MENU

2017年公開映画振り返り

2017年公開映画の備忘録です。

 

見たやつ(好き順)

  1. 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(字幕版)

「わたしはこういう映画が見たかった」2017年賞受賞(なんだそれ)。抑えた冒頭の雰囲気と謎の交流、破壊、車のメモ、全部良かった。大したことが起こらない、妙にエグい設定がないのに面白いのが素晴らしい。英題は「破壊」だそう。どっちも良い題。

  1. たかが世界の終わり

【映画パンフレット】  たかが世界の終わり 監督 グザヴィエ・ドラン キャスト ギャスパー・ウリエル、ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール

グザヴィエ・ドランが好きなので。独特の映像美と、いつもの変な登場人物たち。音楽と映像の一見ミスマッチな感じ。おばあちゃん家感と演歌感。全部よい。サントラも最高。ただ、「わたしはロランス」「トムアットザファーム」などは越えなかったなー。

  1. ネオン・デーモン

ネオン・デーモン(字幕版)

分かりづらくグロテスクで人気ないだろうけど、誰が何と言おうと私の好きな映画だった。

  1. 太陽の下で 真実の北朝鮮

太陽の下で -真実の北朝鮮- [DVD]

ドキュメンタリー。メインに喜び組の少女を持ってきてるのずるすぎる。芝居がかった日々を送る北朝鮮の人々が空恐ろしい。

  1. ムーンライト

ムーンライト スタンダード・エディション [DVD]

絶対にNOと言えない題材、スノッブな映像、希望のあるラストで「これが嫌いな人っているのだろうか」という映画。オシャレ社会派映画という新ジャンル。かつラブストーリー。っょぃ。

  1. ラビング 愛という名前のふたり

ラビング 愛という名前のふたり [DVD]

静かだがしみじみとした味わいのある映画。ゆるぎない夫婦愛。ルース・ネッガが非常におしゃれ。

  1. ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ(字幕版)

映画の面白さが詰まっている作品。監督メルギブソンはすごい。ただ、「実際の映像」は蛇足だと思う。

  1. LION/ライオン~25年目のただいま~

LION /ライオン 25年目のただいま(字幕版)

「スラムドッグミリオネア」のデイヴパテルが大きくなって、少し似た映画に出ているというだけで満点。すっかりイケメンマッチョになりやがって…( ^ω^)いやいや、デイヴがいなくても普通にむちゃくちゃいい映画。そういえば、これも「実際の映像」が蛇足なパターンだった。

  1. ダンケルク

ダンケルク(字幕版)

ドキュメンタリーのように一人一人に憑依しながら進むような形が非常に好みで、新しいタイプの戦争映画だと思った。ただ、BGMが残念。うるさすぎると思う。

  1. SING/シング

SING/シング【通常版】(吹替版)

主婦バーレスクで泣いた。豚さんに泣かされた。

  1. モアナと伝説の海

モアナと伝説の海 (吹替版)

一人でちびっこに混ざって号泣しながら見た記憶が。王道なよい話。

  1. ショコラ 君がいて、僕がいる

ポスター/スチール 写真 A4 パターン2 ショコラ 君がいて、僕がいる (写真に白枠あり)光沢プリント

あまり救われないストーリーだけど好きな映画だった。これに関しては「実際の映像」が重要な役割を持っているように感じる。主役二人の関係性が端的に伝わる。身体表現ってすごい。

  1. マンチェスター・バイ・ザ・シー

マンチェスター・バイ・ザ・シー (字幕版)

これはかなり好きな方の映画なんだけど、どうしても主人公のリーが許せなくて、好きになれなくて微妙な順位に。娘がいる身としてはなんとも恐ろしい映画であったー。

  1. お嬢さん

お嬢さん(字幕版)

搾取されていた少女の解放シーンが一生忘れないくらい良かった。ただ設定は引くくらいエグい。

  1. 哭声/コクソン

哭声/コクソン(字幕版)

