MENU

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2017年、アメリカ)

KUBO/クボ 二本の弦の秘密 [DVD]

わたしにはあまり面白くなかった。

このようななめらかな映像をストップモーションで作るのは大変だったろうと思う。実際とてつもない時間がかかっているようだ。ただ、映像が滑らかで背景がCGっぽだけに、人物の紙人形っぽいカサカサした質感や色の暗さが対比的で不気味。月から来た双子の姉妹がむちゃくちゃ怖い。暗い中からぞわぞわぞわ…っと忍び寄る感じは、まさに日本のホラーといった趣き。娘の感想が「怖い」しか言っていなかったので後悔した…。

 

ストーリーは定番と言っていい感じだったと思う。

ラストは月の帝が記憶をなくし、村人が良い記憶を埋め込ませることでなんとなく共生していけるようにするのだが、娘は「なんでおじいちゃんが悪いことをしたのに、いい人だというウソを言われたのか」というのが分からなかったらしい。私もうまく説明できない。「許す」「転生する」というテーマもあったのだろうけど、心が狭い大人なので、目を奪われ、村を焼かれ、父母と村人を殺されて、ノータイムで許すというのがしんどかった。本気なの…?と思ってしまった。記憶を無くそうが、改心しようが、こんなお爺さんと一緒に住むのは絶対に嫌だ。

 

冒頭の紙細工が宙を舞うシーンはよかった。暗い森に囲まれた小さい村の質感も良かった。紙でできた小さい侍はかわいかったし、猿とカブトムシのやり取りも心温まる。カブトムシパパがモンスターズインクにでも出て来そうなキャラクターなのには笑ってしまった。あんな父ちゃん、昔の日本にいないだろう。

スリー・ビルボード(2018年、アメリカ・イギリス)

スリー・ビルボード (字幕版)

想像とかなり違ったけど、だんだん引き込まれる濃い人間ドラマが魅力的。ネタバレしない方が良さそうな映画。以下ネタバレアリの感想です。

 

最初は、娘を殺されたお母さんが警察やレイプ犯などの社会悪と戦う物語なのかとボンヤリ思っていた。大筋はその通りなのだけど、まあ全然違う。まず、このお母さんが想像の10倍は暴力的なのにびっくり。自分を嘲笑する相手に容赦なく、子どもだろうが女性だろうが何倍にもして返す。挙句、娘には別れ際に「レイプされたらいいわ!」と言っていたことが判明しドン引き。そもそも娘は反抗期のパンキッシュな娘であり、もちろんレイプ犯は最低なのだけど、娘が一人夜道を歩くことになった経緯も同情できるとは言えない。息子は気弱で何もしないし、元夫は短気な暴力夫だし、冒頭でこの人が一番悪いのか?と思われた警察署所長は末期がんなのに周りを思いやる良い人。そうはいってもこの人は悪い人だろうと思われた暴力警官は、ウィットに富んだ母を大事にしており、救えないほどおバカで、所長を本気で崇拝し、ゲイであることを秘密にしている…などなど、なんだか憎めない。

悪人と善人が一人の人間の中に存在することをこれでもかと描いていて、不思議と引き込まれる。「人は変われる」ということも、説得力を持って描けていたと思う。

小男(GOTのティリオン!)や、元夫の若い恋人が芯の強さや知性の輝きを見せるシーンもとても良い。

人間愛がちりばめられた味わい深い作品だった。

『家事!育児!世界の危機!』インクレディブル・ファミリー(2018年、アメリカ)  

 

インクレディブル・ファミリー (ディズニーアニメ小説版)

5歳の娘は最近もっぱらアニメにはまっており、2時間くらいなら集中して観れるようになってきたので、一緒に映画館に行くことにしました。

タイミングと題材的にちょうど良さそうなのが「インクレディブル・ファミリー」だったので、カップルシートでホットドッグなどをつまみながら。いつもは一人でベストポジションに座り込み、かじりついてみているので、このような「カウチポテト方式」は新鮮でした。娘は楽しそうだったし、デートネタが増えて良かったです。

 

本作は日本向けのキャッチコピーが「家事!育児!世界の危機!」となっており、ターゲット層は狭いのですがメインターゲットにはかなり刺さりそう。アメリカではファインディング・ドリーを凌ぐ立ち上がりだったそうですが、日本ではどうなのでしょう。子ども、少ないからなあ。最大の問題は、ターゲット層が忙しすぎて映画を見る暇がないところかもしれません。

