読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

正月休みに観た映画(劇場以外)

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年、アメリカ)

ウルフ・オブ・ウォールストリート (字幕版)

アマゾン・プライムビデオで。スコセッシ監督作品、ディカプリオ主演。ひたすら下品さがさく裂している映画なんですが、もちろんそれだけではありません。ディカプリオが社員を奮い立たせるスピーチなどは驚くほどよくて、単純ではない最後の裏切りもしみじみとした後味が残りました。あと、最後の講演会に来ているポカンとした表情の観衆のパンチ力。彼らがカモにしていた人たちの姿は最後まで映らないのですが、こういう人たちだったんでしょうね~、キツい。出演者も魅力的でした。冒頭にちょっと出てくるだけなのに、最後まで存在感を放っていたマシュー・マコノヒー、この映画で有名になったマーゴット・ロビー、最後まで怪しげだった相棒ジョナ・ヒル。どっかで見たことあるな~と思ったら、マネーボールで数字の天才として出てきていました。有名なコメディアンなんですね。

 

おくりびと(2008年、日本)

映画「おくりびと」【TBSオンデマンド】

アマゾン・プライムビデオで。滝田洋二郎×小山薫堂。アカデミー外国映画賞を受賞しているということで見てみました。個人的にはもっとイレギュラーな感じの映画(どんな映画だ)の方が好きなんですが、白くて丸い石みたいな整然とした映画でしたな~。うんうん。死をテーマにしているだけに、生のほうこそが印象付けられる演出です。うっそうと緑が生い茂るなか、白子をあぶってちゅ~と吸って食べるシーンがむちゃくちゃ印象的。美味しいんだろうか。あと、文石(石を贈って気持ちを伝える)のエピソードがズル過ぎる!こんなん泣くやろ!

 

ペット(2016年、アメリカ)

ペット (吹替版)

DVDで。制作陣が私が知らない人ばっかりなのでノーマークだったのですが、「面白いらしい」という噂で見てみました。実際良くできていて、特にペットを飼っている人にはたまらない映画かも。私が一番好きだったのは、飼い主が夜帰宅して、ペットの方を抱きながら見るNYの夜景です。そこからNYのマンションの窓がばばっと映って、それぞれの住人にペットがいるという画に変わります。ああしてペットが心の支えになっているんだなあ、それに引き替え捨てる人たちときたら!と問題意識につながっていくのが教育的アニメ映画らしくて良いですね。ウサギのスノーボールは、もう完全にチャッキーでした。幼い頃チャッキーの映画を観てしまいかなりトラウマなので、この可愛らしいウサギが怖くて仕方なかったです…。

 

スーサイド・スクワッド(2016年、アメリカ)

スーサイド・スクワッド(吹替版)

DVDで。それなりに楽しみしていたのですが、B級映画みたいで予想外でした。悪を持って悪を制するはずが、悪同士で戦いだす(しかも映画内では大して悪くなくて、バットマンとか人間サイドの方がよほど嫌な奴に見える!)という…。「なぜ戦っているのか」「何が正しいのか」不明なので、とりあえず造形が素晴らしく可愛らしいハーレイ・クインあたりを応援しとくか…。という感じでした。マーゴットのおしりは良いおしり!マーゴットおっぱいならウルフ・オブ・ウォールストリートの方に軍配が上がりますが。一番楽しみにしていたジャレッド・レト演じるジョーカーは、死ぬほど尺が短くて悲しかったのですが、役に没入しすぎて共演者に動物の死体を送り付けただけあって良い存在感でした。とはいえ、自分には合わないようなので、DCモノはもう見るのやめようかな~。

 

プライムビデオに最近マイいちおし映画「リリーのすべて」がアップされていて驚きました!すばらしい。

リリーのすべて (字幕版)

 

重めですが「そこのみにて光り輝く」もよかったです。これもプライム。

そこのみにて光輝く 通常版DVD

 

ちょっと前だけど「フラガール」もいいよね。

フラガール

リベンジ:ピアノ・リサイタル(2016年、日本)