ホラー苦手なのに見ちゃった。でもこれ、すごく面白い。韓国の宗教観って面白そう。

  1. ベイビー・ドライバー

ベイビー・ドライバー (字幕版)

後半無理やりいろいろ起こったりいい話になったりするのが個人的には蛇足だった。ケヴィンステイシー、嘘くさすぎる。音楽と車のシーンはとてもよかった。せっかくなので車で爆走しながら死ぬラストがよかった(絶対無理なオーダー)

  1. 人魚姫

人魚姫(字幕版)

ベタなんだけど最高。

  1. ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 Blu-ray

佳作だが、共感しづらい上に地味でけっこう眠かった。ブラックスワンのような死にそうな演技が終始続くのでつらい。

  1. 沈黙―サイレンス―

沈黙-サイレンス- [DVD]

超大作。ただ、演出が鬱陶しく感じてしまい本の方がいいやと思った。踏み絵後のフライイング土下座はないだろー。

  1. キングコング:髑髏島の巨神

キングコング:髑髏島の巨神(吹替版)

若いのに超優秀な監督だった。監督のオタクぶりもよかった。個人的に興味がないジャンルなのに割と楽しめた。

  1. スノーデン

スノーデン(字幕版)

好き嫌いは関係ない映画だけど、難しい話を適度にエンタメにしていて面白く見られた。

  1. ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド(字幕版)

何がいいのかわからんと思ってたけど、時間が経ってみるとライトなミュージカル映画ってあんまりないし楽しいじゃんと思ったりもした(小並感)

  1. ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴースト・イン・ザ・シェル (吹替版)

ゲイシャ殺人ロボとか街並みに変なイリュージョンが浮かんでるのとか超楽しい。ビジュアルがいちいち最高。

  1. 猿の惑星:聖戦記

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (字幕版)

ごめん、シーザーの生真面目顔&正義感がだんだん鬱陶しくなってきてしまった…。いや、よくできてるなーと思いつつもですが…。

  1. 愚行録

愚行録

設定がえぐすぎた。映像や役者さんはめっちゃいい。冒頭シーンは白眉。

  1. 三度目の殺人

三度目の殺人【映画ノベライズ】 (宝島社文庫)

いちいち思わせぶりすぎて好みじゃなかった。役所さんの演技が個人的には濃すぎる。もっと朴訥な変人がよかった。時折ドローンを使った素晴らしいシーンが入る。広瀬すずちゃんが死ぬほどかわいい。

  1. ザ・マミー/呪われた砂漠の王女

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(吹替版)

ゾンビ好きなのでチェックしたが、ゾンビは出てこず痛恨のミス。呪われたアマネットがかわいかったような気がする。キングスマンに出ていたソフィア・ブテラ。かわいい。瞳孔が2重になるのもいい。トムクルーズがかっこいい役なのはもういいかなーと思った(小並感)

 

見たいけど見そびれたやつ

  1. なりゆきな魂
  2. ディストピア
  3. 汚れたミルク あるセールスマンの告発
  4. サラエヴォの銃声
  5. T2
  6. メッセージ
  7. ライフ
  8. パターソン
  9. オラファー・エリアソン 視覚と知覚
  10. ドリーム
  11. 散歩する侵略者
  12. スイス・アーミーマン
  13. 禅と骨
  14. 彼女がその名を知らない鳥たち
  15. 女神の見えざる手
  16. ソニータ
  17. ノクターナル・アニマルズ
  18. パーソナルショッパー
  19. 全員死刑
  20. ゲット・アウト

 

今年もうまいこと時間を作れず見そびれた映画多数。家の鑑賞環境を整えるしかない。

ルーブル・アブダビへのおもひ(Louvre Abu Dhabi)

飛行機のトランジットで初めてアブダビというアラブ首長国連邦の都市に寄ったのですが、時間が短すぎて空港から一歩も出られませんでした。さてアブダビに何があるか?というと、そう…


Official Louvre Abu Dhabi Time-Lapse 2009 - 2017

ジャン・ヌーヴェル設計のルーブル・アブダビ。しかも11月11日に開館したばかり!あ゛――――いきたかった―――――(TOT)

 

既に機内のアブダビ紹介ビデオにもメインコンテンツとして紹介されており、悔しさをかみしめていました…。せっかくなら時間つくって行けばよかった。ここに寄る機会なんてそうそうないのにー!

