MENU

バーフバリ 王の凱旋(2017、インド)

 

バーフバリ2 王の凱旋(字幕版)

個人的に信頼している映画感想ブロガーさんがこぞって絶賛していたので、これは見なければと思って借りてみました。

しかしながら、私には合わず…。本当に面白くなかった。

色々考えた結果、下記3点が合わなくて好きになれなかったのかもと思いました。

 

1.王道ストーリーテリング

「貴種漂流譚」というんでしょうか。本当は高貴な存在だった主人公が、追い出され、長じて復讐を成し遂げる話。この大筋ストーリー部分だけでなく、全てが良い意味で超王道な展開なので、先が読めすぎて楽しめなかった。あと、「血筋で高貴」というのも基本嫌い(知らんがな)。

編集の都合か変なタイミングでブチブチ切れるのですが、架空のワールドマップなどを使いながら親切に説明してくれて全く迷子になりませんでした。話はめちゃくちゃ分かりやすいです。これは良いことなのかもしれないけど…。

 

2.トンデモCG

始終わけの分からない神話的状況が生まれていくんですが、それをあまり気負うことなく「CGでっせ」という感じで見せていくスタイル。リアリティ方向では全くないので、いきなり歌いながら船ごと空を舞いあがったり、ダンゴムシ状の塊になって人が飛んで行ったりします。

これがね、なんだがバカバカしくて。いや、「映画だしオモロイやん」みたいなのも分かる、分かるし、別にドキュメンタリーばっかり見ているわけではないんです。でも、ここまで、もはやコメディみたいになっちゃうと、話の方にも真剣になれなかった。

例えば、悪者のお兄さんが乗っている「敵味方関係なくざく切りにしていく極悪ルンバ的何か」、相当悪趣味なのに笑えてしまうというのが心底嫌だった。グロいのも嫌いではないですが、コメディタッチのライトなグロは生理的に無理。冷たい熱帯魚みたいな、「恐怖の先におかしみを感じてしまう」のはむしろ好きなんですが…。

 

3.バーフバリさん

バーフバリさんが完璧超人過ぎてキャラクターとして好きになれなかった。これはひねくれものの考え方ですよね。いとも簡単にみんなに愛されちゃう所が新興宗教じみていて気味悪かった。

悪者のお兄さんの方が、ずるがしこくて、異常に強くて好きでした。ていうか、年取ってから息子との闘いの時に強くなってない?鍛えた?

 

そんな感じです。マッドマックス怒りのデスロードはハマりまくって何度も見たというのに、ちょっと似た雰囲気のあるこちらはなんだか全然ハマらず、人間て不思議だなと思いました…。

 

以降、好きだった要素。

 

シヴァ神になるバーフバリのお母さんが怒りで目を見開いているシーンの数々がむちゃくちゃインドの神様っぽくて好きでした。これだよこれ!っていう。女性が全般的に男性と同等もしくはそれ以上の存在感があって、人格があるところが素敵でした。バーフバリの奥さんになる人なんて、超怖いからね。強い男というよりは、強い人間たちのお話なんだな。というか、強い神々のお話だ。

帆船のデザインがだいぶ気持ち悪い。クリスタルでできた望遠鏡は超かっこいい。これって本当にあったんだろうか。全体的にデザインがごってごてで見れば見るほどなんかしてあるのが興味深い。曼荼羅みたい。

主題歌っぽいバーフバリを称える歌が「イーさん!ブタさん!」って言ってるみたいで面白かった(なんだそれ)。

~メイク動画で学ぶ、英単語~

メイク動画を見すぎて、ぼんやりしていると英語のメイク用語が脳内を流れるようになりました。完全に中毒です。

 

せっかくなので、この使い道のない知識をここに記しておきたいと思います。書いていたら死ぬほど長くなったのですが、メイクの英単語が知りたいという時に相当べんりよ!(ほとんど需要無さそう)

 

ベース篇

まずは化粧下地(primer)です。だいたい毛穴を消す(poreless / blur pores)か保湿力がある(moisturizing)か、皮膚を光らせる(glow / glass skin / dewy)とかの話になります。あとはべたべたする(tacky)とか。べたべたと言っても、下地なので悪い意味では出て来ませんが。ちなみに下地までの工程自体をprepということがあります。"I already preped my skin"とか。