映画のタイトル風にしてみましたが、なんのことはなく3歳娘のピアノの発表会の話です^p^

前回は聴衆の前で突っ伏すという結果に終わりましたが、今回(昨年末)は無事、1曲弾いてお辞儀して帰ってきました。よくやったねえええ(T_T)

というのも、実は今回出番が3回もありまして。1回目は同じく嫌がり、なんとか弾いて逃げるように帰ってきてしまったのですが、2回目(連弾)はお友達のおかげで無事に弾き終え、3回目は完全にこなすことができました。自分より年下だったりする子供たちが立派にお辞儀できるのを見て、負けず嫌いの娘に火がついたようです。娘は、競争相手がいたほうが伸びるタイプみたい。

3回が終わって満足げな娘。おつかれさん。

f:id:glasstruct:20161217143831j:plain 


実は最近プールの習い事をやめてしまいました。本人が「やめたい」というので、貴重な土日に無理して連れて行くこともないかな、と思い。何か運動はさせたいし、本当はバレエがしたいそうなのですが、土日にやっている所が近くにないので断念。ピアノは好きで毎日やっているようなので、しばらくは続けてみます。

習い事は、日中もずっと子供の相手ができる人じゃないとなかなか難しいのかも。とはいえ、身の回りの共働き夫婦は習い事を3つも4つもしている子が多くて、できる人はできちゃうんだな…と、自分のキャパの小ささにガッカリします(=_=)子供がやりたがることくらい、やらせてあげたいんだけどなあ。

何にもしなかったお正月のこと

今年は年末年始に6日間お休みがあったのですが、人生で初めて「普通の休み」のように過ごしてみました。今までは親戚で集まったり、義実家に旅したり、実家で食べ過ぎたりしているうちに慌ただしく終わってしまうのがお正月であり、そういうものだと思っていたのですが、完全に自分のペースで過ごしてみるとこんな贅沢な休暇はないなと思いました。

 

なんせ全国でほぼ全員一斉に長期休暇を取っているという、日本では珍しい状態で、実は普段忙しそうな人に会える機会でもあるんです。海外にいる人、日頃忙しくて会えない人、気合入れて会いたい先輩や先生方など、結果的に元旦・2日を除いて27日から4日まで毎日来客がある状態に。小さい子どもがいるので家に人を呼ぶ方がラクで、毎日夫か私がパーティー料理を作りました。これだけ一度につくるとだいぶ慣れて、全く苦になりませんでした。年末なのでお歳暮やお土産にも助けられました。

 

色んな人とじっくり話ができて、改めてもっと勉強しなきゃなあと思ったり、仕事の仕方を見直したり。学生の時は何ということもなく、楽しく一緒に過ごしていた人が、アラサーになってぜんぜん別の環境で部下を抱えたり、所長になったりしているのを見るのは刺激的でワクワクしました。私も目標を持って精進していきたいなと思いましたとさ。ちゃんちゃん。

 

後輩が撮ってくれた我が家が無印過ぎる件

f:id:glasstruct:20170105143536j:plain

撮り方でこんなに変わるの?α7とか言うのを買えば私でもこうなるの?

 

人生で初めて初売りにも行ってみました。結論から言うと凡人にはお勧めできません、休憩もままならない人ごみに打ちのめされ、這う這うの体で帰りました。しかも戦利品はお皿一枚(定価)ときたもんだ。無念。

帰りには、これまた初めて正月に店で焼肉を食べました。なぜかと言うと開いている店がそこしかなかったからです。こちらは人が少なく大変良かったです。これからは正月は積極的に外食しようと思います。熟成肉の店なのに、展示されている熟成肉にビビって新鮮肉(っていうのかな?)を食べたのもいい思い出です。

 

年末にはまったもう一つのもの:それは「指原莉乃のさしごはん」。

#1

強面なのに盛り付けが新妻みたいにラブリーな板前さんに、ほとんどご飯をつくったことのないのに生意気な指原さんがビシバシ指導されるという変わった料理番組。手作り感満載の撮影・編集も味があります。九州ローカルの番組みたいですが、アマゾンプライムで一気見できます。

 