 

もうGooglemapも更新されているという熱の入り様

 

上から見ても美しい。屋根が巨大なので、海に浮いているように見えるそうですよ。

 

この美術館はコンぺではないみたい。パリのアラブ世界研究所からのつながりなんでしょうか。

アラブ世界研究所は行ったことあります。特徴的な表層だけでなく内部の仕切りにも金属が加工されたスキンを使っていて、その重なりが光を一層魅力的に透過させていました。光の量によって開閉するという装置はほとんど壊れて固まったままでしたが、調べると1987年の建物だったんですね。けっこう古い!

Institut du monde Arabe

Paris, L'Institut du Monde Arabe, Jean Nouvel

 

 

アブダビの街並みは空から見ても特殊で、興味をそそられました。正方形に区切られた広い土地の真ん中に建物が並び、広い道路にとりわけ明るいオレンジのライトが煌々とついていました。都市によって土地と建物と道路の関係って全く違うけど、夜に上空から見ると一層はっきりわかる気がします。

 

しかし本当に事前に建築情報を持って旅に出ないとソンですねー。以前バーゼルまで行ったのに疲れてヴィトラに行くのを断念したことがあるのですが、今回ヴィトラに行ってみて、バーゼル中心からあまりに近いので拍子抜けしました。車で15分というところです。建築の美術館みたいな感じで愉快な場所でした。バーゼルにお立ち寄りの際は、ぜひ。

Vitra Design Museum by Frank Gehry

Vitra Haus

液体の機内持ち込みはあんまりピリピリしなくてもいい  

 

連日旅行の話ですみません。

 

今日は「液体の機内持ち込み」の話です。

これってなぜ始まったかというと10年前の「イギリス航空機爆破テロ未遂事件」からなんだとか。液体を使った爆発物が計画されていたそうで、その影響で当時飛行機の手荷物検査はめちゃくちゃ液体に厳しくて、手持ちのコーヒーなども容赦なく捨てられる対象になっていました。特にロンドンは手荷物検査があまりに厳しいので長蛇の列になり、2時間前についたのにギリギリ間に合わなかったことがありましたね(遠い目)。

 

翻って現在どうかというと、かなり楽になっています。

検査の精度が上がったのかもしれませんが、液体を一つのバッグに入れてスキャンしてもらえばOKだし、水やコーヒーを片手に来てしまってもちゃんと別途チェックして通してくれました。ベビーフードや子供用の飲み物に関しては100mlを超えてもOKと航空会社のHPにも書いてあったりします。実際、子供が持っているとあまり確認されなかったりしました。慌てて飲んだり、捨てたりする前に聞いた方が良いです。

 

けっきょく10年前から現在まで液体を使ったテロ事件はないみたいなので、このままゆるくなっていく方向なのかもしれませんね。

 

液体の機内持ち込みは、あまりピリピリしなくても良いという話でした。

 

 

幼児連れ海外旅行にtrunkiは神!子供用ヘッドホンも必須だった

先日紹介していた子供用「乗れるスーツケース」trunkiですが、数週間の海外旅行でむちゃくちゃ活用できまして本当にあってよかったのでまたしつこく紹介します! 

