読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

谷尻誠さんのオープンハウスに行ってきたよ

デザイン・建築 Aてぃとお出かけ

 

 

今日は週末に見てきた新築住宅の見学記録です。

設計は、最近「谷尻誠の家づくり」というML(モダンリビング)のムック本が出たこともでも知られている、suppose design officeです。

ML30s(エムエル・サーティーズ) vol.2 谷尻誠の家づくり (モダンリビング別冊)

※以降、写真が下手くそなのはご容赦くださいね。実際の方が良いとお考えください(T_T)

 

池に面した崖に建つ家

崖に深~い杭基礎を刺して、池にギリギリまで近づいた家。建築面積は80平米くらいでしょうか?お子さんのいる複数人の家族で、結構コンパクトです。

さっそく入ってみよ~う

f:id:glasstruct:20141026140835j:plain

↑入ってすぐ、家の中全体が見渡せます。そして池の景色。一面に見渡せる水面が良い感じです。

f:id:glasstruct:20141026142640j:plain

↑分かりづらいのですが、左端はバルコニーになっています。

f:id:glasstruct:20141026141345j:plain

↑池側から見上げてみる。人物がいる辺りは、実はキッズスペース。子どもが小さい内は、こんな感じでオープンもいいかもしれません。キッズスペースの左側は閉じていますが、両親の寝室です。

f:id:glasstruct:20141026141604j:plain

↑左側に視線を移すと、明るくなってる辺りが玄関です。段々状の構成になっています。

f:id:glasstruct:20141026141510j:plain

f:id:glasstruct:20141026141729j:plain

f:id:glasstruct:20141026142355j:plain

f:id:glasstruct:20141026142922j:plain

 

むちゃくちゃシンプルだった

崖に沿った段々状の構成、水面を見渡せる開口部、閉じた部屋は倉庫と両親の寝室、トイレのみ。お風呂もガラス張りで、使用時はおそらくカーテンでも引くのだと思います。と言うのも、使わない時間が長いので、それならば視界が通るようにしておいた方がQOLが上がるから。(だと思います。)

家というのはせいぜい数人が寝て食べてくつろぐくらいの機能しかないので、実はこれだけシンプルでも成り立ちます。でも実際は機能別に部屋が細切れにされていることが多い。それはそれでいいのですが、スペースやお金の制限がある中でも、最大限の「楽しく心地よい場所」をつくりたいですよね。このような良い感じのワンルームを、時と場合によって区切って使うのも一つの手法かもしれません。

 

その他の、最近竣工した住宅はこちらからどうぞ。↓