 

イラスティガールが世界を救いに行っている間、ミスター・インクレディブルが家事育児に励むという内容で、我が家でも夫氏が半年育休を取っていたためジンとしました。何もできない焦り、おいて行かれている感、そして昼夜問わず手間がかかりまくる赤ちゃん。ましてや、インクレディブル・ファミリーの子どもたちはスーパーパワーを持っているのです。前作でパワーに目覚めたばかりの赤ちゃん「ジャック・ジャック」が暴走し、ミスター・インクレディブルは寝不足に…。この赤ちゃんが最強にして最恐なのですが、特に悪を成敗することはなくもっぱら家族に面倒をかける係として活躍していました。次回作に期待!

おそらく中学生くらいの長女ちゃんの恋の話や、小学生男子である長男君の算数の宿題を見てあげるのが難しい話などあるあるネタ満載でした。宿題、見てあげるの難しいよね…。老眼をこすりながら頑張るミスター・インクレディブルなのでした。

 

アクション重視であまり人間性は掘り下げない感じなので、感動大作というわけではありませんでしたが、子どもと楽しく見る分にはよいのでは。

 

光が点滅する演出があるということで、日本向けには光量を押さえているそうです。娘は特に問題なさそうでした。「KUBO」ほどではないのですが怖い演出はそれなりにあって、その間は目をつむっていました。。

カメラを止めるな!(2018年、日本)

【映画パンフレット】カメラを止めるな! ONE CUT OF THE DEAD

すごく面白かった!でも、ネタバレしない方がいい作品なので、少しでも見る可能性のある方はここでお帰りください。。

 

 

 

 

 

この映画は

  1. めちゃめちゃテンポの悪いB級ゾンビ映画
  2. そのゾンビ映画を撮ることになった背景
  3. しょぼいゾンビ映画再演(制作側目線)

という3部構成のようになっていて、①では帰りたくなり、②で「ほうほう?そう来たか?」なぜか上から目線になり、③ではずっと爆笑、からの涙腺崩壊。こんな気持ちの揺れ方をする映画は今までありませんでした。会場でずっと笑いが起こっていた経験も今までなく、その一体感も面白かったです。コントのライブみたいな感じでもあるのですが、面白おかしいだけではなく、父娘の泣けるエピソードあり、映画愛ありで、最後の方はナゾの涙がダラダラ出続けました。

 

なんで泣けるのか。父子エピソードはもちろん泣けたのだけど、今まで見てきた映画すべてに対する謎の感謝が沸き起こり、全ての映画よ、がんばれ!という気分になったのです。ワンカットでゾンビもの・生放送というのが相当ハードル高いとしても、基本的に映画を撮るのってこんなに大変なのね…と気づきました。生意気な若手役者やあれもこれもできないというアイドル役者へのいら立ちも面白く、最後は全員が一体となる感じも非常にベタなんですが熱くなってしまいました。

もともと、映画の制作風景の特典映像とか大好きなんです。監督やそれぞれの制作側のインタビューも好きです。その作品ができた背景とか、監督の思想、興行的な思惑なども味わうと映画は何度でもおいしい。

 

非常に低予算でこのように楽しめる脚本を作れるのはすごいの一言なのだけど、とりわけ感じたのは、観察眼の鋭さ。「ああ、こういう人いるいる!」というような人物の、ちょっとしたしぐさやセリフまで細かく練りこまれているので、後半のリアリティーにもつながったと思います。

バリー・シール アメリカをはめた男(2017年、アメリカ)

バリー・シール/アメリカをはめた男 (2017) (字幕版)

「『ウルフ・オブ・ウォールストリート』みたいなもんだろう」という雑なイメージにより何となく見ていなかったのですが、アマゾン・プライムに入っていたので見てみました。

確かにテーマは近いのだけど、トム・クルーズ演じる主人公はもっとライトな、言ってしまえばあまり考えていないように見えるただの冒険好きであり、一方で家族のことを大切にする普通のパパでもあるので、読後感はだいぶ違いました。「アメリカをはめた」なんていうことはほぼなくて、飛行機の操縦がうまいばかりに、CIAやホワイトハウス、麻薬カルテルなどに良いように操られているだけ。本人に主体性や策略はないので、たまったお金はどうしていいか分からず庭に埋めてしまったりし、ことが発覚すると全部没収されてしまいます。