そんなわけで、全く締まりませんが、今年もどうぞよろしくお願いしますm(._.)m



アマゾンの商品価格の推移が分かるMONORATE

家のものを買う お勧めのウェブコンテンツ

アマゾンの「欲しいものリスト」を登録していると、「登録時の価格からどれだけ下がったか」が表示されます。当たり前だけど、値段ってけっこう推移するんですよね。かなり変わるものもあれば、全く動かないものも。変わりやすいものといえば、おもちゃとか輸入家電が多いかな。あまり変わらないのは、本、DVD、家具など。

f:id:glasstruct:20161227151825p:plain

 

そういえば、カカクコムだと市場価格の推移が分かるけど、アマゾンってそういうのないのかな~と探してみると、

ありました!名前はMONORATE。(他にもあるかもしれないけど、たまたまヒットしてまだ存続していたのがこれだった。)

モノレート | 商品のランキング・価格推移をお買い物や転売の前にチェック!

 

試しに、ずっと欲しいものリストに入れっぱなしの「ANOVA」を入れてみると…

f:id:glasstruct:20161227151745p:plain

けっこう下がってる!登録したとき3万5千円くらいで、最近2万しないくらいなのでかなり下がるな~、どこまで行くんだろうと思っていたのですが、このグラフを見るとまだ下がりそうです。

 

もう一つ、魚焼きグリルの「けむらん亭」を見てみると…

f:id:glasstruct:20161227151751p:plain

変化ほぼなし。これはいつ買っても良さそうですね。

 

数分置きの出品者数・最安値などが分かるグラフもあります。これを見ていると、話題になって出品者が増えて、値段が下がって…という流れが見えてきて面白いです。

f:id:glasstruct:20161227151757p:plain

 

庶民としてはどうせなら安い時に買いたいので、こういうツールも活用していきたいです。願わくばアマゾンに搭載してほしい機能ですね。

2016年のマイベスト映画

映画の感想文

今年はほとんど劇場に観に行けてないんですよね…。まだ観たいやつ、たくさんあります。時間が無い!

 

見た映画

今年も「これは素晴らしい!」という映画がたくさんありました。なんとなく公開順。

  1. ブリッジ・オブ・スパイ
  2. サウルの息子
  3. ザ・ウォーク
  4. オデッセイ
  5. キャロル
  6. 火の山のマリア
  7. 不屈の男 アンブロークン
  8. スティーブ・ジョブズ
  9. マネー・ショート 華麗なる大逆転
  10. ロブスター
  11. アーロと少年
  12. マジカル・ガール
  13. リリーのすべて
  14. ルーム
  15. ボーダーライン
  16. ちはやふる 下の句
  17. スポットライト 世紀のスクープ
  18. レヴェナント:蘇りし者
  19. アイアムアヒーロー
  20. マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
  21. エンド・オブ・キングダム
  22. ズートピア
  23. カルテル・ランド
  24. ヒメアノ~ル
  25. エクス・マキナ
  26. ブルックリン
  27. ファインディング・ドリー
  28. シン・ゴジラ
  29. 君の名は。
  30. この世界の片隅に

 

この中でマイベストは、何と言っても

この世界の片隅に

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

ですね。観たのが最近だったっていうのもあるんだけど。キャラクターの魅力的な内面世界が作品全体にいきわたっている、新しいタイプの戦争映画だと思いました。誰にでもおすすめしたい。 

 

その次は

リリーのすべて

リリーのすべて (字幕版)

かなー。世界で初めて性転換手術をした男性と、彼を支えた妻の話。アリシア・ヴィキャンデルの魅力に出会った作品でした。マイケル・ファスベンダーと付き合ってるらしいよ(*´∀`)キャー 

でも

ルーム

ルーム(吹替版)

も同じくらい感動的な作品でしたね。七年も監禁されていた女性と息子の、社会適応の話。こちらも主演のブリー・ラーソンが素晴らしかったなー。

感動と言えばこの2作品かもしれません。どちらも後半は涙が止まらなかったです( ;∀;)読後感がよく、割と誰にでもおすすめしたい映画かも。

 

