MENU

愚行録(2017年、日本)

愚行録

好きな映画評論家の方が面白いと言っていたので見てみた。この映画は小出惠介の不祥事の影響で公開がかなり制限されたようだ。作中の小出はけっこうヒドイ男なので、今となっては役柄がオーバーラップされてしまう。


特権階級と、それに囚われ愚行をおかす人たちを描いた面白い映画なんだけど、このテーマはこんな胸が悪くなるような設定を積み上げないと描けなかっただろうか。「3度の衝撃」というのがこの映画のキャッチコピーだが、その衝撃よりもこんな設定を考え付く原作者に驚く。非常に気分が悪くなる話なので、見るには体力が必要だ。

以下、ネタバレ注意。

 

映像が重厚で日本映画ぽくないなーと思ったら、撮影はポーランド人のピオトル・ニエミイスキという方が撮っているらしい。冒頭のバス内をなめるように横に滑りながら映すシーンがとても良い。コントラスト強めの暗い映像の中、一人一人の乗客の顔、沈んでいたり上の空だったりする人たち。その中で、重苦しい顔をした妻夫木聡の顔が出てくる。この映画の中で一番と言っていいくらいのシーンだと思う。この映像美は最後までよく効いていて、最悪の情況になった「兄妹の現在」をこの影の濃い映像で、「過去」を白っぽい映像で撮っていた(と思う)。


早稲田と慶応を思わせる二つの学校の出身者がストーリーのほとんどを占めていて、記憶に新しい集団暴行事件をイメージしていると思われるエピソードもあった。2校をいわば「特権階級」のように描き、主人公(妻夫木聡)はそこにいる軽薄な人々の愚行を外から眺めているような存在。特権階級の中で上手に泳ぐ人、遠巻きに嫉妬する人、もてあそばれる人が、妻夫木聡に自分のストーリーを喋りまくる。

ほとんどは会話で構成されていたと思う。それでも退屈しないのは、自分の中の下世話な部分が彼らの姿を楽しんでいたからだと思う。自分のストーリーを訴える人を真正面から捉え、そのいやらしさ、くだらなさを大写しにする。それを呆れたような顔で眺める妻夫木聡。しかし、実は主人公が一番の愚者で…、という話だった。見ている側は妻夫木に共感するだろうから、終盤彼が突然相手を襲うシーンは、驚きもあるがカタルシスもある。結果として兄妹で「彼ら」を抹殺したことになるのが味わい深い。

 

慶応と早稲田にそういう面があるのも事実だけど、あまりに一面的すぎると思うのはクソリプの範囲なんだろうか。ちょっと酷い。「何者」でも感じたが、矮小な話を顕微鏡で覗きながらじりじり描いているように思えて、見ている間は面白かったのだけど、読後感はつまらなかった。映画としては愚行録の方が数段上ではある。

ダンケルク(2017年、イギリス・フランス・アメリカ・オランダ)

DUNKIRK

公開初日に、いそいそとIMAXで見てきた。

ここのところ見たい作品がなくつまらなかったけど、「ダンケルク」「散歩する侵略者」「三度目の殺人」と3本続けて見たいやつが公開されたのでうろたえてしまった。スケジュール的には1本しか見られない。IMAXで見られる映画館の無料券の期限やら、その直前に行っていたジムの切り上げ時間やらがうまいこと重なり「ダンケルク」となった。

座席は満席だったのになぜか「後方ど真ん中」というマイベスト席がポツンと空いており、すごくラッキーだった(ホビヲさん、やはり後方真ん中ですよ!)。IMAXは画面が大きすぎるので、最後方でもようやく視界に全部収められるほどだ。

公開が楽しみ過ぎたので、前置きが長くなった。

 

結論から言うと、非常に良かった。以下ネタバレ。

 

既に結論の分かっているストーリーで、かといってあまり人物を掘り下げないので物足りないと思う人が多かったようだが、私は「疑似体験できる」という1点で満足だった。戦争を体験させる映画はあるが、ここまで没入できるのはあまりない。冒頭の市街地での襲撃シーンで完全につかまれてしまった。あの短尺で逃げ場のない絶望感を完全に表現していたと思う。

「ノーラン監督はリアリティを重視するため、実際に爆撃し、戦闘機を飛ばしている」という前情報を聞いていた。そのせいか分からないが、役者が爆撃シーンの時に必死に耳をふさいで怯えている様子が新鮮だった。戦争映画では爆弾を投げる前に耳をふさいだり、爆撃されて吹っ飛んだりするシーンはたくさんあるものの、度重なる爆撃に怯えて頭を抱えたり、恐怖で叫び出すシーンはあまり見たことが無い気がする。戦争の資料映像では度重なる爆撃のショックで外傷がないのに体が麻痺したようになる症状をみたことがある。