最後はなんとか家族だけでも生きていけて、殺されないようにするハリーにぐっとくる…というわけでもなく、なんでこんなになるまで「はめられて」しまったんだという呆れの方が先に立ちました。妻役のまっすぐで愛情深い感じは好きでしたが…。

一生懸命残していたビデオメッセージも、意図がよく分からなかったな。何かアメリカのやったことを暴露するメッセージが含まれていたのかというと、そうでもないようでした。お話的には可哀そうなのだけど、トム・クルーズが軽くて楽しくてイケメンなせいかあまり可哀そうに見えない感じです。モーテルでの最後の日々は悲壮感なさすぎでした。

RAW少女のめざめ(2017年、フランス)

RAW 少女のめざめ(字幕版)

話題になっていたので見てみました。

私はグロい映画が平気なほうだとおもっていたのですが、これはもう全然ダメでした…。主人公がウサギの肝臓を生で食べさせられて、じんましんになるエピソードがあり、肌をボリボリ掻き崩すシーンがつらすぎました。むかしアトピーの重症患者だったことがあり、それを思い出してしまったのでした。しばらく夢にも出ましたね…。

このシーン以外にも、全体的に音やビジュアルで拡張された「末梢神経的にきっついシーン」のオンパレードでして、試写で気絶する人がいたというのもあり得る話だと思った次第です。人が死ぬ映画よりも、こうやって小さい傷を執拗に見せる映画の方がしんどいですね。

 

ストーリーはけっこうシンプルなもので、荒唐無稽なのも「何かの比喩なんだろう」と思えば普通に飲み込める感じです。なんだろう…男好き過ぎる遺伝の女性たちもがき…みたいなもん…?(違うか)

それよりも最悪だと思ったのはフランスの大学の異常な新入生しごきで、監督はよっぽど大学でつらい目に遭ったのだろうなと思ったのでした~。子供にフランスの大学だけは行かせまい。

デトロイト(2017年、アメリカ)

デトロイト(字幕版)

1967年に起こったデトロイト暴動で、3人の黒人青年が無抵抗で射殺された出来事を描いた映画。キャサリン・ビグロー監督作品。

個人的なビグロー監督のイメージは

・社会派

・ずっと緊張が続くので非常に疲れる

・基本的には悪を描くのだけど、悪い側を100%悪く描かない。善側の悪いところも積極的に描く。

・後味が悪い

みたいなイメージがあり、ほぼ100%上記のイメージ通りの作品でした。しんどいけど、こういう社会的な映画も見とかななー的な…。

 

密室で白人警官に虐待される黒人青年たちのシーンが1時間くらい続くので、もう今すぐに逃げ出したい気持ちに。誰もがそのような制作側の意図通りの反応になるのではないでしょうかー。映画自体2時間半くらいで長いのですが、体感的には「ずっと密室で虐待される映画」という感じでした。

 

好きだった点は

・特に前半のドキュメンタリーっぽい映像

少し荒めの映像やゆらゆら動く画面。固有の人物にあまり焦点が絞られない状態から、次第に登場人物が浮かび上がっていき、彼らの物語を追う…という構成がかっこよかったです。デトロイト暴動までの経緯を説明するイラストも好きでした。センスが最高。

・歌

ゼロダークサーティなどと違うのは、実際に巻き込まれたという歌手が重要なパートを担って、すさんだ映画の世界観に美しい歌を乗せてくれたことです。最後に讃美歌を歌い目線を上げるシーンは素晴らしかった。

 

また、好きというのは違うけど

・ウィル・ポールターのキモさ

虐待刑事役。彼にははらわたが煮えくり返るほど腹が立ったので、ヴィラン(でいいのか?)として完璧だったということだと思います。もうこれ以降彼を純粋な目で見られない…。刑事役は3人とも役割やキャラクターが分かれていて嫌いだけど抜群の存在感がありました。嫌いだけど。

 

お勧めかというとちょっと分からないですが、迫害されていた黒人の気持ちが痛いほどわかったし、おもちゃの銃の行方が分からないことや、最初の青年はあっさり殺したのにそれ以降は慎重になった理由が分からなかったことなどから、勝手に脚色してつじつまを合わせたりしなかったんだろうなと思い好感を持ったりなどしました。