ほんでファンデ。ツールは圧倒的に水スポンジ(beauty blender)が多いです。カバー力(full coverage)と、やはり肌を光らせる話か、逆にマットだけど乾燥しない(mat finish without drying out the skin)とか、そういう話に。パサつきが気になるとdry patchが出るとか出ないとか言います。仕上がりが良いと完璧な肌(flawless skin)、若い肌(youthful skin)などの表現も。

ほんでコンシーラー。メイク動画でコンシーラーを使わないものはほぼ存在しないので、いつかは使ってみたいアイテムです。コンシーラーは絶対セットで「シワになる、よれる(creasing)」という話が出て来ます。で、それを無くすためにこれまた絶対に出てくるのがお粉(特にコンシーラー後につけるのはsetting powderという言い方になる)。粉をつける=set the concealerということになっています。アメリカ系の濃い化粧でしか見ないのですが、「ベイキング(baking)」という、大量に粉をはたいておいて、化粧が終わった後に落とすという独自の手法もあります。粉はとにかく重要らしい。

ちなみに、ファンデ系だとやはり海外でもイエベ・ブルベみたいな話がよく出てきて、あちらだと黒人と白人の違いもあるので4象限あります。色の濃さだけだとtoneで、darkからpale / fairまで。日本で言うイエベ・ブルベみたいなのはunder toneで、warm / neutral / coolという感じです。たまに赤っぽい(reddish)とかオレンジっぽい(orangy)とかも出てくるけど、ありゃどういうことなんだい。日本で言うイエローがwarm、ブルーがcool。私は「色白はブルベ」みたいな雑なイメージを持っていたので、黒人でもブルベがあったりするのは新鮮でした。そして、イエベだと思っていた自分がブルベ寄りのニュートラルだということも発見しました。ブルベ=透明感というわけでもないらしい。透明感は「血の巡りの良さ」らしいですよ。勉強になる。そういえば、海外動画で透明感を重視している印象があまりないですね。透明感てなんだ?clarity?とにかく、全く出てこない。

 

眉毛篇

眉毛大事なんですよね。日本だとちょちょいと描いて終わりというイメージですが、アメリカに限らずヨーロッパ系でも、眉は縁取り(framing)だとか言ってけっこう重視している印象があります。でも「独特だなぁ」というような専門用語はほとんどありません。しいて言えば、いい意味で「ふさふさした眉(bushy)」という言葉が使われていることくらいかも。

また、眉山の直下にハイライトを仕込んだり、眉の周りをコンシーラーで縁取って眉を際立たせたりなどの手法も良く見ます。どんだけ際立たせたいのだ。

 

陰影篇

手塚治虫の漫画タイトルみたいになってしまいました。ブロンザーその他の顔の造形を際立たせる部分です。ブロンザーは顔色を健康(healthy glow)にする、日焼けを偽造する(sun kissed)など。

シャドウはコントゥア(contour)ですね。って腹痛が痛いみたいになってますけど。

チークは「高いところに塗る(apply to the apple of my cheek)」などの言い方が独特かなと思います。

ほんでハイライト。ハイライト!メイク動画ではこの上なく重要なイベントみたいになっている気がします。輝きの種類にはいくつか言い方があるかも。金属的な(metallic)、パール(pearly)、水艶(juicy / yummy)、あとは普通にabsolutely gorgeousとかintenseとかeye-openingとかmind-blowingとか"boom!"とか。ハイライトの表現はみんな盛り上がって最上級表現を叫びがちなので楽しいです。これら全部日本語で書いても「すごいや」みたいな感じになる(語彙力~!)。

 

アイメイク篇

楽しいところに来ましたね!アイメイク楽しいよね!見る分には!自分でやろうとするとうまくいかないので、適当なんですよね…。まぁいいか。

まずは目用の下地(eye primer)なんてものが普通に出てくるのですごいと思うのですが、そこからアイメイクを「組み立てる(build)」という独特の表現がされるのが興味深いところ。簡単に言うと薄い色からスタートして、次第に濃い色にしていくということです。

まずは「少し際立たせるために(just for definition)」眼窩の淵(crease)のところから薄い色を塗り始めます。このクリースという言い方が本当によく出てくる!コンシーラーがよれるときのcreaseと同じ言葉だけど意味は違うよ。日本人には、この眼窩の骨が出るほど奥目の人はあまりいないせいなのか、眼窩の淵スタートではなく、まつ毛のキワスタートでグラデーションにもっていくイメージがあります。

ブラシついてはふさふさ(fluffy)か固め(dense)か。尖っている(pencil brush)や斜めにカットされている(angled brush)のも頻出です。

