリキュア」といくらでも選べる状況で相当悩んでいましたが、最終的にはダンボとドラえもんに絞って、時間の都合がいいドラえ…

グリーンブック(2019年、アメリカ)

アカデミー賞作品賞を受賞していたので、さっそく見てきました。公開1週目の休日の昼間とかだったと思うけど、お客さんほとんどいなかったです…。いい映画でしたけどね。気になる方は早めに行った方がいいかも。 黒人差別がまだ激しかった頃のNY、イタリア系…

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2018、アメリカ)

めちゃくちゃ後悔したー。この映画を劇場で見なかったことに。2018年、色んな映画を見ましたが、この映画が2018年のぶっちぎりトップでした。 私が映画にはまり始めて以来、一番好きなのは「ノー・マンズ・ランド」なんですが、それと同等かそれ以上に好き…

ファースト・マン(2019、アメリカ)

映画監督のデイミアン・チャゼルは、セッションで大好きになって、若いしとても楽しみにしていたのですが、10クローバーフィールドで「は?」となり、ララランドで「え…」となり、今や新作が出てもときめかない監督になっていました。10クローバーフィール…

バーフバリ 王の凱旋(2017、インド)

個人的に信頼している映画感想ブロガーさんがこぞって絶賛していたので、これは見なければと思って借りてみました。 しかしながら、私には合わず…。本当に面白くなかった。 色々考えた結果、下記3点が合わなくて好きになれなかったのかもと思いました。 1.…

レディ・バード(2018年、アメリカ)  

これは絶対好きそうなやつ!と思ってみてみたんだけど、思ったより面白くなかった。 家族を離れ、地元を出たいこじらせ系女子である「レディ・バード」が母親と対決しながら、最終的には自立していく話。 これ、母親がひどすぎない?レディ・バードちゃんが…

アリ―/スター誕生(2018年、アメリカ)

「ボヘミアン・ラプソディ」と同じ時間帯にあっていて、どちらを見るか相当悩んだのですが、こちらの方が人気無さそうだったので公開終了を恐れてこちらにしました。結果的には正解だったかも。 これは過去何回も作られている演歌みたいなストーリーらしいで…

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2018年、アメリカ)

アメリカのパキスタン系コメディアンが白人の女の子と付き合うけれど、厳格な家族には反対されて…という話。実話なんだとか。 本人が演じている主人公も、ゾーイ・カザン演じる白人の女の子エミリーもリアルな存在感で可愛らしい。プロフィールを見てびっく…

グリンチ(2018年、アメリカ)

3連休、娘と見に行ってきました。イルミネーション・エンターテイメント制作で、ディズニーと違って話がシンプルでとにかくエンタメに徹している感じ。ポリコレ的にどうとか、一緒に見に来ている親向けの対策とかをあんまり感じないので、個人的には肩肘張ら…

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年、アメリカ)

昨年末、娘と一緒に見てきました。私事ですが歩いて行ける距離に映画館ができ、保育園終わりに迎えに行ってデート気分で行ってきましたよ。娘は最近ちょっと難しい映画でも理解できるようになったので、とっても楽しいです。 前作のシュガーラッシュを見てい…

今年公開の映画ランキング

今年公開で自分が好きだった映画の、好き順です。 今年はあんまり映画を見に行けていません。 というのも、夏くらいから化粧にはまり、それ以降は化粧動画ばっかり見ていたからです…。 年々趣味が充実していくので、このままいくと48時間あっても足りないと…

モリーズ・ゲーム(2017年、アメリカ)

オリンピック選手で、ケガをきっかけに賭博師になっていく女性の実話を基にした映画。この方の自叙伝がアメリカでベストセラーになっていたらしく、アメリカではけっこう人気のあった映画みたい。主演はジェシカ・チャスティン。「強くて賢くセクシーな非武…

君の名前で僕を呼んで(2017年、イタリア・フランス・アメリカ・ブラジル)

イタリアの美しい別荘地のようなところで夏を過ごしている大学教授とその家族。そこにしばらく泊まりに来た若い学者と、教授の息子くんとの一夏の恋の話(BL)。あ、あまずっぴゃぁぁぁぁぁ…!ちょっと直視できないくらいキラキラした映画でございました。 …

女神の見えざる手(2017年、アメリカ)

アクション映画でもないのに、アクション映画のような読後感のある映画でした。知能戦が不思議と銃弾戦のような感じなんですよね。 ロビイストとして活躍するジェシカ・チャスティンが銃規制をめぐる争いに巻き込まれ、最終的には中心となってライフル協会と…

クワイエットプレイス(2018年、アメリカ)

宇宙から音だけに反応する生物が襲来し、ほとんど壊滅状態になっている地球。そこにかろうじて生き残っている、夫婦と子供二人の家族の話。音を立ててはいけないのでとても静かな映画なのですが、数分に一度「ウワッ!」と驚かすようなことが起こるのでちょ…

レディ・プレイヤー1(2017年、アメリカ)

自分が日本人だからなのか、日本的コンテンツをテーマにしたハリウッド映画が良く目につきます。これもそうだし、犬ヶ島、クボ、パシフィック・リムやベイマックスなど。まだまだたくさんありそう。こんなに日本のカルチャーが愛されているのも驚きだし、じ…

否定と肯定(2017年、イギリス・アメリカ)

町山さんが紹介していたから見てみました。レイチェルワイズ演じる研究者が役に立たず、ピーピーとうるさい中、弁護士団が有能でサクッと解決した、というような印象でした。なんだかあまり面白くなかったな…。本当にあった話なので、あまりショーアップしな…

ハッピーエンド(2018年、フランス)

人間の嫌なところを嫌な感じで描くイメージのあるミヒャエル・ハネケ。映像が私の好きな雰囲気だし、露悪的なのもけっこう好きです。 本作もけしていい話ではないですが、主人公が12・3歳くらいの女の子なので、何となくほっこりした気分で見てしまいました…

バース・オブ・ネイション(2016年、アメリカ)  

アメリカにおける黒人差別の、一番熾烈だった頃に起こった黒人による白人の集団殺人事件を描いた映画。制作者の初めての長編映画で、しかもかなり出来が良いという話で、公開前から見るのを楽しみにしていたんだけど、製作者側の過去のレイプ事件が明るみに…

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN / エンドオブザワールド(2015年、日本)

ものすごく評判が悪かったことが記憶に新しい本作。アマゾンプライムで公開が始まっていたので見てみました。 思ったより面白かった!特に前篇。漫画の方を知らないので、素で展開に驚いたのが大きかったかもしれません。 一番驚いたのは、巨人の造形と人を…

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2017年、アメリカ)

わたしにはあまり面白くなかった。 このようななめらかな映像をストップモーションで作るのは大変だったろうと思う。実際とてつもない時間がかかっているようだ。ただ、映像が滑らかで背景がCGっぽだけに、人物の紙人形っぽいカサカサした質感や色の暗さが対…