MENU

2018年夏休み

切れ切れに取った夏休みの備忘録。基本インドア派。キャンプとか、した方がいいのだろうか…。 7月 近場の娘のお気に入りホテルに泊まりに行く。娘さんテンション最高潮。あいにくの天気だったが、上機嫌でジムなどの館内サービスを試して回っていた。このホ…

メイクの粉飛びと目の話

わたしは粉になっているメイク用品をほとんど使わないのですが、なぜかというと目に入るのが嫌だからです。 メイク中の粉飛びの検証映像を見たことがあり、そのアクロバティックな飛びっぷりに驚いたし、さらに眼科で「女性のまぶたの裏にはラメなどのメイク…

スポンジ、洗って使うか使い捨てるか

以前はファンデーションを指で塗ってきたのですが(ファンデはリキッド派)、試しにスポンジを使ってみると非常にもちがいいので、旅行先でも持ち歩くくらいスポンジ派になりました。 特に「水を含ませたスポンジ」のモチは白眉。 水スポンジだとファンデー…

眉毛の殿堂「アナスタシア」グッズ 意外な効能

やたらと使いやすい!と感動し、色々買ってみたアナスタシアグッズですが、 最近ようやく使い方をつかんできて、謎だった眉パウダーも使いこなしています。 眉毛大草原のわたしには眉毛の隙間、確かにないのだけど、 むしろパウダーだけで仕上げられる(かき…

化粧品検定

夏に受けて、先日やっと「コスメコンシェルジュ認定証」がおくられてきました。貰ったはいいけどただの会社員なので使いどころがありません。どこに置こう。 化粧品検定を受けたのは、仕事で化粧品づくりに関わることが増えたからです。あまりに化粧品に興味…

フェイスマスクが好き過ぎる

あまりスキンケア用品で「劇的に変わった!」と思うことってないのですが、フェイスマスクを初めて使ったときは、使用直後も一日終わった後も肌が全然違ってとても良かったので、それ以来ハマって毎日使っています。 すぐにクスミが飛んで日中の乾燥が抑えら…

朝の洗顔料に最適なのはなんなのか

以前はお湯で洗うだけにしていましたが、どうにも角栓が気になるので、寝起きにテカっているとこだけ、ごく弱い洗顔料を使うようにしました。その結果、ゼロではないですがだいぶ角栓が減った気がします。 最初はこれ Adan(アーダン)【Silk fibro】シルクフ…

まゆ毛専用サロン「アナスタシア」に行ってきた

「マネ会」の記事を読んで、 「とにかくアナスタシアに行け!」とのことなので、行ってきました。 まゆ毛専用サロンて、美意識高すぎじゃ…?とちょっと引いていたのですが、 結果的には行ってよかったです。 来月くらいにもう一回行ってみようかな。 以下体…

Vogueのメイク動画が面白い

メイク動画を見るのが楽しくて、寝る前にエンドレスに眺めてしまいます。 最近気に入っているのがVogue VideoのBeauty Secretsというシリーズ。ロージー・ハンティントン・ホワイトリーなどがすっぴんからメイクしてくれます。 ものすごい美女!と思っていた…

「落としやすい」縛りで探すマスカラ・アイライン

マスカラ・アイラインはメイクの中でも落ちにくいのですが、昨今はお湯で落ちる商品が一般的になっており技術の進歩に感謝しかありません。もう10年くらいフィルムタイプ以外のマスカラを使ってないけど、あれほんと落ちにくいよね…。フィルムタイプ以外にも…

ピアノの発表会だった

先日は娘のピアノ発表会だった。 娘はピアノを気に入っているそうだが、発表会は嫌い。舞台の上で号泣し、弾かないと大暴れした日もあった。 けれど、いまは一丁前にお辞儀して演奏している。ちょうど、昔の娘みたいに舞台から脱出している3歳くらいのお子さ…

「電気乾燥機は神」というはなし

「電気乾燥機がいい」という記事を見かけたので、私の出番かなと思って書きますね!(何) 電気乾燥機は神です。 もう使い始めて数年経ちますが、水漏れが発生して使えない時期が2・3日あり、その時に「乾燥器のない生活なんて無理だな…」と思いました。 感…

石けんより楽だからメイク落とし

石けんで落ちるメイク用品ばかり集めているんですが、実はメイク落としは使ってます。単純に泡立てが面倒で石けんが好きではないためで、弱めのメイク落としオンリーです。馴染ませるだけだとラクでラクで…。 最初はミルククレンジングを推奨されている吉川…

ブルーライト対応の化粧下地「ナチュラグラッセ カラーコントロール ベース 01」

知人が「ブルーライト対応が良い」と言っていたので、どんなものかと思って買ってみました。ナチュラグラッセの「カラーコントロール ベース 01」。パープルで、透明感が出るタイプです。 真空容器になっていて、注射器のように使うだけ小さくなっていくのが…

アイバームという名前のアイシャドウ「ETVOSミネラルアイバーム ピンクフィズ」

「石けんで落とせるメイクシリーズ」の続きです。 「ETVOSミネラルアイバーム ピンクフィズ」 なんせ名前が「アイバーム」だからな…。名前で既にキャッチ―。 アイホール全体に伸ばす用として買いました。 ピンク系はあまり得意じゃないのですが、わたしの肌…