色の名前はなぜかshadesということが多くて、これはよく分かりません。Fifty shades of grayみたいな映画もあったし、shade自体に色合いという意味が含まれているのかも。「this shadow goes with 10 shades(このアイシャドウは10色あって)」みたいな言い方をします。発色はpigmentです。発色がいい(pigmented)とか。

塗り方はクルクル(circular motion)かパッパッ(wiping motion)なんですがもうこの話が終わらないような気がしてきたので省略しますね。

あとは…目頭(inner corner)、アイラインの跳ね上げ(wing)、目の粘膜(water line)とかですかね。ぼかす(blur harsh lines)、ぼかされたシャドウ(smoky)、コンシーラーでクリースの内側を塗りつぶす(cut crease)なども頻出ワードです。これをやると一気にアートみたいなメイクになるのが面白いです。

まつ毛は、ダマがある(clumpy)とかつけまつげ(falsey)とかかな。つけまつげがズバリ「偽物」という言い方がされているのは面白い気がしました。ここでもふさふさ( featherly)という言い方が使われます。

 

アイメイク篇長いな!やっぱり化粧といえばアイメイクなんかな。アイメイクはたくさん粉落ちするので、ファンデの前にやることもあるみたいです。

 

リップ篇

もう最後か…。寂しくなってきましたね。しかもリップメイクってほとんど独特な言い回しがないっていうね。ちょっと変わっているのは、リップにもコントゥアリングの考え方があるということ。口の下にシャドウを入れてコントゥアしたり、口の淵を濃い色で囲んだり、グラデーションにしたり(ombre. なんでgradationじゃなくてフランス語なのか不明。Gradationって使ってるの聞いたことない)、プランパー(plumper)で膨らませたり。

 

最後はセッティングスプレーを神の恩恵のように振りかけて完了!モーフィーのがいいらしいよ!いつかは買ってみたいなモーフィーのセッティングスプレー。

 

以上、最近学んだメイク動画の頻出英単語でした~。

なんだこれ。

眉毛づくりにはヘアワックスが良さそう

最近「1本1本毛流れのしっかり見える眉」に憧れて、こういう仕上がりの眉頭を目指しているのですが、

f:id:glasstruct:20190128145609p:plain

普通の眉ジェルだとすぐにペタンとなってしまい、なかなかうまくいかない…。

 

どこかで「眉ジェルは小さい容器に入ったヘアジェルでしかない」と聞いたので(その割に高い)、

ふと思いついて髪が短い時に使っていた固めのワックスをつけてみました。手の甲に薄く乗せて、眉毛用のスクリューブラシに取って塗ります。

すると、眉頭が立ち上がるほか、小さい毛束がまとめられてしっかり毛流れが見えるようになりました。

固めのワックスだと一日中崩れないのも良い所です。

 

もともと眉毛がもさもさなので特に描き足さず、アナスタシアの眉マスカラで色を乗せて終わりです。

 

しっかり眉毛を立ち上げられるというBrowBo!の眉ジェルが欲しいのですが、セフォラで買い物するのが面倒くさくて…。余計なものもたくさん買ってしまいそうやし。

家にあるもので代用できて良かったです。

 

それにしてもミュゼの広告の子、天然であの感じなんだろうなー。眉頭の毛がもともと立ちあがっているってすごい。長谷川潤さんもそういうイメージ。

レディ・バード(2018年、アメリカ)  

 

レディ・バード (字幕版)

これは絶対好きそうなやつ!と思ってみてみたんだけど、思ったより面白くなかった。

家族を離れ、地元を出たいこじらせ系女子である「レディ・バード」が母親と対決しながら、最終的には自立していく話。

これ、母親がひどすぎない?レディ・バードちゃんが可哀そうすぎてちょっと嫌でした。何のために地元に引き留めているのか、最後までよく分かりません。しかも、レディ・バードちゃんはけっこう素直ないい子供なんですよね。母親に健康的に反発している、それほど痛いわけでもない女の子だと思いました。なんせシアーシャ・ローナンは素直でかわいい子の象徴みたいな存在感です。

母親の魅力がもっとあったらよかったのにと思いました。

 

他は、すごく普通の女子の成長を描いていると思いました。クラスのイケてる嫌なヤツ役でティモシー・シャラメが出てくるのは笑ったし、ジョナ・ヒルの妹だという親友もいい味を出していたような気がする。ゲイの男の子とひと悶着あった挙句、最後に彼自体を認めてあげる流れはかなり好きでした。

アリ―/スター誕生(2018年、アメリカ)

