読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

休日に近場のホテルに泊まるのが楽しい

あちこち旅行してホテルに泊まることがありますが、中でも家の近くのホテルに泊まるのが一番楽しいです。ラクだし、安心だし、とにかくラク(←けっきょくそこ)。会社の福利厚生をここぞとばかりに活用して、安く泊まれるときがあれば積極的に泊まっています。仕事がある日でも、夜からホテルに集合して翌日ちょっと遊ぶ、とかでも十分楽しい。適度に非日常感があるし、施設がそれなりにあるところなら子供も退屈しません。

普段バタバタと忙しくしているので、ちゃんとした2泊3日の旅行を取ってしまうと前後に仕事が山積するし、そうすると旅行の疲れを取る暇もないのでダメージがでかすぎるのです。っていうか、旅行って疲れる。

 

そういえば、会社の先輩がやたらと近場のホテルばっかり泊まっているので、なにしてるんだろと(変な意味で)思っていたのですが(オイ)、どうやら奥様のケアに「金夜に泊まって夕食を食べ、土日ホテルでまったりして家事から解放」という使い方をされていたようでした。なるほど!そして、今ならすごくよくわかるぞー!金夜からなら仕事も圧迫しなくていいですもんね。

 

今までは、旅行ってハネを伸ばしに行くイメージでしたが、子供が小さいとむしろ疲れしか生みません。私のような狭小キャパ人間にとっては、かなり頑張って行くもの。

それでも、たまにはガツンと遠出したくなるんですがね。