読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年、アメリカ)

「ルーム」に引き続き母子モノですね。これはタイトルが長くて気になっていたので観ました(なんだそれ) 「ルーム」の子役も美しくて印象的だったけど、こちらの子役くんも瞳がきれいで良かったなー。というか、演技派!もともとちびっ子のクイズ番組で優勝…

溜まった映画感想

最近みた映画の一言感想です。 スティーブ・ジョブス マママ、マイケルファスベンダー!!マイケル!!ファスベンダー!という感じの映画でした(なんだそれ)何を演じてもマイケルはマイケル!ケイトウィンスレットとマイコーの演技が最高すぎました。ダニ…

日本にただ一つのコールハースのマンション

先日、世界にも少ししかなく、日本ではただ一つのレム・コールハースによるマンションの1住戸が売りに出されていました。2500万くらいでしたでしょうか、立地的に住むのは現実的ではないんですが、正直めちゃくちゃ欲しかった…。 コールハースってこんな人 …

初めてのピアノ発表会(未遂)

3歳娘のピアノの先生が、「そろそろ発表会に出ましょうか」というので準備していました。とはいえまだ大したことはできないので30秒くらいで終わります。お気に入りのフリフリピンクのドレスを着て、ピンクのエナメルの靴を履いて毎日張り切って練習していま…

ボロボロのヒーロー、アンパン男

アンパンマン大好きな2歳の娘に、ばあばが初期アンパンマンの絵本を買ってくれました。 あんぱんまん (キンダーおはなしえほん傑作選 8) 作者: やなせたかし 出版社/メーカー: フレーベル館 発売日: 1976/05 メディア: 単行本 購入: 13人 クリック: 1,340回 …

考え続けること

先日は大学時代の恩師を食事にお呼びしました。鼻息からも知識がフンガーと漏れてきそうな博学な先生で(って当たり前か、)久しぶりに先生の話に浴していると色々と反省させられました。会社員になって数年経ちましたが、仕事がラクになったと感じることがあ…

楽○カードが選ばれる3つの理由

スマホ広告って基本「誤クリック誘発」か「きわどい広告で目を引く」しかないような気がしていて、なんだかなあと思っている日々です。広告自体で目をひかんかい。 特に最近イライラさせられているのが「○天カードが選ばれる3つの理由」というアドで、この…

休みは仕様

後輩の出退勤をチェックする作業があるんだけど、ある人の休暇の理由欄に一言「仕様」っていつも書いてあってつい笑ってしまいます。休む理由なんて書かなきゃいけない理由はないわけだし、「休みは仕様です」という意思表示なんだろうな、うん。面白いから…

CHECKERS in TAN TAN たぬき (1985年、日本)

建築家の伊東豊雄さんの本を読んでいたら、彼の代表作の一つである「シルバーハット」という自邸についてこんな記述がありました: 「チェッカーズというタレントの映画でシルバーハットが撮影されたことがある。」 シルバーハットと言えば、同じく彼の代表…

マネーショート 華麗なる大逆転(2015年、アメリカ)

題名になっている「空売り」を始め分からない用語だらけでして、しかも作中でそれを分かりやすく伝えようとしてくれている気遣いも感じたのですがまあ正直分からなくて、出来の悪い学生になったような気分でした^^;それでも、よくショーアップされていて…

シン・ゴジラ(日本、2016年)

映画単体でこれだけはてブ*1がついたものはマッドマックス以来ではないでしょうか。いや、国内だからかマッドマックス以上のように思えます。というわけで、ちょっと時間ができたので見に行ってきました。今時期は「ゴースト・バスターズ」「ターザン」「フ…

家を何度も買い替えている人

最近持ち家を買いたくて「注文住宅を建てた人のブログ」などを読み漁っているのですが、改めて「家を何度も買い替えている人」の賢さと行動力にハハーッとひれ伏しています。マンションでも戸建てでもいいのですが、いい条件でさっと買って5年後には同等あ…

7月にブックマークした住宅

マンションリノベ事例: 1 床のクラックに、まさかの金継ぎ!細かいな~。とにかく減らしていく方向のリノベで装飾性がほとんど無いのが良い感じなのですが、金継ぎを始めさりげなく扉を鏡でつくっていたりするところがまた良かったです。鏡を使うのはマネし…

