読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

遊星からの物体X(1982年アメリカ)

映画の感想文

遊星からの物体X (字幕版)

 

びっくり箱のような作品

昔から気にはなっていたのですが借りてみるほどでも…と思っていた作品。アマゾン・プライムにあったので見ました。

会社の先輩に「これだけは読んどけ」と渡された漫画の「寄生獣」にそっくり!と思ったら、こちらのほうがずいぶん早かったんですね。「物体X」の口の割れ方とか、頭をばくんと食べちゃうシーンとか、「物体X」は小さい粒の塊だというところとかが似たような画でした。

1982年当時でこのビジュアルの作り込みはすごかったのだろうし、今でも怖いもの見たさは十分に満たされる作品だと思います。ストーリーはとにかくシンプルなので、びっくり箱を覗くような気持で見たらいいのかも。話としては、寄生獣の方がよほど面白いです。(映画の方は未見です)

 

遊星=惑星

私が気になったのは「遊星」という言い方。なんだか怪しげな動きをする星みたいじゃないですか?実は「惑星」と同じものを指す言葉のようです。以前はこちらの方が良く使われていたらしい。「惑星からの物体X」だと怪しさが半減する気がする…。