MENU

スイスの思い出 チューリッヒ→クール

 

飛行機に長時間のったあとはいつもボンヤリしてしまうんですが、今回もそうでした。チューリッヒ空港についたあとボンヤリとパンとコーヒーを食べて、ボンヤリ街をウロウロして、はっと我に返って次の目的地のクールという街に移動しました。無駄かもしれないけど、あのボンヤリ時間は必要なんだよ。たぶん。

チューリッヒでは慌てて娘のお土産その①「ユニコーンぬいぐるみ」を買ったような気がします。うん。やっぱり、無駄じゃなかった。ヨーロッパのおもちゃ屋さんはどこもキラキラしていて可愛らしく、トイザらスしかない日本って…って思います。

また、だいたいどこに行ってもパンとコーヒーが感動的においしい。これを食べてしまうと、もう自分でコーヒーを焙煎したり、パンを焼いたりしたくなくなります。まぁ焼くし炒めるけど。

 

ここではスリーデイズパスを買えばよかったところを、間違って普通のチケットを買ってしまい6000円ほど損をしました。受付のねーちゃんがとんでもなく美人で、またしてもボンヤリしてしまったのです。プラチナブロンドに氷みたいな目の色をしていました。黒人さんもキレイだけど、白人さんもたまりませんね。

 

クールに向かう鉄道では景色が絵本みたいでした。雪を被った「THE・山」という形の山を背景に、可愛い形の家々があり、「THE・木」という形の木々がキレイに並び、牛や馬が点々といます。スイスに住んでいる同級生が「スイスの景色は完璧すぎる」と言っていたけど、本当そうなんだよね。湖も多くて、景色が変化に富んでいて車窓が絵巻物みたいなんです。丘の上を見ると岩に囲まれた教会があったり、湖を臨む高台にガラス張りの現代的なお屋敷があったりして見逃せません。

 

 

クールという街はスイスの東にあり、建築ファンでもない限り寄らないような小さな田舎町です。ツントーとオルジャッティという有名な建築家の拠点が近くにあり、ツントーの最も有名な建築物であるテルメヴァルスという温泉施設がある町への通過点でもあります。その代わり建築ファンが高密に集まっているため、意図せず知り合いに会うこともあるかも??

 

クールに来たのは2回目だったのですが、前回はクールに見向きもせずテルメヴァルスに行ってしまいました。ちなみに、テルメヴァルスは6歳以上じゃないと入浴できないらしいです。残念。

 

参考までにテルメヴァルスのことを書いておくと、まぁこのような場所です。

Therme Vals 白天黑夜

_MG_2224

IMG_5583

きれいですね。ただ、私が行った10年前とは所有者が変わって様相も変わっており、(俗っぽい意味での)高級リゾート化が進んでいるみたいです。昔は雪山に囲まれた可愛い村の間に、自然の一部のようにポツンと建っている詩的な場所だったのですが、今はホテルも増え、今後も大規模な開発が予定されているようです。入浴料だけでも1万円くらいかかるらしい…。このことに関してはツントーも遺憾に思っているようでした。

 

クールに話が戻りますが、まずはホテルにチェックインしました。石造りの街並みの真ん中にある、素朴な感じの(値段は素朴ではない)ホテルでした。

ちなみにスイスは何でもかんでもめちゃくちゃ高いので、学生の時は「一刻も早くこの国を出ねば」と思いましたね…。体感で日本の1・5~2倍くらいです。駅のスタンドでパンとコーヒーを買って軽食でも…と思うと2000円以上する感じ。

 

ホテルは素朴ではありますが清潔感があって朝食もおいしく、いい雰囲気でした。アメニティもバスタブもローブもないけどね!受付のお姉さんがまたしても美人だったので許す。

窓からの景色

f:id:glasstruct:20181124082009j:plain

 

それから、ジャコメッティの展覧会があっていたのでそれを見たり、ソーセージとビールをつまんだり、ツントーのローマ遺跡保存所があったのでそれを見たりしました。ローマ遺跡は観光案内書でカギを借りて自分で開けるスタイルで、建物の面白さもだけど占有感が気持ち良くてゆっくり過ごしました。ローマ遺跡を去ろうとすると、向こうからどう見ても日本人な人が近づいてくる…と思ったらやはり日本人で、さらには知人の知人でした。世界狭し。

Roman Ruins in Chur

IMG_4811-13

 

夜はツントー事務所に勤める方が、スイスの伝統的な食事を出しているレストランに連れて行ってくださいました。素敵なご家族でした!地球のこんなに離れているところに、すごく共感する生き方をしている方たちがいる、と思うだけで、不思議な気持ちです。