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

も最高でした。

後日、これを観た友達(かわいい)と話していると「ゴジラがかわいそうだった」という感想で、えっそっちいくんだ!と。色んな見方があるので面白い。 


強烈な印象だったのは

マジカル・ガール

マジカル・ガール(字幕版)

ですね…。これは一生尾を引きそう。この割り切れない気持ちをどうしてくれよう!という感じの読後感でしたが、魅力がたくさんでした。 

一見、弱者にみえる女性が一筋縄ではいかない話つながりなら、

エクス・マキナ

エクス・マキナ (字幕版)

と、 

ブルックリン

ブルックリン 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

も面白かったですね。ファム・ファタールものというんでしょうか。「ブルックリン」はそこまでの意図はなかったにせよ、けっこう強烈な女主人公だと思いました。 

 

「特に周りにお勧めしないけど、無性に好き」なのは

火の山のマリア

火の山のマリア(字幕版)

でした。搾取されている原住民の話で、ある種可哀そうな映画と言えるんだけど、画がパワフルで生命力に満ち溢れている不思議な映画でした。お母さんとの入浴シーン、冒頭の花嫁の死んだ目など忘れられないシーンがたくさんあります。とても好きな映画だったなー。純水な「好き度」で言うと一番かもしれません。

 

ドキュメンタリーなのに予想外の展開が次々と起こる 

カルテル・ランド

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターンB カルテル・ランド 光沢プリント

も凄かったですね。メキシコの麻薬紛争関連映画では、フィクションなんかより抜群に面白いと思いました。 



一番楽しみにしていた「レヴェナント」がそれほど響かなくて、ノーマークだった邦画がいくつもお気に入りになりました。今年は自分の好きなタイプの邦画が豊作だったー!

 

みそびれ・みのがし映画

DVD待ち&見そびれ映画。いつも、なんか忘れてる気がする(・-・)

  • ヤクザと憲法
  • ドッグレッグス
  • ディストラクション・ベイビーズ
  • 神様メール
  • リップヴァンウィンクルの花嫁
  • デッド・プール
  • FAKE
  • 葛城事件
  • A2(A1もまだみれてない)
  • 日本で一番悪い奴ら
  • AMY
  • ハイ・ライズ
  • ジャニス:リトル・ガール・ブルー
  • 聲の形
  • 怒り
  • ハドソン川の奇跡
  • SCOOP!
  • 何者
  • エボリューション
  • マダム・フローレンス!夢見る二人
  • アイ・イン・ザ・スカイ
  • これが私の人生設計
  • ノーマ、世界を変える料理
  • エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に
  • ホドロフスキーの虹泥棒
  • グッバイ、サマー

「興味はあるけど、見ないことにしてる映画」もこの倍くらいあります。人生いくつあっても足りぬ。

 

ぜったいみる2017年以降公開作品

2017年は何と言っても、グザヴィエ・ドランの「たかが世界の終り」を見ないと!あと、「セッション」が素晴らしかったデミアン・チャゼルの「ラ・ラ・ランド」も見たい。マーティン・スコセッシの「沈黙―サイレンス―」もみなきゃ。エル・ファニングがモデルのドロドロ世界を演じる(らしい)「ネオン・デーモン」も衣装など気になるし、ラドクリフ君が死体を演じる(!?)「スイス・アーミーマン」は日本公開いつになるのかなー?「ヒックとドラゴン」は2018年に延期されたそうです…。来年の生きる希望が一つ、失われた(´・c_・`)ただ悲しい。

2016年に買ってよかったもの、安い順。

もう仕事おさめですね。今年も色々ありました。お買い物もしました。

というわけで今年買って良かったもの、安い順です。

 

~2000円 

ブランコ 

このブランコ、1000円(購入時価格)なんですが何の問題もなく使えて最高です。何より娘が喜びすぎて「%*&@×+!!!」みたいになっていて、それだけでプライスレスでした。サッパリしたデザインも好きです。耐荷重150キロ。天井に太すぎない、強度のある引っかけ部分が必要です。

 

絡まった細い毛もとけるブラシ 

ヘアケア商品の撮影現場でメイクさんが教えてくれたこのブラシ、娘の絡まりやすい細い髪を梳かす最終兵器として活用中です。娘はブラッシングを嫌がっていたのですが、コレのおかげで濡れていても嫌がらずに櫛が通せるようになりました。