また、情況的にあたりまえなのかもしれないが、ドイツ側に対して全く好戦的ではなくただひたすら逃げているのも特徴的。スピットファイヤに乗り込んだトム・ハーディーだけ攻撃する側だったが、彼も相手が見方を攻撃するのを防いでいるのみ。追い詰められた兵隊たちが、戦うことではなく生きるために必死になる様がリアルだった。逃げるだけのことが、これほどメッセージ性のある闘いになるとは。


戦争を包む自然描写も魅力的だ。インターステラーのような空からの俯瞰映像の多用も好みで、青天の美しいドーバー海峡で人が波の煌めきに消えていくシーンなど息をのんだ。印象としては「ゼロ・グラビティ」に近く、悲惨な状況をあちこち翻弄されながら進むさまは「クローバー・フィールド」や「サウルの息子」を思わせる。


トム・ハーディーがマッドマックスに続き、再び「めちゃくちゃかっこいい喋らない役」を演じている。あの彼は、最後ドイツ軍に捕らえられてしまった。かなしい。そういえば、他の役者もセリフが少なく、映像を見ているだけで没入できる、非常に直感的な映画だった。(なんだか興奮して繰り返しになってしまった。)ブリッジ・オブ・スパイでトム・ハンクスより目立っていたマーク・ライランスが遊覧船の船長役で出ており、彼は比較的セリフが多かったと思うが、ブリッジ・オブ・スパイの時ほどの印象はなかった。セリフが少ないからか、この映画が初めての長編大作だというフィン・ホワイトヘッドを始め、キリアン・マーフィーなど目の表情が魅力的な役者が多かった。

cillian_sd476425

キリアン・マーフィー。吸い込まれそうな目をしている


1点不満をあげるとすれば、音響。ただただうるさい。秒針の急かすようなカチカチ音はまだしも、バォーン、ズゥーンという内臓に響く音が前半30分ほどほぼ休みなしで鳴り続けるのはどうか。砲撃の音などが大きいのはいいんだけど、ただ取って付けたような効果音が鳴り響いていて冷めた。イギリスから商船や遊覧船が迎えに来るクライマックスでは、あまりにあっけらかんと「the感動音」みたいなBGMが鳴り響き、まあ感動したんだけど(したんかい)「それにしてもBGMよ…」と思ったのも事実。

そういえば、ゼロ・グラビティではほとんどBGMがなく、無音と浮遊する映像がなんとも印象的だったことを思い出した。ダンケルクは映像が素晴らしいので、邪魔しないような音にしてほしかった。

さようなら(2015年、日本)

さようなら

石黒浩のつくったアンドロイド(ジェミノイドF)が出演しているということで見てみた。

白人女性とアンドロイドの会話を2・3歩引いたくらいの距離で淡々と描いており、終盤になるまでけっこうつまらない。よく考えたら、ジェミノイドFでなくともアンドロイド的な存在との関係を描いた映画はそれこそ古くからたくさんある。ジェミノイドFが他と違って本物のアンドロイドなところが画期的なはずなんだが、あまりにも自然に会話しているため違いがあまり感じられなかった。

しかし、終末の光景をパニックや劇的表現ではなく「少しずつ死んでいく世界」として静かに描いたのは、実際に原発災害を経験した日本でなければできないことだったと思う。

監督インタビューに「放射能による汚染という「見えない恐怖」を描くために空気の動きを可視化することに注力した」とあって、確かに全篇通して風でなびく草むらやカーテンの動き、少し靄がかかったような感じなど空気の量感を感じるのが特徴的だった。

一見平和で優しい世界のように見えるが確実に絶望が包んでいる。その中で少しずつ人が逃げて行き、死んでいき、世界はそのまんまそこにある。


特筆すべきは終盤以降だった。主人公が痩せ細って朽ちていく様子は圧巻。途中なぜ全裸になるのか不明だったが、この朽ちる演出のためだったんだろう。

ラストシーンは本当に誰もいなくなった世界に踏み出したアンドロイドの姿。アンドロイドの朽ち方からして、10年20年という単位ではなく数百年なのかもしれない。非常に神聖な雰囲気なのだけど、エクス・マキナの創生のような感じとは真逆だった。それはこのアンドロイドがあくまで主人公の人格と同じものだという特性から来ているのだと思う。

この終盤の雰囲気が面白くて、結果的には忘れられない映画になった。

SING/シング(2016年、アメリカ)

SING/シング【通常版】(吹替版)

イルミネーション・エンターテイメント制作の長編アニメ映画。

ここは制作費が低くて、なんとピクサーやディズニーなどの半分くらいでつくっている。それは例えば街並みの表現力なんかの差に出ているんだけど(SINGの街並みはベイマックスのサンフランソーキョーやズートピアの街並みにはかなり劣る)、肝心のキャラクター造形は非常によくできていて個人的には問題なし。それでいて興行収入はベイマックスを上回っている。すごい。