ベトベトしすぎた「ジョヴァンニ ボディスクラブ」

夏も終盤になってきて、肌がゴワゴワする感じがあったので、元アトピーですぐ荒れる自分には珍しくボディスクラブを買ってみました。コスメキッチンをウロウロ歩いて適当に決めました。 「ジョヴァンニ スクラブ クールミントレモネード」 ・ミントがわずか…

15時17分、パリ行き(2018年、アメリカ)

実際に起ったテロ未遂事件を、実際の人物(主人公3人)が演じている作品。 身を挺してテロ犯を抑えた3人の主人公を軸に、3部に分かれている。第1部は3人のパッとしない幼少期、第2部は3人がヨーロッパ旅行をする青年期、そしてその旅行中にテロ犯を見つけて…

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2017年、アメリカ)

わたしにはあまり面白くなかった。 このようななめらかな映像をストップモーションで作るのは大変だったろうと思う。実際とてつもない時間がかかっているようだ。ただ、映像が滑らかで背景がCGっぽだけに、人物の紙人形っぽいカサカサした質感や色の暗さが対…

スリー・ビルボード(2018年、アメリカ・イギリス)

想像とかなり違ったけど、だんだん引き込まれる濃い人間ドラマが魅力的。ネタバレしない方が良さそうな映画。以下ネタバレアリの感想です。 最初は、娘を殺されたお母さんが警察やレイプ犯などの社会悪と戦う物語なのかとボンヤリ思っていた。大筋はその通り…

『家事!育児!世界の危機!』インクレディブル・ファミリー(2018年、アメリカ)  

5歳の娘は最近もっぱらアニメにはまっており、2時間くらいなら集中して観れるようになってきたので、一緒に映画館に行くことにしました。 タイミングと題材的にちょうど良さそうなのが「インクレディブル・ファミリー」だったので、カップルシートでホットド…

カメラを止めるな!(2018年、日本)

すごく面白かった!でも、ネタバレしない方がいい作品なので、少しでも見る可能性のある方はここでお帰りください。。 この映画は めちゃめちゃテンポの悪いB級ゾンビ映画 そのゾンビ映画を撮ることになった背景 しょぼいゾンビ映画再演(制作側目線) とい…

バリー・シール アメリカをはめた男(2017年、アメリカ)

「『ウルフ・オブ・ウォールストリート』みたいなもんだろう」という雑なイメージにより何となく見ていなかったのですが、アマゾン・プライムに入っていたので見てみました。 確かにテーマは近いのだけど、トム・クルーズ演じる主人公はもっとライトな、言っ…

RAW少女のめざめ(2017年、フランス)

話題になっていたので見てみました。 私はグロい映画が平気なほうだとおもっていたのですが、これはもう全然ダメでした…。主人公がウサギの肝臓を生で食べさせられて、じんましんになるエピソードがあり、肌をボリボリ掻き崩すシーンがつらすぎました。むか…

デトロイト(2017年、アメリカ)

1967年に起こったデトロイト暴動で、3人の黒人青年が無抵抗で射殺された出来事を描いた映画。キャサリン・ビグロー監督作品。 個人的なビグロー監督のイメージは ・社会派 ・ずっと緊張が続くので非常に疲れる ・基本的には悪を描くのだけど、悪い側を100%悪…

あの赤いホットクックに「白」が登場

ホットクックが欲しい。でも、色が赤くて大きいのがちょっと…と思っていたのです。ここにきてようやく、白いホットクックが登場したみたいです! AI対応らしい WiFiに接続して、メニューの検索・提案などができるらしいです。想像するに、「キャベツのレシピ…

プライム祭りで買ったもの

FireStickは絶対欲しかったので、一応見てました。結果けっこう買ってしまったなあ。いつもの価格帯を知っている商品については、かなりお買い得なものもあったような気がします。 プライム祭りに必要なもの 1.モノレート モノレート | アマゾンのランキ…

万引き家族(2018年、日本)

この映画ごと愛おしくなるような、でも心が締め付けられるような映画でした。公開日くらいに見に行ったはずなんですが、しんどくて、なかなか感想が書けませんでした。以下ネタバレ注意。 日本でどんどん増えている「働いても食べていけない」最貧困層の男が…

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年、アメリカ)

エミリー・ブラント主演のサスペンス映画。よくできていて面白かったです。主役はアル中で破れかぶれの人物ですが、徐々に彼女を取り巻く色んな人間模様が明らかになっていき…という話。主人公は基本酔っぱらっているので、画面がゆらゆら、フラッシュバック…

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年、アメリカ)

「面白いらしい」という話をどこかで聞いたので見てみました。実際かなり面白かったです。「恋はデジャヴ」のような、ループしながら主人公が成長していく物語でした。最初は嫌なヤツだった主人公が、とんでもない数のループを体験しながら精神的にも肉体的…

ウエストワールド シーズン1(2016年、アメリカ)

いつかは分からない未来、人々はアンドロイドが西部劇の世界を再現するテーマパーク「ウエスト・ワールド」で遊ぶようになっていた。ウエスト・ワールドでは人々がアンドロイドを殺したりレイプしたりするが、破壊されたアンドロイドは回収され、修理され、…