 

~3000円 

ヨーグルトメーカー 

トプラン ヨーグルトファクトリーPREMIUM TKSM-016

トプラン ヨーグルトファクトリーPREMIUM TKSM-016

 

週2で使用中のヨーグルトメーカー。牛乳パックごと温めるやつなのでヨーグルトしか作れませんが、手間もかからないし我が家はこれでOK。継ぎ足しでヨーグルト密造中。ヨーグルトホントに買わなくなったなあ。 

関連記事:

 

コード有アイロン 

パナソニック 自動アイロン(ドライアイロン)   ブラック NI-A66-K

パナソニック 自動アイロン(ドライアイロン) ブラック NI-A66-K

 

今までコード無を使って不便だったので、アイロンがけライフが変わりました。見た目もよい。アイロンがけが楽しくなりました。 

関連記事:


~10,000円 

ミキサー 

Oster ミキサー シルバー 4090-J

Oster ミキサー シルバー 4090-J

 

毎日のスムージーづくりに。季節の葉物野菜を凍らせて、毎日バナナと自家製ヨーグルト、オリゴ糖で撹拌しています。家族のおなかトラブルが解消しました。ただ、根菜はなかなかスムーズに砕けないので、お金があればvitamixを買いたいです…。 

関連記事:

 

~20,000円

土台つきハンモック”Vivere”

これはけっこう前から欲しかったやつで、ずっと見てて値下げもないので思い切って買ってみました。

めちゃくちゃ気に入ってます。

1.大人が足を伸ばしても十分な広さで、数時間本を読んだりしても疲れない!

本読んだりiPadで映画見たり。6畳間を占拠するくらいには大きいので、室内で使うにはかなり広くないとすごく邪魔かと…。うちでは屋外で使っています。

2.浮遊感と包まれる感が心地よい!

なんだこれ、初めての感覚だ。気持ちがフリーになる。

3.夜空や青空を見ながら寝転ぶのが楽しい!

屋外で、しかも空が見える場合限定ですが。楽しいです。

4.子供がテンションあがる!

3歳の娘が喜んで乗ってます。「あれ?娘がいない」と思うとハンモックにはまっていることも。でかいブランコとしても遊べます。布が包んできて意外と落ちない。まあこれは娘がビビリであまり危険なことをしないというのもあるのかも。

5.見た目がよい!

見ずにこんな大きいものを買うのは勇気がいりましたが、届いてみると落ち着いたきれいな色合いで、生地に強度があり、支柱も高級感があったので安心しました。安全策を取って一番地味な色にしましたが、これなら派手なやつでも良かったかもな~。でも地味色はフローリングや緑にもなじむ万能色でしたよ。

 

耐荷重は200キロ。組み立ては女性一人で十分できる感じですが、分解は力がいるかも。分解後は専用のバッグがついていてコンパクトになり、車で運んでキャンプにも持って行けそうです。

 

靴下みたいなスニーカー

部署異動に伴って、今年はスニーカー出勤デビューしました。ラク過ぎてめまいが…。ハイヒールとはなんなのか、改めて考えさせられます。

このスニーカーは人生2足目です。ソールまで黒いものがあまりなかったのと、シンプルで細い形が店頭でも目立っていたので即決でした。スニーカーなのにモードっぽい!

履いてみると、履き口が異常に狭いのとつくり自体小さいのとで、かなり小さめに感じます。普段の1センチも上のサイズを買いました。素足でトレーニングしているゴルフ選手をヒントに開発されたそうで、靴下で室内を歩いているような履き心地が最高。

 

定価で買いましたが、今ナイキの公式HPを見るとちょっと割引で普通に買えるのでショックです…。ただ、試着は絶対した方が良いかと思います。

 

島田ゆかさんの絵本

バムとケロのさむいあさ

バムとケロのさむいあさ

 