また、昨今のポリティカルコレクトネスやダイバーシティー重視のアニメ映画とはちょっと毛色が違って、割とステレオタイプなキャラクター造形がそのまんま出ていたリする。あまり思想に政治性や社会性がないように思える。個人的には、説教臭くなくこれはこれでアリだと思う。

劇場で公開するタイプのアニメ映画は親も楽しませる必要がある。ポリコレ系のアニメ映画だと政治的な裏テーマを読み解く楽しみがあったりするのだけど、イルミネーション・エンターテイメントだとこれも直球で、昔の音楽や音楽にまつわるネタをちりばめて大人にも楽しめるようにしてある。

 

前置きが長くなったけど、そういった背景からしてSINGはかなりよくできた作品だった。

色々な動物が出てきて象徴的に人間の葛藤を描きつつ、かと言って説教臭すぎることはなく、エンタメに徹している。CG的な描写は劣るけど、ストーリーに入り込めるため気にならなかった。

 

ビジュアルによく登場しているブタの女性は子だくさんの主婦。毎日子供の世話と家事に明け暮れ、自分のことは二の次。仕事が忙しい夫にあまり振り向いてもらえず、自信がなくなってきている。この主婦を筆頭に、信心深い大家族と一緒に暮らす内気な象の女の子、家業を手伝わされる窃盗団の息子、ダメ男に尽くすパンクロッカーの女の子、自尊心ばかり強いストリートミュージシャンなど、自分を見失いかけているキャラクターたちが歌うことによって自分を取り戻す。それぞれにモデルがいるのだろうと思われるくらいキャラクターがリアル。しっかり一人一人の背景を見せているので否応なく引き込まれた。

主人公はしがない劇場のオーナーだが、この人物もかなりリアル。音楽業界はヤクザなところなので子供向けアニメにするにはかなり理想化されているのだろうと思って見てみたが、そんなことはない。いい加減で嘘つきな主人公が情熱を振りかざして周りをだまし、なんとなく成功していくのをそのまま描いている。(もちろん、音楽プロデューサーがみんないい加減で嘘つきっていう意味じゃないよ。)主人公に利用されつつも仲良くやっている、無気力なお金持ちの息子がまたリアルで…。よくわかんないけどうまく行っているような人の周りには、高確率でこういう人がいる。

 

4歳の娘も一緒なので日本語版を見たが、声優に本物の歌手を当てているのが良い。最も歌がうまい象の女の子はMISIAらしい。普段ボソボソとしかしゃべらないキャラクターなのが絶妙に合っていて、最後の歌に至るまで違和感なし。他にもスキマスイッチや坂本真綾などが声を当てている。

 

最後に向けてどんどん期待度が高まっていく構成も見事だし、ラストコンサートは冒頭の主婦バーレスク演出から涙が出た。尊大なストリートミュージシャンがマイウエイを歌うのはそのまんま過ぎて笑えちゃうんだけど、マイク演出が面白い。歌が続いて画替わりがしないところに、ゴリラ父がキングコングばりにビルの屋上を走って会いに来る演出をはさむのもうまい。

最後は三日月が本物の満月になって、めでたしめでたしというわけだった。

ジャングル・ブック(2016年、アメリカ)

ジャングル・ブック (吹替版)

 

小さい頃、ジャングルブックが大好きだったので楽しみに見た。幻覚を見せる大蛇や、クマのお腹の上でモーグリが歌うシーンなど絵本を忠実に再現したシーン満載で実に楽しめた。何より赤いパンツ姿のモーグリが活き活きと動き回っているのが嬉しい。

4歳の娘も一緒に見た。時々残虐描写なしのちょっと怖いシーンはあるものの、子供も安心な映画。娘も最後まで楽しんでいた。ストーリーもよく覚えて、しばらく話題にしていたほどだった。最近は長い映画でも一緒に集中して見られるようになって楽しい。

 

動物たちのCGさすがに良くできていたのだけど、特に人間みたいな表現力と動物らしさのバランスがうまくいっていたように思う。サルの王様はかなり人間に寄せた表情になっていたが、他の動物はセリフに合わせてなんとなく口元が動くくらいで、動物らしさの方が目立つ。また、毛並みが汚れていてリアルな感じ。メイキングを見てみると、ほぼ真っ青な空間でモーグリが演技しており、改めてCG技術と役者さんの演技力にびっくりするなど。

 

普通のアニメーションよりも娘の食いつきが良かったのは、動物園に行くような楽しさもプラスされていたからだと思う。特に大人におすすめな点はないものの、子供と一緒に見るには最高なんじゃないだろうか。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年、イギリス)