 

「スーツケースが自立心を育てるなんてそんなバカな」「重くて荷物になったらどうしよう(1.5キロ)」などと思っていましたが心配無用でしたし、4歳児が自分で運んで自分で管理することができました。

何気に便利だったのが「乗用利用」。子供が乗ったまま親が引っ張って運べるというものですが、旅行中長く歩く時に超便利でした。あれが全部抱っこだったと考えると、機動力が半減していたかも。

ちなみにうちは4歳ですが、感覚的には3歳から小学校低学年くらいまでなら使えるかと。乗ると足が着くので乗用利用は5歳が限界かな。

これが壊れてももう一回買ってもいいくらい気に入りました^O^

 

デコる

通販で注文して、二日後に届きました。

開けてみるとシールや手帳などのグッズも入っています。自分好みにデコれることは、子供の所有欲を刺激してとても良いのだと思います。その日は気に入って一緒に寝ていました。さらに「ママ、高いのにトランク買ってくれてありがとう」とけなげなことを言われました(^^;)貧乏ですまんのう。

138/365 Trunki is hiding

名前も付けてました。最初は「トラ子」だったと思うのですが、旅行中に「トントン」になり「ころふわ」になり今は「クンクン」らしい。なんだ適当か。

 

パッキングしてみる

真冬装備でしたが、子供の3日分の荷物と身の回り品は余裕で入りました。持って行ったのは衣服、歯磨きセット、機内グッズ、おもちゃ、飲食品、薬くらいです。

最初は親が詰めてあげましたが、次第に自分できれいにパッキングできるようになりました。「自分のものを自分で持てる分だけ管理する」ということができて、それだけでもとても良かったです。

いちおう鍵がかけられるようになっていますが、簡素なものなので貴重品はNGです。

 

運ぶ

最初は子供に運べるか心配でしたが、エスカレーターでも付属のひもを引っ張りながらうまくやってました。ただコーナリングが難しく通行人がいるところは気を付ける必要あり。娘は大人の真似が好きなので、「スーツケースを運んでいる自分」が誇らしかったのかも。普段は荷物が重くなってくると親に持ってもらいたがるのに、trunkiは割と頑張って運んでいました。

Trunki on the Go!

空港など床がツルツルなところはもちろんですが、ヨーロッパの石畳でも意外と運べましたよ。

引っ張る以外にも取っ手で持つことも、ひもを付け替えて斜め掛けすることも可能です。

 

機内持ち込み

子供の椅子くらいの高さで、機内の足元に置いてちょうどいいくらい。機内持ち込み制限は一番少ない所で7キロまでだったので、パンパンに詰めてもどこの飛行機でも機内持ち込みできました。

ちなみに、前回紹介していた子供用ヘッドホンも大活躍でした。機内でもらえるヘッドホンは子供には使いづらいのですが、このヘッドホンはぴったり。着用感も良くて娘のお気に入りでした。アニメを見せておけるとだいぶ楽。これが無かったら機内15時間はキビシイです。 

 

乗る・座る

ちょっとコツが必要ですが、子供を乗せて親が運ぶことができます。そのままだと足が着くんだけど娘は器用に浮かせて乗ってました。次第に自分で床の凹凸を避けたり、方向転換したりできるように。かなりプロってるー!笑

空港内はもちろん、旅行中に長く歩くときに乗せて運ぶのがすごくラクでした。

At the airport, riding on trunki

また、待ち時間に座らせておくのも便利です。

Ella rides her Trunki

関係ないのですが、これに子供を乗せて運んでいると”so cute”とどこでも大人気でした 笑 どこで買えるのか聞かれたりも。意外ですが、東京が一番無関心でした。また、欧州で人気商品だと思っていたのに一度も同朋を見かけなくて残念。

 

改善したい点

基本的には大満足ですが、改善したい点は「タイヤ」と「足置き」でしょうか。タイヤがプラスチックでゴリゴリとうるさいので、ベビーカーについているようなゴム製のタイヤがいいな。また地面に足が着いてしまうので、オリジナル鞍をつくろうかと思っている所です。やり過ぎか。

最後に、大人が持つとけっこう恥ずかしい見た目なので、できればグレーが良かったのですが、日本では取り扱いが無く残念でした。

 

ビックリしたのは、家について娘がおもむろに愛車の拭き掃除を始めたことです。大事に使えて偉かったね!

f:id:glasstruct:20171125154616j:plain

 

数週間酷使してだいぶボロボロになりましたが、今後も使いたいです。

 