パッキング反省会と、12月の中央ヨーロッパの寒さ

私のパッキングですが、最後まで機内持ち込みにこだわり、おおよその予定通り下記のようなものを小さいスーツケースに入れて持っていきました。いつも荷物少ないんよね。これでも、化粧品のぶん例年より増えたほう。

 

<ベース>

  • リップクリーム
  • 下地
  • リキッドファンデ2種(濃い色、薄い色)
  • スポンジとそのケース
  • パウダーとパフ ⇒ケースが大きくかさばる!なんとかならないのか

 

<ポイントメイク>

  • シェーディングパウダーとシェーディング用のブラシ2本(大きい部分・小さい部分)
  • クリームブロンザー
  • クリームチーク
  • ハイライトとハイライト用のブラシ
  • アイブロウペンシル
  • 眉マスカラ
  • アイライナー
  • アイシャドウパレットとアイシャドウ用のブラシ3本(大きい部分・ぼかし用・細かい部分)
  • クリームライナー
  • マスカラ

 

<スキンケア>

  • 化粧水とクリーム ⇒中央ヨーロッパや機内は乾燥がひどい
  • メイク落としシート
  • ワンデーコンタクト、目薬
  • アトピー軟膏と錠剤
  • ヘアオイル兼ボディオイル
  • シャンプー
  • 口腔洗浄薬

 

<機内持ち込椅子下収納篇>

  • パスポートとクレカ ⇒現金使いませんでした!
  • アイパッド ⇒めっちゃ使えた
  • 眼鏡とケース
  • 目元温感使い捨てシート ⇒思ったほどよくなかったので要らなかったかも
  • メディキュット ⇒絶必中の絶必
  • マスク ⇒絶必中の絶必
  • 室内履き ⇒絶必中の絶必 できればスリッパよりちょっと出かけられるデザインが良い
  • 空気枕

 

<機内持ち込み上部収納篇>

  • Wifiルータ
  • 変換プラグと変圧器、電源タップ ⇒絶必中の絶必
  • 衣類

 

わたしも娘と同じくほぼ隙が無かったです。やったー。

ただ、

  • 用意していたバッグのひもが細くて使いづらかったので、街歩きは適当な袋に入れて持ち歩いた。普通にリュックを持っていけば良かった!
  • 湿度が死ぬほど低く、湿度計を持っていきたかった(ただの好奇心)
  • 保湿が足りなかった。やっぱりフェイスマスクを頑張って持っていけばよかった。重いからフェイスマスク諦めたんだよね…
  • 変圧器が壊れた!ただ、充電したいものをよくよく調べると世界対応だったので、けっきょく問題なかった。むしろ変圧器が不要だった。
  • メイク落としシート、飛行機でもさっとメイク落とせて便利だったけど、やはり摩擦が気になる。もう使わない。もうちょっといいやつ買えば良かったのかも。

気になったのはこのくらいでした。

 

特に保湿剤はたくさんほしくて、あまりに乾燥しているので普段は塗らないオイルを顔に塗ったりしていましたね。オイリー肌なのに乾燥する!ヨーロッパでは老けるのが早いわけだ…。関係ないかもですが、髪の毛の癖がいつもの倍くらいでて、なんなら天パの人みたいになっていました。ヨーロッパ来るといつもこうだ。なぜなんだろう。

 

で、どのくらい寒いのか

中央ヨーロッパはちょうどいま5~10℃くらいです。例年より暖かいとはいえ、寒いです。しかし、防寒を頑張った結果、ちょっと暑いかなくらいでした。

防寒力の高いコートだと日本で使えないので、薄いダウンの上に、日本の真冬に着るくらいの防寒力のダウンを重ねました。足元はロングブーツとレギンス、さらにズボンまたはマキシスカート。上はロンTに薄いセーターで、コートを脱げば割と薄着です。

というのも、ヨーロッパの建物は断熱性能が段違いに高く、薄着に対応できないと気持ち悪くなるからです。夫氏は暖パンを買っていたのですが暑すぎて全くきていませんでした。

娘はさらに手袋とマフラーも持たせました。いらないかなーと思っていたけど、持って行って本当に良かった。

Trunkiの良さ再発見

娘のパッキングは何も問題なく、完璧でした。相変わらずtrunkiは大活躍で、出先では乗り物として、移動中は椅子として、もちろん娘の荷物を全部入れるトランクとして使いました。もうこれなしでは親も含めて不安です。抱っこで移動は無理だからね…。19キロ…。オウフ。そして、Trunkiのおかげで娘はパッキング上級者になりました。これも地味にいい点。 