「天使と悪魔」(2009年、アメリカ)と「ダ・ヴィンチ・コード」(2006年、アメリカ)

アマゾンプライムで。 大流行したキリスト教系ミステリー小説を原作にした映画の3部作で、今年の10月には「インフェルノ」という3作目が公開される予定です。これは見なきゃ。 さてこの連作、史実っぽく見せているのですが実際のところはよく分からず、特に…

もらとりあむタマ子(2013年、日本)

なんだ、ただの天才か 全然見る予定なかったのですが、各所で「もらタマのマエアツはすごい」(いろいろ略しすぎ)という評判を見ていたのでなんとなく見てみました。元AKBの前田敦子さん演じる、無職ニートの女の子の話です。めちゃくちゃ面白いという映画…

アマゾン名作映画の旅 風邪でぼんやり編

連休は夫が忙しく三日間とも私が娘の相手をする予定でしたが、思ったより自分の体力がなく二日目の夕方にはダウンしてしまいました…。子供の体力ってスゴイわ。あと、夏キライ。 というわけで、三日目はじーじばーばに娘を預けて家で寝込みつつ、名作映画を…

タコと戦った話

ここの所、2・3週間に1度くらいちょっと遠くの産直市場で1万円分くらい買い出しに行っています。「スマートにネット通販で全部済ますんじゃなかったんかい」という感じですが、産直市場の野菜や畜産・水産物は本当においしいので別(^@^)野菜も魚もぴち…

最近読んだ絵本

Young Frank, Architect 作者: Frank Viva 出版社/メーカー: Harry N. Abrams 発売日: 2013/09/24 メディア: ハードカバー この商品を含むブログを見る どちらもフランクという名前の、建築家のおじいちゃんと孫の建築をめぐる思考実験のはなし。絵が好みで…

11'09''01/セプテンバー11(2002年、フランス・イギリス)

ワールドトレードセンターのテロを題材に、世界中の11人の映画監督が「11分9秒01」で短編を撮った短編集です。アカデミー賞監督のアレハンドロ・イニャリトゥやダニス・タノヴィッチ、日本からは今村昌平など。 世界規模の羅生門現象 実際の諍いや戦争を描い…

絵本が泣かせに来る

年をとったせいか、さいきん涙腺が弱くてこまります。 娘に絵本を読んでいても、泣ける系の絵本だともうダメ。でも泣きながら読み聞かせは不気味だろうと思うので、必死でこらえながら読んでいることがあります。 これとかさ… おおきな木 作者: シェル・シ…

バクマン。(2014年、日本)

こんなこと書いたらまた読者がゴッソリ減ってへこみそうなんだけど、これ私には面白くありませんでした。いつも漫画を読んでいる夫は面白いみたいだったので完全に趣味嗜好の問題なのかもしれません。でもジャンル愛はない「ジャージーボーイズ」はめっぽう…

サウルの息子(2015年、ハンガリー)

ホロコーストが体験できるという地獄のような映画でした。主人公のサウルが必死で埋葬しようとしている「息子」が次第に抽象概念のように感じられていきます。最後のシーンはあらゆる感情が押し寄せてきて、意味も分からず泣きました。この映画全体が鎮魂歌…

プライムデーの反省と、高いものをお得に買おうとすることについて

アマゾンのプライム会員以外にはなんのことやらという感じだと思いますが、昨日のアマゾンプライムデーはなんだかすごかったです*_*アマゾンが一日限定安売り祭りみたいなのを開催していたのですよ。 ちょっと欲しいな~と思っていたYチェアは21時3分の時…

Amazon prime dayで買ったもの&構築的なデザインのバッグが気になる

最近アマゾンが何やらひんぱんにメールを送ってきていたのが気になっていました:「プライムデー始まる!とにかく安い!」…翌日「プライムデーで買うべきアイテム!お客様におすすめなのはコレ!」…1週間後「プライムデーついに明日!」… おうおう、そんな…

ヴァイキング ~海の覇者たち~(2013年~、アメリカ、ドラマ)

まーたドラマにハマってしまいました。プライムビデオで観られる「ヴァイキング~海の覇者たち~」シーズン1-4です。 最近のアメリカドラマって、制作費もかかってるし映画監督が撮ってるしで、もはや今までのドラマとは別物ですね(ホントいまさらですが…

ザ・ウォーク(2015年、アメリカ)