【早期購入特典あり】アリー/スター誕生 サウンドトラック(オリジナル・クリアファイル付)

「ボヘミアン・ラプソディ」と同じ時間帯にあっていて、どちらを見るか相当悩んだのですが、こちらの方が人気無さそうだったので公開終了を恐れてこちらにしました。結果的には正解だったかも。

 

これは過去何回も作られている演歌みたいなストーリーらしいです。過去作は一つも見たことがありませんが、売れない女優を落ち目の人気男優が引き上げて、最終的には女優がスターになり、男優の方は自殺するという流れは変わらないみたいです。

今回は主演がレディ・ガガなので、売れない歌手と、単独でコンサート会場を埋められるくらいのベテラン男性歌手という組み合わせでした。

 

この歌手をブラッドリー・クーパーが演じているのですが、主演はむしろこちらなのでは?というくらいブラッドリー目線の進行になっています。自分が監督しているからというのもあるかもしれないのですが、この作品でのブラッドリー・クーパーはかなり魅力的でした。「これはグレるだろ…」というようなどうしようもない過去と、難聴と、新しい音楽への違和感と…と生きづらさのオンパレードの中で、薬と酒に依存して死にそうになりながら歌っている姿がわずか10~100㎝くらいの超近距離で切り取られます。

そこに彗星みたいにレディ・ガガが降ってくるので、めちゃくちゃ眩しい。この映画に出てくるブラッドリー・クーパーは、逆光だったりして基本的に眩しそうな顔をしています。

 

一方でレディ・ガガの人物像はちょっとフワフワしているというか、よく分からない人物という印象を受けました。元々のソウルフルな弾き語りから変わって、ポップな歌とダンスをつけられる(しかもダンスが下手という設定)のを受け入れてみたり、それを否定されて切れたり、最後は最初に戻ったように元の髪色に戻して歌い上げたり…と、ポップを否定したいのか、周りに合わせてコロコロ変わる人物像なのか分からない感じでした。夫に対しても、愛情は感じるけれどどうしていいかわからない、最後は正直負担に思っている(でも明言はしない)、というような印象を受けました。

こういう可変的な態度というのが、周りを吸収しながらのし上がっていく女性像「スター誕生」なのかなー。分からん。

 

いずれにせよ、映画序盤のワクワク感はとても良かったし、最後の別れのシーンは感動的。何より、奇行が先にイメージされるレディ・ガガ驚くべき歌唱力や、今回のために書き下ろしたというオリジナルの曲の数々等、純粋に音楽映画としても非常に楽しめました。ブラッドリー・クーパーも相当頑張ったらしいです。最初のシーンはブラッドリー・クーパーのライブなのですが、普通に歌手が出てきたのかと思いましたよ。

 

他のスター誕生も面白いみたいなので、ぜひ見てみたいなと思いました。

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2018年、アメリカ)

 

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ

アメリカのパキスタン系コメディアンが白人の女の子と付き合うけれど、厳格な家族には反対されて…という話。実話なんだとか。

本人が演じている主人公も、ゾーイ・カザン演じる白人の女の子エミリーもリアルな存在感で可愛らしい。プロフィールを見てびっくりしたのだけど、ゾーイ・カザンはなんと35歳らしい。劇中では大学生にしか見えない。しかも、夫ではないものの長年交際して一児をもうけているパートナーは「スイス・アーミーマン」のポール・ダノらしい。これは関係ないか。

 

たびたび登場するコメディアン達のパフォーマンスはびっくりするくらい面白くなかったのだけど、シュールで気まずい日常会話はクスリと笑えるシーンもあり、わだかまりが解けていく様子が丁寧に積み上げられている。

キリキリしたお母さんが、娘が回復したとたん機嫌のいい付き合いやすい女性に変わったのも「あるある」だと思った。クメイルが「移動させるな」と必死に言った結果、娘が助かったということもあって、クメイルの評価が一瞬で振り切れたことも表現していたと思う。あんなに毛嫌いしていたクメイルなのに、舞台で彼がヤジられている姿にカッとなり、ヤジった観客に怒鳴り散らすシーンはかなり好きだった。ヒステリックだけど非常に好感の持てる人物で、リアルな厚みのある女性だった。

論理的で落ち着いているように見えるけれど、日常会話がどことなくロボットと話しているようなちぐはぐさのある父親も「あるある」だった。というか、これまさかうちの父親では…?