(トランキ)trunki ライドオン・トランキ/ローズピンク

(トランキ)trunki ライドオン・トランキ/ローズピンク

 

 

 

「機内持ち込み」のみで過ごす海外旅行

私は普段から荷物が少ない方なのですが、海外旅行でも身軽にしたいと思って「機内持ち込みできる量」を基準にパッキングしてみました。機内持ち込みできる量というのは小型のスーツケースひとつ分(3辺の合計が100~120センチ程度)、重さは7~10キロくらいです。航空会社によって違います。

 

「機内持ち込みのみ」の利点

単純に身軽ということです。今回の旅行は数週間で旅行先での移動も長距離だったので、いちいち大きなスーツケースを持ち歩くのが面倒でした。会う人会う人に「荷物すくなっ!」と言われました。

 

その他の利点は、

1.荷物受取の時間が省ける

2.ロストバゲージの心配が無い

など。身内にロストバゲージで戻ってこなかった人がいるので心配していました。たとえ戻ってきたり、保険でカバーできたりしても、時間を取られるのが本当に嫌で…。面倒くさがりなんです。

復路は荷物が増えがちなので、お土産とかすぐに必要でないものは家に郵送してもいいかなと思います。

手荷物だけだとチケットが安くなる場合、預けるより郵送した方が安いことがあります。スーツケースだと梱包せずに送れますし。旅行先での移動にLCCを多用したので荷物が少なくてかなり楽でしたし、安く上がりました。

 

 

持ち物リスト

基本、安いものと手に入りやすいものを持ち歩かないようにした方が良いかなと思います。安くても、服や薬などごく個人的なものやこだわりのあるものは持って行った方が無難ですが。

 

SS これが無いとムリ

  • パスポート
  • クレジットカード

クレカは複数社。アメックスは使えないところがありました。

上記があれば、最悪どうにでもなる気がする。

あとは、旅行保険などですかね。

 

A あってほしい

  • 航空券系

最近は画像データ対応が多くて、今回もほぼ画像で行けました。

  • 現地通貨

正直ほぼ使わなくて、割り勘の時くらい。手数料がかかるのであまりいらない気がします。とはいえなんとなく1万くらい持ってました。その昔はトラベラーズチェックとかあったなー。懐かしい。

  • スマホ、タブレット

アホなことにwifi使えるようにしてなかったので夫のを借りまくりました。地図に航空券、メールと必ず使うし、wifiも方々で使えます。カメラが面倒だったので写真もほぼこれで撮りました。無きゃ無いで生きてはいけるけど、あると断然便利な存在。

  • 変圧器
  • マルチプラグ(世界のコンセントに対応できるやつ)
  • トリプルタップ(いわゆるたこ足配線)

上記は無印で買った10年選手。スマホやPC、カメラの充電ができなければただの荷物。変圧器は多くの電子機器で不要らしいんだけど、一つ一つ調べるのが面倒でとりあえず変圧してました。トリプルタップは忘れがちですが重要です。当たり前だけど売っていないので。

  • 洗面用具や化粧品

せっかくなので現地のものを使ってみるのも面白いと思います。ただ、いつでも手に入るわけではなく、合う合わないがあるので好き好きですかねー。機内持ち込みだと、100ml以下の容器に小分けにし、縦横40センチ以下の袋にまとめる必要があります。これはジップロック中サイズにあたります。ちなみに歯磨き粉やマスカラも液体扱いらしいので、小さいのを準備しておく必要があります。

  • 防寒着

色々準備するとかさばるので、撥水加工の首まで隠れるひざ丈のダウン一つ。内ポケットにパスポートとクレカを入れておけるし、暑い時は腰に巻いておけばいいし、掛布団にもなるし、雨が降ればフードを被れば良いしで完璧でした。マフラーは最後まで迷いましたが持って行かず、正解でした。