「フランスのストリート・パフォーマーがワールド・トレード・センターを渡る」というだけの内容を映画化したもので、そんなの面白い予感がしないと思ったのですが、ゼメキス監督だし見たいなとも思いつつなんとなく放置し、結局DVDで観ました。結論から言う…

島田ゆかさんの「バムとケロ」と、絵本料理

子供が生まれてから絵本をたくさん読むようになりましたが、意外と面白くてはまってしましました。絵本は話が短いものが多いのですが、主役は絵であり、絵の中の世界観が豊なものはストーリーだけじゃない楽しみがあります。今までで一番はまったのが島田ゆ…

毎週2回は使っているヨーグルトメーカー

ヨーグルトをたくさん消費するので、毎回450mlのヨーグルトを買うのが面倒になってヨーグルトメーカーを使っています。紙パックの牛乳にヨーグルトを混ぜてセットするだけという超簡単仕様のもの。簡単だし経済的だし、これが無い生活には戻れません。 使い…

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年、アメリカ)

DVDで。 米ソ冷戦時代のドイツ側の諜報員ルドルフ・アデル(マーク・ライランス)と、その弁護を引き受けることになったアメリカ人弁護士(トム・ハンクス)の話。スピルバーグ監督でコーエン兄弟脚本ということで面白くないわけなかろうと思いましたが、や…

ミキサー新調と、日本人の野菜不足について

毎朝スムージーをつくって飲んでいるのですが、先日ついにミキサーが壊れました。野菜が冷凍なせいかと思ったのですが、親の代が使っていた年代物なので普通に経年劣化でしょう。 買ったのはこれ Oster ミキサー シルバー 4090-J 出版社/メーカー: Oster(オ…

6月にブックマークした住宅

家が大好きなのに諸事情で購入に踏み切れず、最近戸建てが欲しすぎて夜眠れなくなってきました(›´ω`‹ )せめてもう少し住環境を良くしようと賃貸物件を眺めるのですが、気に入るのが見つけられません。「もう、安い中古マンションを探して好きにリノベしよう…

鉄くず拾いの物語(2013年、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ・フランス・スロベニア)

「ノー・マンズ・ランド」のダニス・タノヴィッチ監督作品です。ノーマンズランドは過去観た映画の中でも一番と言っていいほど印象的で、映画って本当にいいものだなと思わされた作品でした。ボスニア紛争の双方の前線(=ノーマンズランド)で、敵対するセ…

インヒアレント・ヴァイス(2015年、アメリカ)

正直分からん 原作も知らなければ(トマス・ピンチョンによる有名な小説らしい)、70年代アメリカのドラッグにまつわる文化的な背景も知らないので30%も楽しめてないと思うのですが、よく分からなくても最後まで惹き付けられる映画でした。このわかんないけ…

エクス・マキナ(2015年、イギリス)

IMAX2Dで。山中の別荘という限られた場所で、人間は片手に納まるほどしか出てこない低予算の映画*1ですが、今年のアカデミーで視覚効果賞を獲っています。ストーリーが整然としており、映像はスタイリッシュで非常に良かったです。 監督はアレックス・ガーラ…

思い立ったらすぐつくるスフレパンケーキ

「いまさらスフレパンケーキ?!」という感じですが、毎週末つくっていた普通のパンケーキに娘が飽きてしまいホットケーキミックスが余っているので、最近たまに作ります。けっこう簡単なのよ。軽いのでおやつにもいいね。 用意するもの ・フライパン ・メ…

紙の月(日本、2014年)

中年女性、夫から軽視される、若い男性に貢ぐ…など、気になってはいたけれど設定が私には痛々しすぎてなんとなく見ることができなかった作品でしたが、プライムビデオに早々と出ていたので思い切って観てみました。ネタバレしない方が面白いのかもしれないの…

ナポレオン・ダイナマイト(2004年、アメリカ)

謎の「見続けられる」感 軽い気持ちで見始めたら、軽い気持ちのまま終わってしまったようなそんな映画でしたが、最後まで飽きずに見てしまう、癖になるような何かがありました。 主人公のナポレオン・ダイナマイト君は田舎の高校生でして、ダサいような奇妙…

ダラス・バイヤーズクラブ(2014年、アメリカ)