この夫婦像、よく出来すぎだわ。

 

こんな調子でどの人物も記号的にではなくリアルな人として浮かび上がってくるので、割と地味な話なんだけどしみじみとした良い後味が残る。

 

ラストは映画臭すぎてどうかと思ったのだけど、まぁそこはハリウッド映画。どんなリアルな映画であっても、ひとさじのアンリアルがいい味を出すのだ。(なんだこのオチ)

 

こういうシュールでクスリと笑える家族像だと「ありがとう、トニ・エルドマン」を超えるものはないと思っていたのだけど、(ちなみにいまアマゾンプライムで見られる!)

【映画パンフレット】 ありがとう、トニ・エルドマン 監督 マーレン・アーデ キャスト ペーター・シモニスチェク サンドラ・フラー

ビッグ・シックを見た後だと色々と演出過剰なような気もしてきた。でもまぁ、あちらはあちらで愛すべきヨーロッパ映画。やはりトニ・エルドマンは最高。

バターブロンザーは良いブロンザー(physicians formula marumaru butter bronzer)

 

Physicians Formula, Butter Bronzer, Light Bronzer, 0.38 oz (11 g)

Physicians Formula, Butter Bronzer, Light Bronzer, 0.38 oz (11 g) - iHerb.com

Iherbから届いたのでさっそく使ってます。

粉っぽさと油っぽさのバランスが絶妙で乗せやすいし、ツヤ感も自然だし、色もいい感じだしで「なるほどこれが人気のブロンザーか…」と納得しました。色は結構黄色くて、赤茶系のエトヴォスの方が私には合ってるかなーと思いますが、気分で使い分けられる程度の問題。

 

テクスチャー:◎

本当にバターみたいなクリームみたいな触り心地。なんだけど、そこはやはり固形のパウダーで、ファンデを溶かしたり崩したりすることなく自然に乗ります。

あとね、冬は寒風をしばらく浴びていると肌がキューっと乾燥して固くなっていく感じがあったのですが、これをつけているとその部分が乾燥しないの!パウダーは保湿にも使えたのかと、目からうろこの出来事でした。パウダーって水分がほぼないので、逆に乾燥に強く保湿力があるってことなんだね。アワーグラスの粉は保湿に良いらしいのですが、効き目があるんだろうな。今度かってみよ。

 

色:〇

4色展開で、買ったのはlightという一番淡い色。アメリカの製品だし、本当は通常色の方が良いのでは?と思ったんですが、一番売れているのがlightなんですよね。なので何となくこれにしました。

これが大正解。私は普通の肌の濃さ(アンダートーンは知らんがブルベ寄りニュートラルな気がしている)なのですが、このブロンザーはほとんど肌になじむと思いきや、塗ってみるとしっかり主張しています。パール感のせいかな?重ねるとそれなりに陰影を作ることができます。

ほぼ金色のエトヴォスに比べると、色は黄色すぎないベージュという感じです。顔色がパッと明るく見えるエトヴォスと比べると、こっちは本当に日焼けっぽい感じ。気分によって使い分けています。

 

持ち◎

エトヴォスよりも持ちがいいんよね。夕方になるとブロンザーつけたっけ?ってなっていたのですが、フィジシャンズ・フォーミュラのはちゃんと残ってます。すばらしい。

 

におい×

ごめん、けっこう苦手だわ…。ココナッツ臭がします。しかも3時間くらい臭い続けるので、我慢してる。いい匂いと言えなくもないけど、無臭が好きな人にはツライかも。娘は「ままおかおがくさい」って言ってました…。

 

というわけで、けっこう気に入りました。たっぷり入って鏡もブラシついて1500円くらいなのでかなりお買い得だと思います。鏡とブラシは使わんけど。付けるのにはエコツールズのブロンザー用ブラシを使っています。

 

 

Iherbで他に買ったものについては、

フィジシャンズ・フォーミュラのポイントメイク落としが、なんと荒れませんでした!でも問題が…メイクが落ちない!ただのオイルの方が落ちるってどういうこと。まぁ良いけど。

せっかく買ったので、普段はオイルで落とし、たまにフィジシャンズ・フォーミュラで全顔落とすみたいな運用を続けてみたいと思います。よく分からないけど…。

 

エルフのリップライナーについては、3ドルだしこんなもんかなと思うのだけどパサつきが気になってあまりキレイじゃなかった。しっかりベースを塗っておけばいいんだけど、今度は落ちやすくなるしで使い方には工夫が要ります。リップをオーバーラインに作りこみたかったので、それができただけで良しとしています。