  • 3日分の着替え

何日分にするか悩ましいところだけど、着ていく分+2日で回せる印象。旅先の洗濯しやすさは重要。洗濯乾燥機が無くても、近くにコインランドリーがあるとか。家族連れだったので、いつものようにほぼ毎日洗濯してました。薄くて暖かく、乾きやすくシワになりにくいものが良いですね。アウトドアブランドとか便利そうです。

  • よそ行きの服

ZARAのドレスを持って行ったんだけど、場所を取らずシワにもならずで最の高でした。

  • 機内用の枕

コレも無印で買った10年選手。無いとけっこう厳しいです。空港にも売ってますが。空気を入れるやつがかさばらず良いです。

  • ビーチサンダルかスリッパ

これ、忘れました。無いと困る!西ヨーロッパは室内も土足なので、ホテル内で困ることに。機内でも欲しかったです 泣 しかもどこにも売っていない。

  • むくみ取りの靴下

個人的な必須品です…。旅行中、疲れているときに履いて寝ると楽だし、機内では必ず履いてました。

  • 私の場合、メガネとコンタクト

無いと死ぬ。買うのもハードルが高い。SSに入れてもいいくらいですね。

  • 私の場合、現地の人へのお土産

色んな人に会いに行ったので、お土産だけで大変だな…と思いほとんど現地のちょっと離れた場所などで買ったのですが、やっぱりちゃんと日本で準備していけばよかったなーと思いました。

 

B 現地で調達しよう

常備薬があるなら別ですが、現地でも十分調達できるのでいらなかったなあと。場所取らないから保険で持っておくのはアリだと思います。子供用はあったほうがいいような気がしますが。

  • 洗剤やごみ袋などの日用品

普通に買えるのでいらないでしょう。洗剤のニオイが合わなかったけど、それも旅愁ということで。

  • タオル

ある所に泊まり、なければ買う。安いし手に入りやすいです。

  • 飲食物

緑茶が絶必とかならしょうがないですが、せっかくなので現地のものを食べると楽しいです。帰った時の和食も美味しいかも。

 

 

暑い季節なら、防寒着の代わりにウエストポーチ的なものがあるといいかもですね。海外では貴重品はバックパックや肩掛けだと個人的に不安なので、服の下に入るバッグを使っています。今回はほぼ使わず、あげくウエストポーチをホテルに忘れるという失態をおかしました…。後日郵送してもらえて無傷でしたが、自分にガッカリ。



鑑賞者に降りてくる「安藤忠雄展」

安藤忠雄―挑発する箱 (日本の建築家 (6))

単独の建築家の展覧会としては類を見ないほど大規模な「安藤忠雄展」。新国立で12月半ばまで開催ということで、見てきました。想像以上に力の入った展覧会でした。

原寸大のモックアップ(と言っても普通にコンクリート打ってる!)や、6帖くらいある巨大模型などももちろんすごいんだけれど、本人による直接の書き込みや施主寄せ書きなど手作り感あるコンテンツもあって、建築業界らしい難解さがない、親しみやすい展覧会でした。動員数が多いのも頷けるなー。

 

まず、音声案内が安藤忠雄さん本人です。お馴染みのダミ声の関西弁で愉快な気持ちに。娘は「おじいちゃんと電話する!」と言ってずっと聞いていました 笑

初期の住居エリアには施主のコメントが書いてあるのが特徴的。一部手書きだったりして、いい味になっていました。みんな一様に「寒い」「修行」と書いているのが…笑 それに対して安藤さんも「服をもう一枚着なはれ」みたいなことを言っているという 笑 冒頭から笑わせてきます。こんなに住居作品が多いのも知りませんでした。一連の作品があっての「住吉」だったんですね。

 

続いて、事務所ビルやいくつか中規模の商業施設などを挟んで、「光の教会」の原寸大モックアップです。模型っていうか、普通に新築してる 笑 そして、さりげなく念願の「ガラス窓なし」を実現しているという 笑 (さっきから「笑」ばかりですが、基本にやけながら見てしまう感じでした 笑)娘は十字架のスリットに挟まってご満悦でした(^^;)やめたまえ。

