読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

「結婚相手は年収と性格」(20代男性)

何でもないこと 仕事 家事短・家事分担

 

会社の人と結婚の話をしていると、後輩男子が「結婚相手は年収と性格で選びたい」と言っており衝撃を受けた話。周りの男性諸氏(2・30代)もウンウンと同意しておりさらにびっくり。そういうセリフって女子会の本音トークとかでしか出てこないものだと思ってた!

 

この話には続きがあって、年収は自分と同等かそれ以上が良くて、それより低いなら専業主婦の方がいいんだと。フルタイムで働くと年収の多寡に関わらず長時間拘束されるし、働くのに付き合いなどお金がかかるし、年収が自分より少ないくらいなら専業主婦で家のことを分業できたほうが効率がいいということらしい。へ、へえ…。君より稼いでる女性って、ごく少数だと思うよ?

 

自分の経験でしかないけれど、そういえば最近、身の周りで結婚する20代男性の配偶者は収入が高そうな人が多い。10年前はあまりなかった社内婚もかなり増えた。社外の出会いが多い職種なので、社内で結婚なんて選ぶ人は多くはなかったのだ。「女性にも社会進出を」という社会の流れは、回り回って男性側が配偶者にも年収を求める流れにつながっているのか。家事育児にも、お金と人手がかかるもんね。女性が社会進出するということは、お金があれば人手をお金で解決し、無ければ夫も負う。家事を全面的に外注できる環境じゃないと、結局暮らしに余裕がなくなりそう、という算段なのかもしれない。ここ10年くらいで人々の結婚観がガラッと変わってきたのか、それとも?少なくとも私が社会人になったくらいの頃は、まだ「女性の上方婚」という現象が多かった気がする。

 

余談だけど、冒頭の後輩に「それじゃあ、最近結婚したいと思った人はいるの?」と聞くと「最近キレイな人との出会いがなくて…」と言っており、結局外見かい!とずっこけた。キレイな人というのは割と普遍的な「結婚したい女性の条件」なのかもしれないけれど、それに「自分と同じくらい稼げる」というのが追加されただけ、ということなんだね。

後輩君一人の話で何も一般性はないんだけど、色んな男性が複数いて「オマエ、それはないよ」みたいな雰囲気にならなかったのは、「まあ分かる」という話ではあるのかな?と感慨深かった。後輩君も、ごく普通のいいやつだし。

 

しばしば「婚活女性の要求レベルが高すぎ」みたいな話を読むけど、男性は男性で要求レベルが高い人が多い気がする。数値的に評価しづらい「生き方」「人間性」などを抜きにすると、「んなアホな」みたいな条件が出てくるような感じがある。男女ともそれなりにハードルを上げてくるけど、納まる所に納まっていくのか。それとも、単に結婚する人自体が減っていくのか。