MENU

HURRAW!のblack cherryが入荷しないので、BURT’S BEESを試してみる

色付きリップの話。 口紅やグロスよりも色付きリップが好きでよく買っているのですが、冬場は飲み物に溶け出すのでグロスに変えていました。 しかし、グロスはやはり荒れてきてしまいます。しばらくは大丈夫だったんですが、やっぱり無理かー。もう暖かくな…

コーヒーにはまったら、次はケーキだ。

おいしいコーヒーにはおいしいケーキが欲しくなります。 特に、チョコレートケーキ。 コーヒーとチョコレートの相性って、なんなんでしょうね。出会うべくしてうまれた、休息の申し子たち。お菓子作りはしばらく面倒くさくて離れていたのですが、最近また復…

最近のコーヒー焙煎の様子と周辺グッズまとめ

コーヒーグッズ、必要最低限でやってます。しゃれたやつとか高機能のとか買いたいけど、置くとこないしどうせ夫氏に割られるので(夫氏はおっちょこちょい)てきとうです。 炒る 銀杏煎り。 遠藤商事 ステンレス木柄 丸型ギンナン煎りBGV08 出版社/メーカー:…

A.I.(2001年、アメリカ)

最近仕事でやたらAIづいているので、「そういやA.I.っていう名前の映画があったなー」と思ってみてみました。 このA.I.くん、可愛さ絶頂期くらいのオスメント君が演じているのですが、けっこう怖い!最低限の倫理観などがなく、やたら力持ちで、ひたすら「マ…

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年、イギリス)

イギリスのずさんな福祉制度の話。 心臓病で働けなくなった59歳のダニエルは、援助金を申請するも申請人とのかみ合わない会話の結果なぜか却下されてしまう。年金はもらえない年なので今度は失業手当に申請しようとすると、求職活動ののち解雇されるという完…

T2トレインスポッティング(2017年、イギリス)

やっぱりきらい 前の作品も嫌いだったんだけど、今回も本当に嫌だった…。そう、心が狭いんです。 それでもなんで見るかというと傑作と言われた作品がちゃんと20年経って同じ人物で撮っているというのに飛びつく浮ついた心のせいです、むしろシニカルで稀有な…

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年、アメリカ)

先日のアカデミー賞で作品賞をとっていました。めでたい。 この作品はかなり楽しみにしていて、公開初日にいそいそと見に行きました。その日はアカデミー賞とる前だったけど満席だったので、かなり注目度は高いみたいですね。 ギレルモ・デル・トロといえば…

スイス・アーミー・マン(2016年、アメリカ)

ダニエル・ラドクリフが死体役!という奇天烈さで、見ないわけにはいかなかった。見た結果、思った以上に変な映画だった。完全に一人相撲みたいなドリーミーな映像や下ネタが許容できればけっこうおもしろいのでは、と思う。個人的にはそんなに好きな題材で…

ドリーム(2016年、アメリカ)

昨年だいぶ話題になっていた作品だけど、ようやく見た。 アメリカで「ラ・ラ・ランド」よりも興行収入が高かったらしい。映画的な分かりやすさと社会的なテーマがうまく組み合わさり、さらに息つかせない編集の妙もあってすごく見やすかった。子供にも見せた…

マリリン七日間の恋(2011年、イギリス・アメリカ)

アマゾン・プライムで。マリリン・モンローが「王子と踊子」を演じたときの話。マリリン・モンローの内面に深く切り込んでいくスタイルの映画で、モンロー役はミシェル・ウィリアムズが演じている。あまり似ているとは言えないのだけど、しぐさや話し方はか…

最近のコーヒー自家焙煎の様子

相変わらず楽しいです。なぜもっと早く始めなかったのか。 始めは250グラムくらい一気にやっていたのですが、最近の傾向としては4日に1度100グラム(出来上がり80グラム)くらいの少量だけ炒るようになりました。感覚としては焙煎後2・3日目~5日目くらいが…

ゲーム・オブ・スローンズのオシャって「愛より強く」の人やん!

今日も海外ドラマネタ。 ゲーム・オブ・スローンズに出てくるティリオンの恋人「オシャ」、どこかで見たことある…と思ったら、ファティ・アキン監督の「愛より強く」の主役でした!シベル・キリさんというそうな。気ままで情熱的な、オシャと似たところのあ…

汚れたミルク/あるセールスマンの告発(2014年、インド・フランス・イギリス)

ダニス・タノヴィッチ監督作品。 これは絶対見たい!と思っていたのだけど、映画作品としてどうかというよりは、この事件の一刻も早い映画化が重要だったんだろうなという印象でした。映画化にはかなりのハードルがあったようで、事件が起きたのは20年以上前…

ディストピア パンドラの少女(2017年、イギリス)

ゾンビもの。これはけっこう画期的なゾンビ映画で、なんと最初から最後までゾンビ視点です。「人間を生かすか、ゾンビ(≒病原菌)を生かすか」という選択を迫られたゾンビは…?という話でした。その結果については見ていただけたらいいのですが、今までにな…

ゲーム・オブ・スローンズにはまっていました&見たいものが多すぎて困る話

更新が滞るときは「アメリカドラマにはまっている」か「仕事が忙しい」かのどちらかなのですが、今回はアメリカドラマにはまっていました。 そう、ゲーム・オブ・スローンズのエピソード1-6がアマゾンプライムにて公開されたのです。 このドラマは「うっかり…