 

屋外のモックアップから戻ると宗教施設やウェディングホール・教会などのコーナーがあって、あの大仏が埋まっている建物などもあります。宗教系の作品、多いんだなー。うまくやれたらかなりおいしい仕事ですね。予算が大きいし、自由度も高そう。

 

これ以降は大型のプロジェクトが大部屋に点在しています。たまたま数日前に通り過ぎたばかりの、パリのブルス・ド・コメルス改修の大型模型もありました。完成は2019年だそうです。またパリに行かねば。

 

直島の一連のプロジェクトは、なんと島全体を表現した模型で再現。でかすぎて笑う。個室にまとめられていて、改めて重要な作品群だったのだなーと思いました。せっかくなので南瓜やSANAAのターミナルなども再現してほしい(それ、もはや観光用模型!)安藤さん「こんな島、誰も来ませんよ」福武さん「なんて情けないことを言うんだ」などのやり取りも紹介されていました。神々の会話か。今じゃ世界のデザインツーリズム拠点ですからね…。恐るべし。娘とベネッセホテル「オーバル」を指さして「あのホテルにいつか泊まるんだからね」と誓い合いました。子どもは10歳からなんです。

 

出口付近は環境問題への取り組みなどが紹介されていました。

 

安藤忠雄さんが好きならもちろん、建築ファン以外でも楽しめる展覧会なのでは。個人的には、安藤さん作品自体そこまで興味深く見れないのと展示手法がオーセンティックなのとであまりグッと来なかったのですが、普段こういうところに連れ回されて無言の娘がとても楽しそうだったので行って良かったです。これってけっこうスゴイことですよね。

 

土日は激混みらしいですが、金曜の閉館間近に行ったところゆったり見られましたよ。金曜は20時までなので、ぜひ。

幼児の機内グッズ(trunkiとか子供用ヘッドホンとか)

子連れで長距離フライトの予定があるのですが、密室に4歳時とほぼ一日とか、恐怖しかないっす。

ちょっとでも不安を解消するために、子供用の機内グッズをいろいろ見て買ってみました。

 

1.空港で

空港内って意外と長く歩くので、ベビーカーでも欲しい所なんですがさすがに4歳だし…。スーツケース用の荷台に子供を乗せたり、スーツケースに子供乗せを搭載していたりするのもよく見ますね。

でも、一人で歩いて欲しいなー。


色々調べてみたところ、trunkiという子供用のスーツケース兼乗り物が良さそうだったので買ってみました。5千円くらい。

なんでも「子供の自立心を育てる」そうです。ホントに?


スーツケースを閉めると、車のついた頑丈な箱(乗用っていうんですかね)になるっていう商品。娘は未だに乗用ラブなので、これは喜んで空港内を移動してくれるのでは?自分の物を自分で運んでくれるのも期待してます。

trunki 三合一騎坐式小型行李箱,打開後的樣子@Bloom & Grow 寵愛媽咪母親節聚會

引っ張って使うことも可能です。子どもを乗せて、親が引っ張るのも可能。

Kids are loving their #Trunki at PVD. Travel win. #TDAD

At the airport, riding on trunki 

あと、カワイイ。写真だけでたいそう気に入ってました。

Trunki land


 

2.機内で

ネックはここですよね~。

 

とりあえず、航空会社に

・前の座席がない独立した連続シートを依頼(出入りの心配など)

・ネットが使えるか確認(動画視聴用)

・子供用の機内食を依頼

しまして、

 

こちらとしては

・スマホとipadにアニメとアプリをダウンロード

・子供用ヘッドホン購入(2千円くらい。機内のはサイズが合わないらしい。)

・折り紙と粘土とドリルなどを準備

しました。

 

酔い止め(睡眠薬代わり)や子供用ピローなどの話もあったけど、そこまでしなくてもいいかなー。

 

当日はラク~な服を着せとこう。スリッパとか。

あとは、耳抜き用にジュースとか?

 

ううむ、不安だわ。