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(字幕版)

 

「グッド・キル」から2年、ドローン攻撃の本場アメリカから舞台は移ってイギリス。ただし、攻撃するのは同じくラスベガスの、イーサン・ホークが勤務していた基地。と、無関係の2作品をあえてごっちゃにする書き方をしてみたが、この2作品は両方見るとますます興味深い。慎重なイギリスと攻撃的なアメリカ、人道的なイギリスと合理的なアメリカ、決定が現場で覆るイギリスと覆らないアメリカ…などなど、2国の見せたい表情の違いが如実に表れている。

実際、「アイ・イン・ザ・スカイ」は「グッド・キル」で起こる一つ分の攻撃を100分かけて上から下まで審議する話で、非常に丁寧な描写でドローン攻撃の矛盾を描いている。

 

攻撃される対象に「鳥瞰から」スポットを当てているのは同じだが、「アイ・イン・ザ・スカイ」ではさらに現地の住民に視線を合わせて生活を描き、現地で活躍する兵士(スパイ?)も重要な役回りを負っている。この「現地の少女」がむちゃくちゃかわいい!

 

軍人と政治家の役回りがこれでもかときれいに整理されており鑑賞者にとっては見やすい反面、「決して軍人に言ってはならない、彼らが戦争の代償を知らないなどと!」というセリフはキザすぎーと思った。そこで人道派の女性政治家が一筋の涙を流す、など…。ちょっと美化しすぎよね。全体的に。イギリスは良いかっこしいなのか。酒に飲まれて自分勝手に攻撃を始めるイーサン・ホークの方が、正直に感じた。

ネオン・デーモン(2016年、フランス・デンマーク・アメリカ)

ネオン・デーモン [Blu-ray]

 

制作中の情報の時から「絶対好きなタイプの映画だ」とチェックしていたものの、ほとんど公開されずにいつの間にかDVDになってしまっていた作品。やっぱり好きだったー。夫は「つまんない」と言っていたし、正直その理由も分かる。ストーリーはけっこう普遍的なんだけどすごく「よく見る話」なうえに、とても回りくどい分かりづらい表現でそれを表現しているので、ちょっとイラッとする。

ただ、ヴォーグから抜け出してきたようなビジュアルがいちいちパキッと決まっており、ビジュアル重視派としてはたまらなかった。動きやセリフがかなり抑えられており、映画なのに静止画を見ているような独特な雰囲気と、機械音のような音楽が耳に残るファッショナブルな映画。原色にグリッターがちりばめられた独特の色使いも魅力的だった。なんでも、レフン監督は色覚異常があるらしい。「美少女が象徴的に死ぬ」映画に外れなし。(めちゃくちゃ偏った見方でスンマセン)(しかも唐突にネタバレ)

 

***

 

田舎からLAに出て来たモデル志望の16歳。モデルたちと、モデルを取り巻くカメラマンやスタイリスト。16歳少女は逸材ともてはやされ、モデルたちは危機感を感じ――。そこはやはり、「センパイからのいじめ」及び「少女性の喪失」「慢心」そして「身を持ち崩す」ですよね、ハイ。安心してください、その通り進みます。この映画だと、そういう泥臭い事は全部「※そういうイメージです」というような象徴的シーンが流れるので、何が何だか分からない。むしろそこが良い!

ネコ科の肉食獣に「少女の部屋」を荒らされ、年上の男に薔薇を贈られて失神、ステージでは「逆三角形の何か」に襲われ青から赤に変わり、「エル・ファニング」から「悪・ファニング」に変身。そこからも泥臭く身を持ち崩すシーンを描いたりはせず、突然センパイに「食われる」という最大の謎シーンでクライマックスを迎える。あ、忘れてたけどエルを殺したスタイリストが満月を見ながら失禁するシーンの方がナゾだったわ。これは出産・生まれ変わりのメタファーか何か?(そういえば、失禁シーンのある映画にも外れなし、だ。)

ここまで読んで、「なんだかめんどくさい映画だな…」と思わない人は、あまりいないかもしれない。

 

綺麗な青い目玉をぱくっと食べるラストシーンも好きだったし、エンディングの砂漠を歩くエルファニングも良い。全てが一枚の絵画のように決まっていて、その中心にいるエルファニングと周りの女性たちが瑞々しく、まさに完璧だ。

ただ、個人的には劇中で美女だと絶賛されるエルがそこまでタイプではなかったため、「君は完璧だ」「人々をひきつける才能がある」「その鼻は本物?(←!?)」などのセリフが嘘くさく感じてしまった。周りのモデルたちの方がよほどキレイに見えるけどなー。好みの問題か。