毎月2,3冊、絵本を買っているのですが、いままでで一番娘が気に入っていて毎日読んだのが「バムとケロ」シリーズなどの島田ゆかさんの絵本です。世界観の作り込み、余白、余韻のあるセリフなど全てが良くて、三歳の娘もハマっています。もう10年以上新作が出ていないようで残念です(。´Д⊂)  全部買っても10冊もないので、プレゼントにもおすすめ。

 

~40,000円

米袋みたいなリュック

夫の仕事の必需品であるリュック、コレは形がすっきりしていてきれいなので前から目をつけていました。生地もファスナーもはっ水になっているし、デザインがすっきりしているのに背中部分はクッションがあるのも機能的でいい感じ。

f:id:glasstruct:20161226141945p:plain

f:id:glasstruct:20161226142022p:plain

上部の止め部分は米袋のようなディテール。コレがかわいいと思ったんだけど、これのせいでA3が入らず、開閉が慣れないと面倒くさいらしく、サイドのジッパー部分は狭いので不便です。改善求む。

私も仕事かばん、コレ系にしようかな…。重いレザーのハンドバッグを持ち歩くのがバカらしくなってきました。 

 

~120,000円

ソファベンチセット

ソファベンチ | 無印良品ネットストア

f:id:glasstruct:20161205105904p:plain

ソファがもう一台欲しかったので、無印のソファベンチセットを買ってみました。前から店舗で見て欲しいと思ってたんですよね。

あまりないデザインが気に入ってるし、固めのすわり心地も好み。

うちは部屋の角に置いてますが、方向性が無いので部屋の真ん中に置いても良い感じ。もともと成田空港のためにデザインされたベンチなので、こういうデザインになっているようです。

すっかり娘のお気に入りスペース。白いテーブルは娘専用のお絵かきスペースになりました。

f:id:glasstruct:20161202145815j:plain

卵(おもちゃ)を握って行き倒れてる娘

 

来年もいい出会いがありますように。

 

2015年の:

glasstruct.hatenablog.com

 

 

家について考え過ぎて妄想が止まらない

何でもないこと 考え事

家の内装をどうにかしたくて、今年中に引っ越し!と意気込んでいたのですが、色々検討したあげくトーンダウンしています。来年も引き続き今の家に住んでいそう。

主に下記の理由でして、要は「お金がいくらあっても足りない」ということにつきます。

  • 賃貸で気に入る物件がない。
  • マンションをリノベするにも、天井高やサッシなど限界がある。
  • 一軒家を建てようにも、自分が住みたい場所の土地は高い。出物もない。

どこかからお金落ちてこないかなーポトッと。コウノトリが口にくわえて、うちのバルコニーに、こうさああ(T▽T)(落ち着け)

 

しかし、住宅って考えうる限り最もお金のかかる趣味ですね。わたしは車も時計もファッションもお金をかけていないし、お金のかかる趣味もないけど、最も好きなことが「家・インテリア」なんです。よくある「家を買うべきか、賃貸か?」という議論で私が足りないと思っているのが、「単純にモノとして家を愛する気持ち」だと思います。自分にとっての家の価値は、資産価値とか、とりあえず住めるという機能じゃないんですよね。空間や内装の手触りを愛しているんです。だから合理的な判断ができていないし、好きなようにしたら破産しそう。

 

家をどうにかした過ぎて、週2で「理想の家を建てる夢」を見ています。大体2パターンで、一つは「メゾネットで床をぶち抜いてもいい物件を買い、マンションなのになんか魅力的なリノベをする。もちろん眺望も素晴らしい。」みたいなのと、もう一つは「都心のビルの屋上みたいなところに一軒家を建てていいことになる。」みたいなの。なんじゃそりゃ。書いてて笑ってしまいました(T▽T)昨日は、「土地探しを始めるが、コレじゃない土地ばかりでガッカリする」という妙にリアルな夢でした。


以前も書いた気がするのですが、建設費と不動産価格の高騰、家余りが顕在化していくこと、市場の土地が増えていくタイミング等を考えると、あと数年住宅購入は控えた方が良さそう。


とはいっても、もう数年この妄想を熟成させたら私が妖怪になってしまいそうです!そしてモンスタークライアントへ…なんと恐ろしい( ;∀;)ガクガク