今回の旅行では何人かのtrunki乗りに会うことができました!やっぱりそれなりに流行ってるみたいですね。ロッテルダムで小さいお子さんがいるご夫婦と食事をしたのですが、娘のtrunkiを気に入って「買いたい」と言っていました。アムステルダムにも売ってるからね!

f:id:glasstruct:20181202085208j:plain


私が買った1年前には色柄は少なかったのですが、だいぶ増えているようです。旅行中にいくつもの色柄を見かけて、娘の目が釘付けになっていました。特にこのユニコーンtrunki。娘はいまユニコーンにはまっているのです。このサムネでは見えませんが、虹色のしっぽがついていて、角があって、ユニコーンのステッカーがたくさんついています。 

 アマゾンで6000円台で、ヨーロッパで買っても55ユーロくらいでむしろちょっと安いので、アマゾンで買えばいいと思いました。

 

もう乗るには小さすぎるかなーと思うのですが、これがないと疲れたー抱っこーと言い出した時の絶望感がすごい。本当にキツイです。来年以降どうしよう。

スイスの街では大人も子供もキックボードに乗っており、もし持ち込めるんならキックボードもありかも…なんて思ってしまいました。また荷物になるんですがねー。娘の脚力を鍛えた方が早いのか。今後検討です。 

JD RAZOR MS-205R-B ブラック

JD RAZOR MS-205R-B ブラック

 

子どもの時差ボケ 結局なってしまった

けっこう気にしていたのですが、けっきょく時差ボケになってしまいました。

 

行きは当初の予定通り「飛行機で寝起きして、現地の朝に到着、なるべく起きておいて、夜寝る」というのを実践できました。数日間は5時台くらいの早朝に娘が目を覚ましてしまい、親としては困りましたが、まぁ大きな問題ではありません。一日ちょっとだけ夜更かしすると見事ちょうどいい時間に調整できました。

 

問題は帰りで、「飛行機で寝起きして、日本の昼に到着、なるべく起きておいて、夜寝る」という予定だったのですが、日本に着いた日の明け方まで眠れず、寝不足のまま登園することになってしまいました。できれば一日休んで調整したかったのですが、いかんせん仕事が…。

 

到着時間を早朝にしていた方が調整しやすいのかも。行きは早朝着でしたし、うまくいっていた去年も確か早朝着でした。今回は13時着だったので、すぐに夜になってしまったせいかもしれません。

 

登園一日目は眠いはずなのになんと一日中起きていたらしく、家に帰ってご飯を食べ、お風呂に入ってからスイッチが切れたようにコトンと眠りました。しかし、翌日はなぜかまた深夜まで眠れず。朝は当然起きれませんが、調整していかないとけっきょく本人がつらいので、がんばって起きてもらいました。

 

可哀そうですがしばらくは様子見ながら体を慣らしていきたいと思います。

海外旅行でのレンタルWi-fiについてと、旅行の雑感

旅行から帰ってきました。まだ消化しきれていないので、自分の整理のためにしばらくは旅行の話を書きたいと思います。

私の旅行目的はだいたい建築で、海外旅行は90%くらい中央ヨーロッパです。フランスやスイスには友達もいるし、街の雰囲気も好きです。普段の人間関係から離れた、いちアジア人でしかない自分と向き合うことができるのも好き。

今回は後半疲れもあってあんまり動けていないのですが、昨年よりは娘が歩けました。子どもがいると本当に機動力が落ちる…。中でゆっくりできて、子どもも楽しいような建築物を見に行くのが効率的ですね。それと、夫氏が仕事でいない時が多かったので、それ以外の時間は夫氏に娘を任せて一人で見て回れば良かったです。美術館では娘が退屈するので抱っこで回らざるを得ず、しんどかった。化粧品も買いたいものがいくつかあったのに、けっきょく買えず仕舞いで残念でした。

 

というわけで、まずはレンタルWi-fiについて備忘録です。っていきなり実用篇かーい。

 

そう、前回の旅行からの反省なのですが、一番困ったことはネット環境でした。道に迷いそうな曲面でこそ使いたいのがWi-fiなのにそういう時はなくて、昨年は夜のベルリンの町で親子二人で遭難しかけました(大袈裟ですが感覚としてはマジ)。それ以来、娘は「あれ?道合ってるっけ」とか私が言い出すとものすごく不安になり、「ぐーぐるさんに聞いた方がいいんじゃないか」「いったん来た道を戻ろう、いいね?」などとアドバイスをくれるようになりました。泣。

 