コーヒーの自家焙煎始めましたfeat.銀杏煎り

前から興味があり、コーヒーの自家焙煎を始めてみました。 焙煎ちょうたのしいです。自分比ですがおいしい。しかもそんなに大変じゃない。買うよりは手間なので誰にでも勧めるわけではないですが、目安的にはホームベーカリーでパンを焼くくらいの感じです。…

ユニクロUで買ったもの

なんだかんだで毎回楽しみにしているユニクロU(って秋冬の時も一言一句同じこと書いてた)。もう春夏かー、と思ってライナップを見ると、今着られそうな暖かめの服がけっこう多いです。 今のところ、買ったのはこちら メンズのTシャツ、少し青みがかった05…

子供のお片付けがうますぎる

「子供部屋をいじったら一人でいろいろできるようになった」と書いたばっかりですが、うれしすぎるのでまたしつこく書きます^O^ ここのところ、子供4歳の片づけ上手っぷりが素晴らしいです。子供の片づけは大きく3つで、洗いあがった衣服の収納、行く前と…

最近の時短ご飯~寒いので無水煮込みとポタージュにはまる~

最近は改めて無水調理にはまっています。 材料を切って、肉類を炒めて、野菜を炒め合わせて、調味料を入れて、灰汁取シートを乗せて、ふた、超弱火。ルクルーゼなどの無水鍋もいいですが、鍋に火が通る時間が惜しいので(どんだけー)、アルミ鍋でふたの上に…

洞窟みたいなゴットフリード・ベーム(Gottfried Boehm)の教会

ちょっと前になりますが、ドイツのデュッセルドルフに遊びに行きました。 現地の方におすすめ建築を聞いてみると「ゴットフリード・ベーム!」と教えてもらったので見に行くことに。プリツカー賞受賞建築家らしい。「神・自由度・ベム(妖怪)」と覚えるとい…

学習椅子ってむずかしい

子供用の学習椅子って、デザインで選ぶと欲しい機能がないし、機能で選ぶとデザインが微妙だし、なんとなく妥協でそうなポイントで買おうとすると値段が高くて「これで2万かぁ…」となってしまい、難航しています。 「欲しい機能」というのは、 回転と移動が…

気づけばLOHACOを使わなくなっていた

アマゾンパントリーや定期便が充実してきた一方、LOHACOは品ぞろえがイマイチかつ多くの商品が割高で、使うのが減ってきました。「LOHACOが減収」とニュースを見たし、相変わらずアマゾンが巨人として成長を続けているのは生活の実感としても変わりありませ…

最近の4歳児

最近はめっきり食べる量が増えて、風邪をひかなくなり生物として安定感が出てきました。立派に意見が言えるようになったので、話相手としても楽しくなりました。友人のもっと小さい子供に会うと、昔こんなだったかなあと感慨深いです。 以前は違う生物のよう…

勝間和代さんのブログが気になりすぎる

昨年末から勝間和代さんがブログを書き始めておられて、家事短系で注目していた勢として即読者になったわけですが、大変興味深いです。私にとって家事短は永遠のテーマなのですが、最近はやり切った感があってあまり研究していませんでした。 しかし、勝間さ…

映画は映画館で見た方がいいという当たり前な話

映画は映画館で見た方がいいというのは誰でも思うことかもしれませんが、これはマジで本当です、映画館で見られなくても、できるだけ大画面で、できるだけいい音響で見るべきです。小さい画面、よくない音で見ると映画の魅力ってがた落ちしてしまいます。も…

グレート・ウォール(2016年、アメリカ)

マットデイモンが「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を断って出演していたということで少し気にしていたものの、「アメリカ人と中国人が一緒に万里の長城で怪物退治する映画」と聞いて「うへぇ…」となっていた作品。ひょっこりアマゾンプライムに出ていたの…

ボス・ベイビー(2017年、アメリカ)

「なぜ、赤ちゃんによってこうも大変さが違うのか」というのは、子を持つ人なら大体感じたことがあると思います。友達の子と比較して「なんでうちだけ…」となったり、お店で騒ぐ子を見て「あの子はもっと大変そう…」となったり。第2子が生まれようものなら、…

子連れホームパーティーは昼から飲むのが一番いいという話

子供が生まれてから、友達家族で集まるのはもっぱら「家で」が多くなりました。 簡単な料理を準備して飲み物は任せたり、持ち寄りにしたりと気軽な会です。子供同士で遊んだり、一緒にアニメを見たりで時間をつぶせるし、親の方も子供を視界の端でチェックし…

最近読んだ絵本

最近はシンプルすぎるストーリーだと「つまんない」ということが増えてきたので、少し長めの話や絵本ではない本も読み聞かせるようになりました。 最近好きなのはこれ 絵本 星の王子さま 作者: アントワーヌ・ドサン=テグジュペリ,池澤夏樹 出版社/メーカー:…

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年、ドイツ)

コンサルで働く30代くらいの娘のもとに、フラッと遊びに来た変人の父親。親子ほっこりモノかと思って見始めたのですが、意外と色んな身近なテーマを包含していて非常に身につまされました。大企業で働くということについて、会社の傘を着た傲慢さや、一方で…