何気なく観たんだけどむちゃくちゃ良かった。エイズを発症した男の話です。予備知識が「ジャレット・レトの女装がすごい」くらいしかなかったので(ひどいな)、意外にも社会派な映画なのね!と驚きました。 憑依系の演技で知られるジャレット・レト、今回は…

無印で買い物

無印週間もあったのでまた遊びに行ってきましたよん。 最近、娘を連れて無印に行くのが楽しいです。おもちゃをつくる体験イベントがあったり、絵本がたくさん読めて選べたり、買ったものをハンコでデコれるコーナーもあるし、疲れたらカフェに入って娘が好き…

最近読んだ絵本:「3びきのこぶた~建築家の場合~」

デザイン系の絵本はついつい買ってしまいます。これは3匹のこぶたがそれぞれ建築家のフランク・ゲーリー、フィリップ・ジョンソン、フランクLライトだったら…という話。 フランクゲーリーとは? 見たことある人、多いんじゃないでしょうか。3人の中で唯一ご…

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年、アメリカ)

アメリカのラップ文化を大きく変えたN.W.A.というグループと、そのリーダーであるeasy e、ドクタードレー、アイス・キューブなどを描いた伝記的映画でした。NWAとはnigger with attitudeの略で、「意見ある黒人」と訳すのかな?1980年代の抑圧されていた黒人…

3歳娘のピアノレッスン現状

もう半年以上経つのでだいぶできることが増えてきたのですが、なんとまだピアノにはほぼ触っていません。それより前にやることがこんなにあるとは。今は覚えている和音を増やしたり、8分音符や全休符など音の長さを覚えたり、白譜に音符を書いていったり、指…

週末の日記

先週末は特別なことが何もなくて、家にいたり娘の習い事に行ったりなどで過ごしました。 土曜 午前中いっぱいはピアノの稽古、公園に行きブランコが漕げるようになっていることに驚き、その後昼を外で食べて、午後は水泳に行きました。水泳はずっと行きたか…

アノマリサ(2016年、アメリカ)

カウフマンがつくったストップモーションアニメ映画ということで、これは絶対見るやろと思って見ました。チャーリー・カウフマンは「マルコヴィッチの穴」や「エターナル・サンシャイン」などの脚本を手掛けている脚本家で、人が想像つかないような奇想天外…

百万円と苦虫女(2008年、日本)

アマゾン・プライムで。ジャンル的にはロードムービーと位置づけられるそうです。確かに蒼井優さんの旅路を低めのトーンで追いかけているような構成で、可憐な蒼井さんを堪能できます。関係性をつくらずに逃げ回る生活を送っているんだけど、前科があること…

にんにくのオリーブオイル煮と、料理の時間感覚

夫も私もにんにくを買ってきてしまい、そのまま保存していたら早く痛みそうなのでにんにくのオリーブオイル煮を大量に作りました。使うたびに剥いて切って冷たい油からじっくり煮だすという作業をしなくて済むのでなかなか良いです。 つくり方 ニンニクを剥…

舟を編む(2013年、日本)

辞書をつくる話でした。 オーソドックスないい映画でした。驚きのない王道な話で134分が長く感じたことと、音楽がいかにもな感じだったことは微妙だったのですが、良くできていて最後まで楽しく観られました。驚いたのは、松田龍平さん演じるマジメくんが本…

 ズートピア(2016年、アメリカ)

ピクサーだし評判もいいしで面白くないわけなかろうと思っていましたが、まあその通りでした。「浅く見ても色々深読みして見ても良い」というのは最近のディスニー映画のやり方なんでしょうね。これも例にもれず、子供だけじゃなく連れて行った大人も楽しめ…

ザ・ビーチ(2000年、アメリカ)

美しくて残酷な「人生の寄り道」 「スラムドッグ$ミリオネア」や2015年の「スティーブジョブス」などのダニー・ボイル監督作品で、レオナルド・ディカプリオ主演です。 「ご飯を食べて仲間とつるんで、映画を観て…どこを旅しても同じことをしてしまう」。タ…

「私が思うオシャレでかわいい服」を娘は喜ばないという話

世はインスタグラム全盛期、私もオシャレ子供服やらオシャレご飯などを眺めては「いいなあ」とため息をついています。服を着て写真を撮られている子供たちを見ていつも思うのは、「なんでそんなに大人しく着てくれるの??」ということです。超うらやましい…