フリーWi-fi、ホテルやAirBにはフリーWi-fiがあるので、スクショで行ける!と思ったんだけど、なんせ建物が全部同じデザインで道がぐちゃぐちゃなので、迷うんよね。一人ならウロウロ歩くのもまた一興ですが、子連れだと怖いです。やっぱり現在地が分かった方がいい。

 

Wi-fiルータとスマホとクレカを持っていれば安心してどこにでも行けるので、次回からもこれは必須かなーと思いました。

 

値段について。

12日間、周遊で2万くらいでした。グローバルWi-fiという会社。選んだ理由は、超大容量プランで一番安かったから。と言っても、どこも大して変わりませんでした。一日で1GB使えて、超えた分は速度が遅くなります。

で、実際に使った分はというと…

 

<ご利用実績>

2018年11月23日 463.72MB

2018年11月24日 481.44MB

2018年11月25日 120.79MB

2018年11月26日 1200.37MB

2018年11月27日 549.74MB

2018年11月28日 696.7MB

2018年11月29日 285.4MB

2018年11月30日 293.8MB

2018年12月01日 109.7MB

2018年12月02日 0MB

 

 

二人でメールを毎日チェックして、移動時間はネットサーフィンしていて(はてな見てた)こんな感じです。夫氏はネット通話も毎日のようにしていました。けっこうサクサク動きます。

一日だけ、何かファイルを送ったのか1GB超えていますが、他はほぼ500以下。プランはもう一つ下の「大容量プラン」でも良かったですね。なるべく容量を食わないようにするためには、Free-Wifiがあればそちらに切り替えること、アプリの更新や写真の自動アップロードを切っておくことなどです。

また、大容量のモバイルバッテリーも一応借りていたのですが、ほとんど使わなかったので、たぶん12日で15000円くらいに抑えられたと思います。電池がすぐ切れると聞いていたのですが、1日くらいは持ちましたよ。

 

ホテルに戻ったら海外対応の充電器経由で充電していました。

 

というわけで、海外旅行に欠かせないレンタルWi-fiの話でした。

モリーズ・ゲーム(2017年、アメリカ)

モリーズ・ゲーム(字幕版)

オリンピック選手で、ケガをきっかけに賭博師になっていく女性の実話を基にした映画。この方の自叙伝がアメリカでベストセラーになっていたらしく、アメリカではけっこう人気のあった映画みたい。主演はジェシカ・チャスティン。「強くて賢くセクシーな非武闘系の女性」といえばジェシカ・チャスティンになっている感じがする。

同じくチャスティン主演の「女神の見えざる手」にかなり似ている映画なのだけど、「女神の見えざる手」の方が面白い。モリーズ・ゲームはご都合主義的な展開が多くて実話なのに嘘くさいし、モリーの偽善的な感じがあまり好きになれなかった。打算的で常に勝ちに行く人物なのに、ちょくちょく人の良さをイメージさせるエピソードが出てくるのでちょっと乗れなかった。「女神の見えざる手」の、徹底的に勝利を追及する人間味のない人が、人間のことを誰より理解していたり、最後の最後に人間臭い一面を見せたりするほうが個人的には好き。

 

しかし、後の方になってがぜん好きになってしまった。

実は、最後に冒頭のシーンに戻る。ジャンプに失敗し、死んだように倒れた状態から、父親に声をかけられてなんとか立ち上がり歩き出す。ただそれだけなのだけど、なんとも良いシーン。ただ強い女性というだけでなく、どことなくいじらしいような、可愛いような気がしたのだった。

 

お勧めかというと、とても長いし微妙なところ。ジェシカ・チャスティンのこれ系(これ系でいいのか?)なら「女神の見えざる手」が抜群に面白いし、「ゼロダークサーティ」もいい。

子どもの時差ボケが心配すぎる

わたしはあんまりジェットラグで苦しまないほうなんですが、娘は未就学児なので心配です。特に8時間以上時差がある場合、どのタイミングで寝かせてどのタイミングで起こしておくかが難しいですよね。

 

うちの解決方法としては、

到着時間を現地時間の午前中にする

ということかなーと思っています。

 

機内ではなんだかんだで寝る時間が長いので、その感じで現地の夜につくと目がらんらんになります。昼間の早い時間につけば、「なんとなく眠いような気がするけどワクワク感もあって活動夜ぐっすり寝る」というのが可能なんです。

前回はこれで行って、到着日はボンヤリしていましたが起きていて、その日の夜にしっかり寝ました。翌日は普通に朝起きてリセット完了です。

 

とはいえ今年うまくいくかは不明ですし、いま鼻かぜからの中耳炎になっていて、飛行機で痛かったらどうしよう…と心配でなりません。

今日明日でしっかり体を休めて、いい状態で出発したいです。